セゾン投信の心意気を振り返る

2月16日の記事「セゾン投信からバンガードのインデックスファンド三昧のすごいファンドが!?」で情報を掲載させていただいた、セゾン投信の新ファンド第一弾、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」。

記事に対して、たくさんのコメントをいただきました。
評価としては、かなり好感されているようでした。
また、あちこちのブログでもセゾン投信の新ファンドについて、一斉に取り上げられていました。
こちらも、評価としては、概ね好感されているようです。

特に、当初予想されていた、バンガードインデックスファンド+さわかみファンドという形態ではなく、バンガードインデックスファンドのみで構成されたファンドであったことが、いい意味で予想を裏切り、特にインデックス投資家から、好感されているように思えます。

なかには、NightWalkerさんのように、「期待のニューカマー、セゾン投信を応援し、ローコスト投資家数増加の一助となりたい」と、思い切り熱いエールを送るかたもいらっしゃいました。
僕も同じ思いであります。

そこで、思い出すのは、去る1月13日に行なわれたSAISON CARDのセミナー『新春特別企画 「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナー』です。
参加者のなかに、セゾン投信社長の宮澤雅美氏、クレディセゾン社長の林野宏氏、バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券代表取締役の加藤隆氏がいらっしゃっいました。
そこでセゾン投信の新ファンドの情報提供があったわけですが、今にして思えば、宮澤氏、林野氏、加藤氏のコメントから、その心意気がにじみ出ていたのだぁと思える部分が多々ありました。

当初、そのセミナー全容の紹介記事を、本ブログで掲載していたのですが、諸般の事情から削除させていただきました。
今回は、セゾン投信の心意気を振り返って検証する意味で、その一部を抜粋して引用したいと思います。

■セゾン投信の宮澤社長
『ファンドオブファンズを計画している。性格の異なる二つの投信になる予定。さわかみファンド、バンガードのインデックスファンドを組み入れる。高品質でオリジナル。長期・分散・ローコストがコンセプト。
投信参入の目的は、現在の投信の問題が指摘されている。雑誌の特集にもなっている。投信に対する不満を解決するような投信を。売る側の論理でなくお客さんの立場になれるようにしたい』
(1月13日「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナーより)

新ファンドを見ると、投資対象国の構成比率が時価総額と同程度(欧米中心で日本がごく少ない)であり、既存のバランスファンドと比べて、相当「オリジナル」です。
また、信託報酬0.78程度(税込み)というのは、既存のバランスファンドと比べても最も安く、コスト面では「高品質」だと言っていいのではないでしょうか。
「高品質でオリジナル」という言葉に偽りはないと思います。

余談ですが、「性格の異なる二つの投信になる予定。さわかみファンド、バンガードのインデックスファンドを組み入れる」という言葉で、みんな「さわかみ+バンガードなのか」と勘違いしてしまったのですね…(^^ゞ


■クレディセゾン社長の林野氏
『証券業界は、一般の人を犠牲に、機関投資家のためだけにやってきた。日本の個人投資家は、手数料稼ぎの対象にされ、損をさせられた。私は証券業界が、自らマーケットを壊しちゃったという感覚を持っている。
セゾンカードはカード会社だから、手数料で稼ぐ必要がない。良心的になりうる』
(1月13日「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナーより)

林野社長は、過去、証券業界が個人投資家を手数料稼ぎの対象にしてきたことに対して、非常に不満を持たれているようであり、その点を何度も指摘されていました。
その気持ちには、僕も大いに共感できます。
この新ファンドのコスト設定は、カード会社が設定するという新たなビジネスモデルとともに、その「心意気」が反映されていると思います。


■バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券の加藤代表取締役
『米国バンガードは、最初は小さく始めた。広告費を使わない方針。
実は、なかなか大きくならなかった。しかし、創始者のボーグルのメッセージは、「本当に良い商品を作れば必ず売れる」だった。
(中略)
日本でも、そこを変えてまで、大きくなろうとは思わない。
そこに、白馬のように、長期、低コスト、分散投資という考え方を共有してくれるパートナーが、初めて現れた』
(1月13日「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナーより)

