確定拠出年金向け投資信託で手数料競争激化

確定拠出年金向け投資信託では、手数料競争激化で、信託報酬が下がっているようです。

【NIKKEI NET 2007/02/20より引用】
401k向け投信、手数料競争が激化
 確定拠出年金(日本版401k)向けの投資信託で手数料競争が激しくなっている。野村アセットマネジメントや大和住銀投資顧問は年間の管理手数料に相当する信託報酬で、従来より2―3割安い日本株の専用ファンドの取り扱いを始めた。戦略的に値下げすることで、シェアを高める狙い。401k向けで値下げが進むと、個人が直接購入できる公募投信にも、下げ圧力がかかる公算もある。

 401kは個人が自ら資産運用し、成績次第で将来の受取額が変わる年金制度。資産運用先の3割程度は投信が占める。資産運用各社はグループの銀行や証券会社と組んで401k導入を検討する企業へ自社の投信を売り込むが、大企業で導入が一巡し、販売競争は激化。導入企業が信託報酬が割安な商品を選ぶ傾向も強まり、手数料が下落している。
【引用終わり】

NIKKEI NETには出ていませんが、日経新聞のほうで見ると、野村が日本株アクティブファンドの信託報酬を、2~3割下げたという話でした。
とても良いことだと思います。
また、記事でも指摘されていますが、一般の個人が直接購入できる公募投信にも、下げ圧力がかかってくれることを、個人的には願っております。

もっと言ったら、僕が個人的に願っているかどうかなどとは関係なく、将来的には、一般の個人が購入できる公募投信にも、間違いなく値下げ圧力がかかってくるのではないかと考えています。

なぜなら…
確定拠出年金では、その対象者であっても、毎月投資できる金額が、最大月68,000円(個人型で自由業の場合。企業型では最大46,000円)と上限設定されているからです。

それはどういうことか。
世の中で「勝ち組」と言われている皆さんの中には、毎月10万円以上の余裕資金を投資できる方々が、たくさんいるはずです(あいにく僕は当てはまりませんが…(^^ゞ)。
そんな裕福な方々も、今でこそ、余裕資金は定期預金のような元本保証商品で運用しているかたが多いのかもしれません。
しかしながら、今後は、個人でも、株や債券などのいわゆる「リスク資産」に投資することが、欧米と同じように一般的になっていくと言われています。また、企業でも、リスク軽減のため、確定給付年金から確定拠出年金への移行が進むのではないかと言われています。
そして、どんなに裕福でも、国が定めた上限金額以上に、確定拠出年金に投資することはできません。
そうなると、確定拠出年金の上限金額から溢れた資金は、当然、一般の投資信託にも流れてくると思います。

その時に、確定拠出年金向け投資信託の「低い信託報酬」に慣れている人たちは、一般の投資信託の「バカ高い信託報酬」に、納得するわけがないと思うのです。
「同じような投資対象の投資信託なのに、何でこんなに信託報酬が高いんだ!?」
普通ならそう思うはずです。

そうすれば、一般の個人が直接購入できる公募投信にも、値下げ圧力がかかってくるのではないでしょうか。
インデックス投資家は、コストにうるさすぎると揶揄されることがありますが、低い信託報酬は、なにもインデックス投資家だけの願いではなく、個人投資家みんなの願いであるはずなのです。
関連記事


  





コメント

確定拠出年金でデビューしたのですが

初めて書き込ませていただきます。
こちらのBlogの影響で現在はETF派となりました

私が初めて買ったファンドは401kの"すみしん DCマイセレクション50"
というバランスファンドだったのですが
これが毎月チャリチャリ増えるもので嬉しくなり
自分でもファンドを買おうと
銀行に行ってバランスファンドを買うという
手数料が超割な失敗コースをやってしまいました・・・
"三菱UFJ メロン グローバルバランス"を販売手数料3%以上、信託報酬2%以上だったので
同じバランスファンドなのに401kとのあまりの差にショックを受けたのを覚えています。

こんにちは。
DC(definded contribution)の話なので拝見してました~。
なるほど~。
そうですね、DCは上限額がある、これは拠出・運用・受取の
それぞれのタイミングで国が税制優遇をしてるから、
仕方ないという考えみたいですよね。

私もそろそろ本格的に子供のお金を投信で運用しようかと
考え出してるところです。
最近ではめっきりド素人の私なので、色々情報楽しみに
拝見してます!!!!!!!

ところで、今シーズンはスノボ、たくさんいけましたか??
これから春スキーのシーズンですよね。
へたっぴな私はこの時期からの雪の硬さが怖く春は行った事
ないのです!!

