セゾン投信2本目のファンドは、なんともアクロバティック!

噂のセゾン投信の公式なファンド情報が公表されましたね。

ロイターの報道で話題になっていた、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と、「セゾン資産形成の達人ファンド」の2本です。

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」のほうは、前評判どおりの、バンガードのインデックスファンドを組み合わせた、低コストのファンドオブファンズでした。
やはり良質なバランスファンドで、まさに「噂は本当だった!」という感じです。
これはかなり売れるのではないでしょうか。
(詳しくはセゾン投信のWEBサイトご参照)

でも、もうひとつの「セゾン資産形成の達人ファンド」のほうには、ちょっと面食らいました。

当ファンドはスタート時、「さわかみファンド」と「バンガード日本株インデックス」の2本を組み入れるだけですが、いずれ準備が整い次第、1本また1本と驚くようなファンドを組み入れていきます。
セゾン投信WEBサイトより引用)


は、はい?(*_*;

後から追加になるファンドがあるが、買う時点ではどんなファンドか分からないといいます。
設定が間に合わなかったのか、組み入れ話が直前に破談になったのか、事情は分かりませんが、なんともアクロバティックな設定です。

せめて、資産クラス(海外なのか日本なのか、債券なのか株式なのか、不動産なのか商品なのかなど)だけでも、明らかにしてもらえなければ、リターンとリスクを見積もれず、ポートフォリオに組み込むことができません。
福袋を買うような感覚で、ちょっと買うのなら面白いかもしれませんが…。

でもまあ、なにかと新しいチャレンジをしてくれるセゾン投信。
今後も目が離せません。

(ご参考)セゾン資産形成の達人ファンドのコスト(セゾン投信WEBサイトより抜粋)
申込手数料:ありません
信託財産留保額:0.1%
信託報酬:純資産総額の0.567%/年(税込)
(水瀬注:この0.567%に構成ファンドの信託報酬が含まれているか否かは、WEBサイトの表現が曖昧で、目論見書を見てみないとよく分かりません)


<ご参考>
セゾン投信は以下から資料請求できます(無料)。
セゾン投信
関連記事


  





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

http://www.saison-am.co.jp/fund_long/fund01.html
ノーロードで信託報酬0.567%ということは
さわかみファンドと日本株式インデックスを
2本バラで買うよりローコストなのがスゴイですね。

1本また1本と驚くようなファンドを組み入れていかなければ
即買いモノの最強ファンドですね・・・

信託報酬の安さから想像するに債券系が追加される気がします。

> TAD。さん
FoFですから、さらに各ファンドの信託報酬が必要です。
組み込み割合によりますが、合計1%程度になるのではないでしょうか。
日本株式としては安いとは言えませんね。

さらに各ファンドの信託報酬がかかると

安くないですね・・・

個人的には興味のある"さわかみファンド"なのですが
直販のため購入が面倒で敬遠してたので
セゾン経由で買いやすくなるのが一番いいです。
FoFにせず"さわかみファンド"一本で売って欲しいです。

資産設計の達人??

こちらのファンドは意図不明ですよね。

百歩譲って、さわかみと組み合わせるなら、世界株式インデックスとか海外株式インデックスでしょう。
あるいは、路線的にはマンのADPとかの方が面白いかも。

一万歩譲って、他の日本株式ファンドと組み合わせるなら、日経225インデックスなんかの方がわずかに分散にはなったりして。さわかみには銀行株は入っていませんから。
どうせやるならレオスとかも組み入れちゃったりしたらどうかと。

雲行きが、、、微妙です。


振り出しに戻って、そもそもの素朴な疑問が浮かんできたのですが、FOFってETFを組み入れて組成することはできないんでしょうか?

解約と買取

いつも楽しくそしてとても勉強させていただいております
今回のセゾン投信ですが是非とも積立をしたいと思っていますが
唯一不安→始めるのに躊躇なのが出口が
解約しかできないというところです
近い将来外国ETF上場と予想をしてまして
その時に解約→税金20%(来年から)
というのはかなりのコスト→信託報酬差以上の
リターン減と思われるのですが
そのあたりは皆様どうわりきっておられますか?

>TAD。さんへ

最強かどうか、よく検討してみたほうがよさそうですね。

>通りすがりさん

仰るとおりかもしれませんし、さわかみファンドの比率次第では、そうではないかもしれません。
公表された信託報酬0.567%に、構成ファンドの信託報酬が含まれるのか否かについて、セゾン投信WEBサイトをみても、少し曖昧な書き方をしていて分かりづらいんですよね。
(グローバルバランスファンドのほうは、「信託報酬0.4935%、保有期間中のコストは全体で年間0.78%程度」と明記してあり、分かりやすいです)

>Gabbianoさんへ

僕は勝手に、さわかみファンドとともに、世界の有力アクティブファンドを全員集合したみたいな、「アクティブファンド・ドリームチーム」のようなファンドオブファンズを予想していました(^^ゞ