新ファンドは、セゾン投信とバンガードのコンセプトが、「長期、分散、ローコスト」でバッチリ合ったからこそ実現したのだと思います。
実は、バンガードが今まで組んだ日本の金融機関は、セゾン投信が初ではありません。マネックス証券とトヨタアセットマネジメントと組んで、それぞれ、バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドなど3種のファンドとトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドを商品開発をしています。

僕の勝手な想像ですが、それらのファンドは日本の投資信託としてはローコストの部類ですが、当のバンガードからすると、もしかしたら、「長期、分散、ローコスト」の「ローコスト」部分については、少々不本意だったのかもしれません。
その思いが、「白馬のように、長期、低コスト、分散投資という考え方を共有してくれるパートナーが、初めて現れた」という言葉になったのではないかと、想像してしまいました。


いずれにしても、新ファンドの構成およびコスト設定を見る限り、セミナーで社長たちが仰っていた「心意気」は、口だけではなく、本物であったのではないかと思います。
今後も、新ファンドを出していく予定のようですが、個人投資家の立場に立った良質なファンドを作っていってほしいと期待しております。
関連記事


  





コメント

トラックバック&記事でのご紹介、ありがとうございます。
本当にセゾン投信さんの「心意気や良し」ですね。いきなり、世界市場インデックスファンドで来るとは思いませんでした。

すっかりご無沙汰しており、申し訳ありません。
帰国して落ち着きまして、さきほど「投信紹介」の記事を書いたところです。

水瀬 ケンイチさんのこの記事と共に読むと、会社ごとの【投信設計に対する想いの差】が
浮き彫りになったような気がします。
生涯のお金の貯め方の曲線と言いましょうか、山の登り方といいましょうか、
大きなものが頭に浮かんじゃいました。

ボクは応援します。そして期待しています。

TBありがとうございました。
万人が素晴らしい、と言うファンドなど不可能だと思いますから、今回のファンドだってケチを付けようと思えば幾らでも付けられると思います。しかしながら、既存の金融機関は当然、株式の売買手数料を際限無く下げ続けたネット証券を通じてさえ、今回のような商品が個人投資家にこれまで提供されて来なかった事実を、ボクはあらためて指摘させていただきます。おそらく、既存の金融機関はきっと何かにつけセゾン投信に嫌がらせ的なことをしてくるのではないでしょうか。それだけにボク個人的には彼らの心意気を応援したいな、と思います。セゾン投信の登場が、日本の投信を変える可能性にボクは大いに期待しています。

欠点はあれど

株式売買の手数料を引き下げると、採算が取れなくなるので、収益要素として残してきた面があった……というのは否定できないでしょう。しかし嫌がらせといっても、どのようなことが考えられますでしょうか?さわかみや楽天証券(外国ETF提供)に対し、どこかが嫌がらせをやったという話は聞かないのですが。

現行では確かに、日本債券の割合が日本株式より高いなど、方針に疑問点がつくところは散見できます。しかし、「既存の投資信託を用いて、それを上回るほどの出来にすることが可能か」と説いた場合、投信SCのファンドとETFを一部残して、それは「不可」ということになるのではないでしょうか。

特に購入単位が5000円というのは大きいと思います。投信SCで外国債券と外国株式を積み立て購入しようとすれば、最低2万円必要になりますから……。

本当の競争を望みます

投資家の為に運用・サービスする会社が増え(本来は当たり前のことですが)、運用会社間で競争が起こり、投資信託市場が健全に発展すればいいですね。

す、すばらしい心意気ですね。
ちょっと感動しました。

OK Wave でも少し話題になっていますね。
http://okwave.jp/qa2759157.html
(ちょっと私と同じ誤解をしていた回答があるようですが)

トラックバックさせていただきました。

バンガードのパッシブ運用のスタンスを前提に考えると、このファンドは妥当でニュートラルなものに思えます。
バンガードの低コストインデックス運用の歴史や実績をみれば、信頼度も高いように思えますし。
私は今までバンガードに投資したことは無かったのですが、ここまでパッシブ運用に徹し切れた(徹し切れそう?)ものには一票を投じたいと思います。

