週刊ダイヤモンド2月17日号のETF市場に関する記事について

rennyさんの記事にあった週刊ダイヤモンド2月17日号を、読みたくて仕方がなかったのですが、やっと読むことができました。

巻頭のClose Upコーナーで、「海外に大きく出遅れたETF市場 挽回狙う大証「新ETF」の成否」という記事が組まれていました。
内容を自分なりにまとめると、

・日本のETF市場は海外に出遅れており、著しくバリエーションに乏しい。
・その理由は、日本固有の制度的事情。バブル崩壊後の持ち合い解消の受け皿として、政策的に設けられた「現物拠出型」(=国内指数しか認められていない)が一般化したこと。
・大証は「金銭信託型」を採用することで、ETFの種類を増やそうとしている。東証も追随する可能性が高い。
・これまで上場廃止になったETFが5本もある。ETF改革の成否は、流動性の確保にかかっている。
・個人投資家のニーズは、見方が分かれている。楽天証券は、海外ETFの認知度は低いという。「ETFは持ち合い解消の受け皿としてスタートしたため、イメージは良くない」。一方、野村證券は、「顧客からの問い合わせが増えている」という。
・機関投資家のニーズも、見方が分かれている。年金などが金や原油などに投資可能になる。だが、金銭信託型のETFは、現物拠出型に比べて余計にコストがかかってしまう。
・流動性確保のためには、取引所間で使いやすさを競い合い、新しいETFを“育て上げる”ことである。

という感じです。

ダイヤモンド記事の主張には、概ね賛成です。
「概ね」とか言うからには、賛成していない部分もあるのか?と言われそうですが、そのとおりです。
それは……
各種ETF上場後の流動性確保のためには、取引所の競争も大切であるが、我々個人投資家のETFへの理解こそが、最も大切であると思うからです。

まず第一に、「取引所間で使いやすさを競い合う」というのは、耳ざわりは良いのですが、具体的に、何を競い合うのかがわかりません。
例えば、現在、日経225連動型のETFは、東証に、上場インデックスファンド225・iシェアーズ日経225が、大証に、日経225連動型上場投資信託・ダイワ上場投信-日経225が、それぞれ上場されています。
しかしながら、各ETFにおいて、上場取引所の違いによる、使いやすさの違いはないと言ってよいかと思います。

第二に、機関投資家と個人投資家のいずれのニーズも見方が割れていると指摘されていますが、そのシェアから言って、同列で考えてはいけないと思います。
投資部門別売買シェアを見ると、個人投資家30.9%、機関投資家10.8%、外国人54.8%(2007年1月29日~2月2日)となっています。
いまや、個人投資家は、機関投資家の3倍近くのシェアがあるからです。

※本記事における機関投資家の定義は、東証による投資部門のうち投資信託、生・損保、都銀・地銀等、信託銀行、その他金融の合計とした。投資部門別売買状況によると、個人、外国人、機関投資家の3部門で委託注文の96.5%がカバーされる。

第三に、その個人投資家が、日本固有の制度的事情、つまり「ETFがバブル崩壊後の持ち合い解消の受け皿であったこと」や、「現物拠出型ETFか、金銭信託型ETFか」について、気にしているとは到底思えません。
(あなたは、普段そんなこと気にしてますか?)
むしろ、日本固有の事情とは、金融機関が高い手数料を乗っけたボッタクリ金融商品ばかり販売してきたという、悲しい歴史のことではないかと邪推してしまいます。

以上のことから、各種ETF上場後の流動性確保のためには、我々個人投資家の理解こそが、最も大切であると思うのです。
もちろん、取引所にも頑張ってもらわなければいけないと思いますし、機関投資家の利便性にも配慮する必要はあるとは思います。
しかしながら、我々個人投資家のニーズなくして、各種ETF上場後の流動性確保などありえないのではないかと思うわけであります。

今後、海外ETFや金ETF、商品ETFなどが上場されてくることが予想されています。
ETFは、格安のコストで分散投資ができ、かつ、それをリアルタイムに売買することもできます。
インデックス投資家のみならず、すべての個人投資家にとって、一考の価値がある優れた投資商品だと思います。
ぜひ、一度ご検討してみてください。
関連記事


  





コメント

税制優遇(ETFのキャピタルゲインには無課税)とかしてくれると爆発しそうなんですが、無理くさいのが残念です。

現物拠出型でもラッセル野村バリューとか組成してくれないかなあ、とたまに思います。

TB、ご紹介ありがとうございました。
ETF(≒インデックス投資)はやっぱりマイナー過ぎてはいけない、ってことになりますよね。

そのとおりですね

> 各種ETF上場後の流動性確保のためには、取引所の競争も大切であるが、
> 我々個人投資家のETFへの理解こそが、最も大切であると思うからです

ちょっと感動しました。まさにそのとおりですね。一般人の知識の向上が大事だと思います。その意味でこのサイトはありがたいです。
(ETFや金融商品の真の価値について分析・言及するこのサイトみたいなところが増えると、商品提供側もいい商品を出さざるを得ませんし。)

私は個別株投資をやってますが、最近、早く日本市場で海外ETFや商品ETFが売買できるようになればいいのに、と思ってます。

子供が生まれたらすぐにイートレかマネックスに未成年口座を開いて、我が子の名義で世界市場を網羅したインデックス投資をやってみたいと思ってます。子供の成長と共に資産も増えていく様を勝手に夢見てます。

エントリの趣旨から大きく外れてしまってスイマセン(笑。

>MAT.Nさんへ

さすがに、ETFだけの税制優遇は難しいかも…(^^;
でも、国も「貯蓄から投資へ」なんて掛け声だけでなく、思い切ってインフラを整えてほしいもんです。
インデックスファンドはコスト高、ETFは日本株式のみ。
これで、金融立国を目指すだの、アジアの金融センター復活だのとよく言えたものだと思います。

>rennyさんへ

インデックス投資はマイナー過ぎてはいけない、というのはもちろん賛成です。
でも、僕は必ずしも「ETF≒インデックス投資」でなくてもよいのではないかと思っています。
ETFでデイトレする人がいてもいいし、米国ETF売りの欧州ETF買いのようなアービトラージをする人がいてもいい。
それでこそ、ETFの流動性が高まるというものです。
もちろん、僕はETFをバイ&ホールドですが(^^ゞ

>omさんへ

以前、どなたかが「客のニーズがないところに商品は提供されない」と仰っていましたが、まさにそのとおりだと思います。
取引所の役割は重要だと思いますが、あくまで脇役であって、主役は客である僕たちなのではないかと考えております。

>Itoさんへ

素晴らしいアイディアだと思います!
将来、子どもにお金のことを教える、とてもよい教材にもなると思います。
うちも、子どもができたら、ぜひそうしたいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)