タイミングを図って投資対象を乗り換えていくという戦略

海外型投信シフト強める個人マネー、海外勢は日本株買い
(ロイター2007/02/20より)

ここのところ、日本の個人投資家は海外への投資姿勢を強めており、海外勢は日本株買いを進めているそうであります。

日本人は、遅れて相場に入ってきて、最後まで残ってババをひくなんて言われています。
まったく失礼な話ですが、そのとおりのような気もします(^^ゞ
今後、日本勢の読みが当たるか、やっぱり海外勢の読みが当たるか、さて、どうなることやら。

ところで、このタイミングを図って投資対象を乗り換えていくという戦略は、有効なのでしょうか。
必死で勉強して、データを追い続けていれば、出来ないことはないのかもしれませんが、一日の大半の時間を会社の仕事に使っている僕らリーマンにとっては、難しいように思えます。

僕は、日本と海外の資産配分も、数年前からほとんど変わってません。
しかも、買って放置するだけの、単純なバイ&ホールド戦略です。
でも、期待している程度には、そこそこ儲けさせていただいております。
関連記事


  





コメント

乗り換えという程ではないですが

リバランスをしなければいけないなとは思っています。
現状私の資産配分では国内債券は0%なのです。
それと海外株式と海外債券が多すぎるんですね・・・

金利が低い国内債券に投資の価値無しと判断した結果なのですが
先日利上げがありましたし、近い将来には検討しなければと考えています。
とはいえ国内債券で欲しいと思える金融商品が見当たらない事もあります。
個人向け国債変動金利は10年単利というのがどうも気に入らないんです。

ほんとうに

「外国人投資家」は賢い行動をして、「日本の個人投資家」は賢くない行動をしているというような、一般的な図式で、よく新聞等で語られているのを見かけますが、
どの程度、本当なのでしょうね。

はじめまして

インデックスファンドをバイ&ホールド・・・という
サブタイトルに惹かれて、少しずつ読ませていただいてます。
今年初めてインデックスファンドTSPを少し買った初心者で、
まだ恐る恐るです。
さっきまで、株価が下がったらどうしようと悩んでいたのに、
水瀬さんの「なにがなんでも売らない」という姿勢に
霧が晴れた感じです。
これからも、楽しく読ませてもらいます。

> ところで、このタイミングを図って投資対象を乗り換えていくという
> 戦略は、有効なのでしょうか。

どうなんでしょうかね。私も国内債券0%です。
国債が暴落したら、買い出動しましょうかね。

タイミングを計っているわけではありませんが、
最近、海外株式と海外債券を増やしました。

水瀬さんも経験あるかと思いますが、証券会社の
都合(合併とか不祥事とか)で証券会社を代えよう
と思ったタイミングでポートフォリオの見直しを
やったりします。

* インデックス(銘柄の分散)
* ドルコスト平均(時間の分散)
* バイ&ホールド

は、大勝はないかもしれませんが、そこそこの
成果が出る、のは信じてよいかと。

>TAD。さんへ


アクティブに売買することとリバランスは、まったくの別物で、リバランスのほうはとても重要だと思います。
アセットアロケーションの考え方は、僕もTAD。さんにとても似ていると思います。
僕も国内債券0%ですし、食指も動きませんし(^^)

>世界のREITさんへ

さあて、どうでしょう。
個人的には、海外勢も日本勢も含めて、アクティブに売買している人たちは、ほとんど(全てではないですよ!)賢くない結果に終わっているように見えます。
こういうことを書くと、また怒られるんだろうなぁ…(^^ゞ
あくまで、個人的な「感想」にすぎず、「事実」ではありませんのでお許しを。

>mihomamaさんへ

はじめまして、mihomamaさん。
投資しはじめのうちは心臓バクバクですよね(^^)

個人的な考えですが、自分なら、いくらインデックスファンドでも、日本株式インデックスファンド単品だけでは、恐ろしくてバイ&ホールドできないと思います。
もし自分だったら、近いうちに、インデックスファンドTSPに加えて、外国株式インデックスファンドへの投資も検討すると思います。

もちろん、「投資は自己責任」ですが、がんばってください!(^^)

>ひろんさんへ

「証券会社の都合(合併とか不祥事とか)」は、僕も嫌というほど経験が…(^^ゞ

僕もひろんさんのお考えに、とても近い考えです。
そこそこの成果。市場ではこれが意外に難しいんですよね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)