>Nightwalkerさんへ

こちらこそ、熱い応援記事を読ませていただき、ありがとうございました。
普段、数字を駆使して冷静に商品分析をされているNightwalkerさんが、そこまで仰るのですから、余程のことだと思いました(^^)

>ゆうちゃんパパさんへ

なるほど。たしかに大きな話とつながるような気がします。
記事に書いたセゾンカードのセミナーでも、「長期投資の話をしていると、生き方の話につながる」といった主旨のコメントが何度か出てきていたように記憶しております。

>rennyさんへ

僕も同感です。
投資家のためになるような金融機関の新たな取り組みは、すべて歓迎したいと思っております。

ただ、ある金融機関が最も低コストの商品を出したからといって、その瞬間に、その他の金融機関をすべて悪者にしてしまう風潮は、どうかと思う部分があります。
個人投資家のためになる商品の供給には、常に複数の金融機関の切磋琢磨が必要であり、「その時点で最も低コストの金融機関だけを賞賛し、それ以外は一切ダメ出し」という態度はいずれ高くつくような気がしてなりません。
この点については、いずれ記事にしようと思っております。

>新幹線さんへ

申し訳ありません。僕の理解力がないからだと思いますが、タイトルおよび本文の、個々の文章について、「既存の証券業界」のことを言っているのか、「セゾン投信」のことを言っているのか、「セゾン投信のファンド」のことを言っているのかがよく分からず、結局、何を仰りたいのかがよく理解できておりません…。

>イニシアティブさんへ

まったく同感です。
「販売が主で、運用は従」という構図で、当たり前の競争がなかなか起きないことが、日本の投信業界の不思議なところでもあり、課題であると感じます。
一歩ずつでもいいですから、前進していってほしいと願っております。

>old manさんへ

おや、どなたかが、紹介リンクしてくださっているようですね。
ありがたや。

>Gabbianoさんへ

まさに「インデックス三昧」ですね。吹っ切れてるわ。
必ずしもインデックス投資バンザイではないGabbianoさんが一票というのにも驚きです!

失礼。説明不足でした。一番上の段落はrennyさんのコメントを受けてのもので、日本の投信業界がなぜ手数料の引き下げを行ってこなかったのかということについて、タイトルおよび2段落目と3段落目は、今回出たセゾン投信の商品についてのコメントです。

仕事中に一息

はじめまして

こんにちは^^

今日はじめて訪問したのですが

とても楽しく記事を拝見させて頂きました^^

応援クリック

ポチッ

今日のフィデリティからのメールにインデックスファンド5本を新規に取り扱い始めましたとありました。中央三井のインデックスファンド4種そろってます。インデックスファンドを取りそろえておかないと、お客さんが集まらない世の中になっていくのかも。(^^)

>新幹線さんへ

ようやく意味がわかりました。
ありがとうございました。

>アコムさんへ

応援ありがとうございます。

>あづささんへ

フィデリティでもインデックスファンドですか!
とても興味深いです。
あ、今、記事のネタをひとつ閃いたかもしれません。
ありがとうございます(^^)

このセゾン投信の流れに押されてか、あちこちの会社でインデックスの充実を図る動きが見られますね。投信SCとフィデリティの動きに始まり、昨今では遂にイーバンク銀行がPRUインデックスパフォーマーのノーロード販売を開始しています。

そこで提案なのですが、「インデックス投資家のためのおすすめ証券会社」の内容を現状に合わせて改定すると共に、「インデックス投資家のためのネット銀行・直販機関」というページも作られてはいかがでしょうか。セゾン投信、投信SC、ソニー銀行、イーバンク銀行などが欠落している状態では、何か片手落ちの気がします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

セゾン投信のファンド

先週末に第1弾ファンドの発表があったセゾン投信のファンドについて。 自分もかなり...

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

あちこちで既に紹介が始まっていますが、セゾン投信のWebサイトが本格的にOPENしています。それなりのユーザーインターフェイスが期待できそうな印象です。http://www.saison-am.co.jp/さて、商品の概要が待ちきれないアナタ、そうアナタです。

セゾン投信の金融商品(2)

先日ロイター通信社の記事でセゾン投信の商品の概要が公表されました。当ブログにリンクさせていただいているブログで既に多くを語られておりますので参照ください。水瀬さんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカ

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)