海外ETFを組み込んだファンドについては、以前、「海外ETFの提供パターンを勝手に予測する」という記事で、書いてみました。ご参考まで。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-245.html#more
そういえば、rennyさん(だったかな?自信なし)が、ブログの中でかなり真剣に検討されていたような気がします。

瑣末なことですが、「資産設計の達人」ではなく、「資産形成の達人」のようですよ(^^)

>勉強中さんへ

はじめまして、勉強中さん。
割り切るも何も、投資信託の解約と買取の違いは、「株式と損益通算ができる or できない」とか、「源泉徴収 or 申告分離課税」ですよね。
だから、投資信託の解約と買取の違いは、勉強さんが仰る「リターン減」とは、直接は関係ないように思います。

株式で大きな損失があるという前提だったり、税金は申告しないという前提だったら別ですが…(^^;;

僕も勉強中さんの意見と同じで、「なんで買取請求に対応してくれないの?」ってちょっと残念です。スポット購入のシステムとか、無理してさわかみをマネなくてもいいんですけど。
#そう思うのは、たぶん僕が株式の繰越損失をたくさんもってるからなんですけど(ToT)

組入れファンドに関しての要望は、ぜひ"適格機関投資家専用"のファンドをどんどん組入れていってほしいですね。
「ありがとうファンド」のトヨタグループ株式ファンドのような感じで。。。。

個人的には
・日本株エンハンスト・インデックス・ファンド(適格機関投資家専用)
・スパークス・日本中小型株・ファンド (適格機関投資家専用)
・JF中小型株オープンF(適格機関投資家専用)
などが組入れられたら、一気に魅力が増すと思います

普通に考えれば、バランスファンドのそれが年0.4935%なので、組み入れ先ファンドの信託報酬を除いた額が年0.567%だと思いますが。

この方針ならば、単独でファンドを購入した方がまだ合理的だと思います。ありがとうファンドにやはり内容的には近くなりましたが、余り活用メリットがあるとは思えません。

たびたびすみませんm(_ _)m
株式で大きな損失もありませんし税金申告しないとも考えてません
ただサラリーマンで副収入なく年収2000万以内ですから
20万円まで年間利益は申告しなくていいとなれば
ETFリレーを年間利益20万以内で
将来投信・株で損失が出てしまった時に・・・
年初に売却することになり買取であれば約1年以上税金分も
運用できるが解約だと一瞬にして税金分なくなる・・・などと
考えると解約・買取の差は大きいのでは?と思ってしまいまして
商品自体にはなんら気になるところはないのでずか・・・


>タロットさんへ

なるほど。機関投資家専用ファンドを集めるという手がありますね。
まあ、機関投資家専用だからといって、必ずしも成績がいいというわけでもなさそうですが、個人投資家の投資機会の拡大という意味では歓迎できると思います。

>新幹線さんへ

投資対象も不明確、コストも不明確では、ちょっと厳しいですね。

>勉強中さんへ

ですから、単に、「買取請求ができたほうがいい」という話ですよね。

ETFへリレー投資する予定もなく、株式の損失もないかもしれない大多数の読者の方々にとっては、「信託報酬差以上のリターン減」について「そのあたりは皆様どうわりきっておられますか?」と聞かれても、みんな困るんじゃないかなと思った次第です。

少々細かすぎるツッコミでしたね。申し訳ありません。
僕も、セゾン投信でも買取請求ができたほうがいいと思いますし、その点についてはまったく異論はありませんよ(^^)

とりあえず・・・

 こちらは『驚くようなファンド』が組み入れられてから検討するで良いんじゃないかな~・・・と(^^;

 ま、アクティブファンドのFOFだとこういった形になってしまうんでしょうね。

 こっちでもFOF分の信託報酬を0.567%に押さえたのはセゾン投信からすると頑張ったのでしょうが、これに組み入れファンドの分が追加されたり、組み入れファンドが個別に(同等のものを)買えたり、あまり魅力を感じませんねぇ。。。

 さて、主な買い手となるであろうセゾンカード会員の方々(多くは初心者)はどちらを好むのでしょうか?

分担して買おうかな

ダンナがバンガード型、私がさわかみ型と分担して積み立てようかと思いました。(^^)どっちも楽しみです。

今まで良くわからないまま、いろいろちょっとずつ買いそろえたファンドは、基準価格がプラスのうちに順次整理していこうかなと思いました。

>ハイマージェさんへ

僕は「よく分からないものには投資しない」主義なので、パスさせていただきます。
でも、インデックス以上の高パフォーマンスを叩き出す可能性も0ではない(現時点では誰にも分からない)はずとも思いますので、3年後、5年後のパフォーマンスを楽しみに傍観したいと思います。

>あづささんへ

バンガード型はともかく、さわかみ型はよくご検討なさったほうがよいと思います。
せめて、ファンドの中身の大枠が固まってきてからがいいのでは…なんて、余計なお世話ですね(^^ゞ

「資産形成の達人」でしたね。すいません。マネックスのがイメージで残っていました。(^^;

このファンドって、同じ物または同等物が個別に買えるものだけを組み込んでも、初心者以外には存在価値がありませんよね。

ですから、小口では投資できない私募ファンドなどをどんどん入れてくれると、検討する価値が出てくるように思います。
でも、短期で解約が殺到するとファンド運営に困りますね。