確定拠出年金を始めようとしているところです

これまた、タイムリーな。

私も、確定拠出年金を始めようとしているところです。
私の場合は、個人型の第二号被保険者という区分なので、
Max で、18,000円/月でした。

で、ノーロードの国際株式のインデックスと、国際債券の
インデックスを組み合わせました。

日本版401Kをやっている人が会社に居なくて、私が最初で
した。手続きが結構、煩雑でしたね。

最初、会社の経理、総務の人に相談したのですが、初めて
なので、誰もわかってなくて、仕方ないので、自分で、401K
を扱っている金融機関のコールセンターに電話して、どんな
手続きが必要なのかを聞いて、資料を取り寄せ、会社の方で
必要な手続きを行ってもらい、いろんな書類(4,5通あった)
に必要事項を記述して、申し込む、ということで、少し面倒
くさかった。

面倒くさかったけど、これで、放置しておけば、自動的に
(ドルコスト平均法で)運用してくれて、しかも、税制上の
優遇措置もあるので、まぁいいかな、というところです。

上限。

確定拠出年金には、4種類の上限があるんですね。
全くこの分野には縁遠いもので、これを機に勉強させていただきます。

手数料というか、ファンドの信託報酬の値下げってことなんですね。401Kだと、ファンド自体の信託報酬もですが、口座管理手数料が結構バカにできないです。特に68000円フルに使える個人ならまだしも、18000円/月の方だと、8000円/年ほどとられるとかなり痛いですよね。

確定拠出年金

前にも書きましたが、私が投資を始めたきっかけも、確定拠出年金です。
確定拠出年金の年間の報告書を見て、増えてるのが嬉しくなって、預金とは違う世界が有るんだと思ったのがはじめです。

でも最初は、信託報酬なんてちっとも気にしていなかった、というか知りませんでした。
このブログや、ウォール街のランダムウォーカーを読んで、確定拠出年金をインデックスファンド主体のポートフォリオに変更しましたけど。

確定拠出年金がもっと普及すれば、投資信託に興味を持って自分でも買おうと思う人は、間違いなく増えるんじゃないかと思います。

おさーんさん wrote:
> 特に68000円フルに使える個人ならまだしも、18000円/月の方だと、
> 8000円/年ほどとられるとかなり痛いですよね。

... 軽くショック。そうでした。

401K のメリットは、(サラリーマンであれば)転職しても、継続
できる(ポータビリティ)というのがありますが、これだけ手数料
が高い(ちょっと前の証券会社ですら、3,500円/年でしたから)と
いうことは、現行の制度では金融機関間でのポータビリティが無い
ということなんでしょうかね?

要するに、金融機関間での競争が無いから、手数料が高止まりして
いるのかな?

だとしたら、金融機関の乗り換えが簡単にできるように、制度を
改善してもらいたいものですね。(競争を促進する)

401Kは、少なくとも、そこはかとなく詐欺的匂いが漂う現行の
年金制度よりは、ましだと思うので、制度の改善を望む。

以前私も同じような誤解をしていました

手数料の高さを気にしている人がいますが、確定拠出年金の実質コストはノーロードファンドよりもずっと割安なんですよ。
その秘密は「掛金は所得税、住民税から全額控除」です。

参考:http://www.npfa.or.jp/401K/system/tax.html
所得税と住民税の所得割の合計税率は、課税所得額195万円以下で15%、195万円超330万円以下で20%、330万円超695万円以下で30%です。
(今年の5月から住民税の税率が変わるのでそれ以降の税率で計算)
これは確定拠出年金の掛金の2割から3割は税金が安くなるということ。投資信託の購入費用には控除は一切ないので、税金まで含めて考えるとDCは投信を2割3割、所得がもっと多ければそれ以上の割引で買えるのと同じことになります。
たとえば年収が200万円以上で月1万円払っていれば、最低でも12万×20%=2万4千円も税金が安くなる。これなら年8千円取られてもたっぷりおつりがありますよね。

さらに投信だとスイッチングを行った際に無手数料でも元本超過分には税金がかかりますが、DCは運用先を変更しても非課税。
また最終的に給付金を受け取るときにも公的年金等控除が適用されます。

企業型の場合も掛金は全額企業の損金として扱われるので、個人型と同様に税負担は軽くなります。それ以外の扱いも同等。

これほど税制上の優遇があるので、
・原則として60歳にならなければ受給できない
・国民年金(基礎年金)の掛金を払っていなければダメ
といった制約がもしもなければ、通常の個人向け投資信託は壊滅的な打撃を受けるはずです。
まあ「DCは『投資』ではなく『運用方法を自分で選択できる年金』である」という建前があるからこそ、こんなにも優遇されているわけですが。

