東証とロンドン証取の提携交渉、月内にも正式合意か

水瀬ケンイチ

東証が、先日のNY証取との提携に引き続き、ロンドン証取とも提携交渉をしているとのこと。

【Yahoo!News 2007/02/11より引用】
東証とロンドン証取の提携交渉、月内にも正式合意か
2月11日23時2分配信 読売新聞
 東京証券取引所とロンドン証券取引所が進めてきた業務提携交渉が、早ければ月内にも正式合意する見通しとなった。
 関係筋が11日明らかにした。
 1月にニューヨーク証券取引所と提携に合意した東証は、国際的な取引所の再編に対応するため、欧州の中核的な取引所であるロンドン証取とも提携交渉を続けてきた。東証は月内にも西室泰三社長が訪英してロンドン証取との提携交渉を決着させたい考えだ。
 具体的な提携内容には、金融商品の相互上場や、システム整備のための情報交換などが含まれる見通し。東証は2009年に予定している株式上場を契機にロンドン証取と株式を持ち合うなど資本提携も視野に最終協議に臨むと見られる。
【引用終わり】

インデックス投資家としては、やはり海外ETFの相互上場に、期待してしまいます。

欧州インデックスについては、現在、非常に投資しづらい状態にあります。
直接投資するには、一部の大手証券で高い手数料を払って欧州の海外ETFを買うしかありません。あとは、トヨタアセットバンガード海外株式ファンド等のファンドオブファンズや、MSCI-KOKUSAI等の国際インデックスに連動するインデックスファンドによって、間接的に投資するくらいでしょうか。

そこで…


ロンドン証取には、65本ものETFが上場されています(2006年12月末現在)。
もちろん欧州ETFもあります。
だから、ロンドン証取の海外ETFのラインナップに関して、個人的には、NY証取よりも期待しています。

まあ、提携の目的は、海外ETFの相互上場だけではなく、他にもいろいろやるべきことがあるようですので、期待し過ぎず、のんびりと朗報を待とうと思っております。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