「セゾン資産形成の達人ファンド」は内容がいまいちはっきりしないために、皆さん評価が難しいようですね。
現在あまり期待されていない分、数年後には「意外にやるな!」という評価になる可能性もあるかと思っています。でも私もその予測に自信が持てないので、しばらくは様子を見ると思いますが・・・。

TBありがとうございました。
長期投資による資産形成のツールとしては、ボクも現時点ではオススメしませんね。個人的に「何しやはるんですか!?(ポジティブな意味で)」的なワクワクを感じていますんで、そのワクワクをちょっぴりだけ楽しませてもらおうかな、なんて思います。
合理的に判断すれば、現時点では「見送り」が妥当だとボクも思います。

>Gabbianoさんへ

なるほど。私募ファンドを集めるというのもアリですね。
今のところ、皆さんの意見を勝手にとりまとめさせていただくと、

・世界の有力アクティブファンド
・適格機関投資家専用ファンド
・私募ファンド

などを組み入れたらどうかという感じでしょうか。
うーむ。こうして並べて見ると、少なくとも「驚くようなファンド」とだけ言われるよりは、ちょっとは投資してみようか?という気になりそうな感じです。

>fundstoryさんへ

評価が難しいというよりできないのだと思います。
中身が分からないのですから。

>rennyさんへ

個人的には、「よく分からないものには投資しない」のがよいと思っています。
ワクワク感は旅行やスポーツその他、投資とは別のところで満喫すればいいやとも思っています。
中身が分からないうちから投資を決めるという態度は、高くつくような気がしてなりませんが…(^^;;

速攻で申込書を書き上げ、明日投函します。初回引き落としの5月4日までには、ファンドの全貌と評価が固まっているのでしょうか。
3月4月は、フィデリティで中央三井のインデックスファンドを積み立てておこうと思います。去年は何を買いそろえたらいいのかよくわかりませんでしたが、今年は、買いたいもの知りたいことがいろいろあって楽しくなりそうです。(^^)

>ワクワク感は旅行やスポーツその他、投資とは別のところで満喫すればいいやとも思っています。

確かにその通りですね。確かに注目さえしていれば、このファンドが次に何をやってくれるか、わかりますものね。

>中身が分からないうちから投資を決めるという態度は、高くつくような気がしてなりませんが

そうですね、達人ファンドは売れるかどうかビミョーと思っていますので残高が伸びずに強制償還ということは考えられますね・・・

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

セゾン資産形成の達人ファンド

ベールに包まれていたセゾン投信のファンド第二弾が発表されています。その名もセゾン資産形成の達人ファンド詳細はこちら。水瀬さんが早々にエントリをお書きになっています。セゾン投信2本目のファンドは、なんともアクロバティック! アクロバティックというか、何という

セゾン投信が取扱投資信託を正式公開

今回は、「セゾン投信が取扱投資信託を正式公開」について書いていこうと思います。さて、セゾン投信から新規取扱される投資信託について既に相互リンク先のサイト様でも話題になっていますが、本日、正式にセゾン投

セゾン投信2本目-セゾン資産形成の達人ファンド

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に続くセゾン投信ファンドの詳細が発表されました。セゾン投信のHPが激しく重いので、ロイターより引用します。セゾン投信は23日、同社として2本目となる公募投信

セゾン投信 ファンド第2弾!

本日、セゾン投信からファンド第2弾が発表された。その名も「セゾン資産形成の達人フ

セゾン投信でもう一つのサプライズ、だが・・・

 先日「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは分配金再投資専用」を書いた時に、セゾン投信webサイトの23日の商品案内に「ポジティブサプライズはまだあるのか?」と書いたのだが、その後バタバタとする

セゾン投信の2本目「セゾン資産形成の達人ファンド」は謎だらけの達人か?

昨日,セゾン投信の2本目のファンド「セゾン資産形成の達人ファンド」の概要が好評されました。やはり当初から予定されていた通り,『さわかみ投信+バンガード」の組み合わせによるFOF(ファンズオブファンド)になりまし

ブランドとしてのバンガード - やっぱりセゾン投信はいらない。

先日、セゾン投信の記事を書いてから1か月以上が経ち、セゾン投信の概要も判明しました。セゾン投信の記事を書いて以降、それ絡みのアクセスが突出して多いので、概要判明後の私のスタンスを書いておきます。と言っても

セゾン資産形成の達人ファンド(ノーロード投資信託)

運用会社:セゾン投信 さわかみファンド、バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンドMSCI Japan Index指数連動型投資信託です、バンガード米国オポチュニティファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ。 2007年8月末時点での組み入れ比率は  さわか...

買取請求と解約請求の違い

買うときは全く気にしない投資信託の換金方法ですが いざ売るときに「買取と解約どちらにしますか」と言われ おろおろしてしまうと3時を過ぎてしまったり、 結果的に税金を多く取られてしまったり 損益通算ができなくなったりといろいろ困ったことになります。 (実

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)