ところで元記事の「401k向け投信、手数料競争が激化」というのは主に企業向けファンドじゃないかと思うんですよ。
企業向けだとまとまった数の加入者が見込めるので、個人向けよりも低コストなファンドを設定できるみたいです。(だから特定の企業グループ専用ファンドなんてのも存在する)
十分に運用資産が増えて安定した運用ができるようになったら、個人向けにも提供される可能性もあるとは思いますが。

特別法人税

401Kについては、特別法人税の時限爆弾が永遠に不発で終わることを祈っています。
というか、これは廃止にすべきでは?
実態と法律がかけ離れすぎているようなので、年金関係全てについてちゃんと整理してほしいですね。

> 手数料の高さを気にしている人がいますが、確定拠出年金の
> 実質コストはノーロードファンドよりもずっと割安なんですよ。
> その秘密は「掛金は所得税、住民税から全額控除」です。

なるほど、納得。
ご教授、有り難うございました。

個人型なら岡三証券

私も去年から個人型の確定拠出年金はじめました.
個人型だと割高なところが多くてまいりますね.

世界株の信託報酬 0.2625%の百五銀行と迷いましたが,
世界債券の信託報酬 0.2625%で他も無難な岡三証券にしました.

手前味噌 参考ページ
http://www15.plala.or.jp/nenkinhunter/401k.htm

>TAD。さんへ

まさにこの記事にうってつけのコメントとトラックバックをいただき、ありがとうございました。
確定拠出年金用ファンド(特に企業型)と一般のファンドの手数料の違いは、極めて大きいです。
以前に書いた記事も、よろしければご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-185.html

>SHIHOさんへ

フフフ…これからなんと2回北海道へ行きます!
それぞれルスツとトマムです。
今年は雪が少なく、回数はいけませんでしたが、そのかわり、ドーンとお泊まりボードに行こうかと(^^)

>ひろんさんへ

個人型の確定拠出年金用のファンドは、信託報酬が一般のファンドとあまり変わらないのが多いですよね。
もっといい商品が出ればいいのにと思います。
それに比べて、企業型は…驚くほど信託報酬が安いファンドが!
以前に書いた記事も、よろしければご覧ください。(TADさんへのレスと同じ記事です)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-185.html

>アルビレオさんへ

またまた詳しい解説、ありがとうございました!!
ほんと、投資のことなら何でもご存知ですね。

>Gabbianoさんへ

以前も時限爆弾の話をしたことがありますよね。
まだ廃止になっていないんですか。ハァ…。

>市民さんへ

> 世界株の信託報酬 0.2625%の百五銀行
> 世界債券の信託報酬 0.2625%で他も無難な岡三証券

そんなによいDC商品が地銀と中堅証券にあったとは!
僕にとって盲点でした。勉強になります。

掛金による節税効果

いつも有益な情報をありがとうございます。

401k掛金に限らず、所得控除による節税効果を考えるときには、自分の「課税所得」と「税率」を見積もる必要があると思われます。
例えば、年収(源泉徴収表のアタマの金額)500万円、配偶者(無職)有、子供2人のサラリーマンの場合、所得税の計算上、
給与所得控除後の金額346万円から、
・社会保険料(仮に50万円とします)
・配偶者控除38万円
・扶養控除76万円(38×2人)
・基礎控除38万円
を差し引いた144万円が「課税所得」になります。
生命保険料、損害保険料控除があればそれらも差し引かれます。
この144万円に対応する所得税率は10%(平成18年分、特別減税考慮せず)となります。
住民税の課税所得計算は所得税と多少異なりますが、大差ない課税所得となり住民税率は5%となります。
したがって、この場合の実効税率は15%となり、401k掛金の15%に節税効果が及ぶことになります。

気をつけたいのは、住宅ローン減税で既に税額控除を受けている場合です。節税効果の源となる所得税額がゼロになっていることも多く、注意が必要です。

細かい話ですが、ご参考まで。

特別法人税の問題については、以下のURLのレポートが良くまとまっていると思います。
http://www.sjdc.co.jp/401k/pdf/dcnews/no56.pdf

ここにも書かれていますけど、掛金月額を2万円、運用利回り5%、特別法人税率1.173%として、40年間加入した場合を単純に試算した結果では、もし運用資産に特別法人税がかかると、-26.4%も資産が減少してしまいます。マイナスの複利効果は強烈です。
通常の投信と同様に、運用益に20%源泉分離課税(現在は10%)された方が税負担は少なくなってしまいます。特別法人税の場合に対して約51%で済みます。
また、所得税の控除による節税効果についても、所得税率を20%とすると、特別法人税で引かれる分に対して約24%ぐらいしかなく、完全に吹っ飛んでしまいます。
ですから、特別法人税が復活すると、401Kの運用時のメリットは無くなりますので、各方面から廃止の要望が出ているのですが、現状では課税凍結の期間を延ばしているだけなのです。
ただでさえグレーゾーンは裁量によって都合が良いように徴収されるのに、こんな法律が残っているのはリスクがあります。

>RMCさんへ

税金に関しては、投資の理論とはまた別次元の難しさがあると感じています。
収入や家族構成にかなりの多様性があるために、一般化できないからなのでしょうが、常にもやもやとした「分かりにくさ」を内包しているように感じてしまいます。

分かりやすく例示していただき、とても参考になりました。
貴重な情報提供、ありがとうございました。

>Gさんへ

これが廃止されずに残っている理由は、ズバリ、徴税のための悪だくみとしか思えません。
確定拠出年金の仕組み自体は、よいものだと個人的には考えておりますが、こういう筋の通らない制度は、確定拠出年金の普及の障害になっていると思います。

僕も、個人型確定拠出年金を利用していますが、第一号の被保険者にも特別法人税がかかるという理屈が、正直、理解できません。明確に廃止してもらいたいです。

ところで僕の場合、じつは2年前にニッセイ→Eトレに移管したんですが、外国債券の信託報酬を考慮するとEトレの運営手数料無料がメリットになっていない状態であることが判明しました。
しばらく様子をみながら、Eトレが外国債券の品揃えを拡充しないのであれば管理運営機関を再度変更することも検討してみたいと思います。
(市民さんのコメントを参考にさせて頂きました。情報ありがとうございます)

>ひろんさん

すいません、中途半端な書き込みで不安あてまして、申し訳ありませんでした。

アルビレオさんが書かれていますように、401Kの最大の魅力は税制なんですよね。控除額はひとそれぞれなんでなんともいえませんが、自営業主だと401K + 小規模企業共済が最強だと思います。

>タロットさんへ

市民さんの情報、僕にとっても驚きでした。
メガバンクのダメ商品ばかり見慣れていたものですから、地銀や中堅証券の中には、キラリと光るところもあったんだと、思い直しました。

>オサーンさんへ

サラリーマンが、確定給付年金と確定拠出年金を選べたりすると、いいと思っていますが、難しいでしょうねぇ(^^ゞ
(商品ラインナップ次第で、僕は確定拠出年金を選ぶと思います)

企業型DCに加入していましたが、日本株(個別銘柄)が大ブレーク(!)して、会社を退職。否応なしに企業型を個人型DCに移管するためにDCを探していましたが、最終候補は二つに絞られました。住友信託銀行か岡三証券。何も考えず、バランスファンドのすみしんDCマイセレクション25、50、75だけを使うのなら住友信託銀行の直販を使うのがベスト。信託報酬0.273~0.336%。国内外株式が組み込まれて0.336%は激安!岡三証券の個人型DCにもマイセレクションが入っているが、こちらは、直販でないため1割高の0.294~0.378%。但し、このマイセレクションをベースに外国株&外債INDEX(MSCIとDIAM)を組み合わせると、信託報酬はそれぞれ、0.735&0.2625%。よって、岡三にしました!最近、話題のセゾン投信・バンガードのグローバルバランスファンドに、日本株や日本債券のインデックス投信やETFをくっ付ける逆バージョンです。

検討した結果、運営管理機関を「あいおい損保」に変更することにしました!

もちろん、この記事(とコメントされた皆さん)がキッカケとなりました。あらためて、お礼申し上げます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

1万円から投資を始めてみた その2

1万円から投資を始めてみた その1の続き2つの失敗に気がついたのは3ヵ月後である。失敗1 銘柄を選ぶ時は手数料を注視しようおかしい・・・開始直後からしばらくの間、元本割れなのである。そう、失敗の一つは販売

2007/02/28 401K

いつもお邪魔している梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんのブログのコメントでい...

個人型確定拠出年金を徹底比較!

水瀬ケンイチさんのブログ「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」に先週、 確定拠出年

[お金]確定拠出年金ですよ

確定拠出年金ですよ2年ほど前から株や投資信託を買うようになって、1年ちょい前にFX(外国為替証拠金取引)に手を出して、去年の10月から確定拠出年金(以下DC)にも加入しました。以下の話は投資系ブログのコメントにも書いていたことだけど、自分のところでまとめてみました

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)