東証とロンドン証取が、正式に提携を発表

東証とロンドン証取が、正式に提携を発表しました。

【NIKKEI NET 2007/02/23より引用】
東証とロンドン証取、提携を発表・金融商品など開発
 【ロンドン=田村篤士】東京証券取引所と英ロンドン証券取引所は23日、上場投資信託(ETF)など両市場に共通して上場する金融商品の開発で業務提携することで合意したと発表した。双方の役員クラスでつくる専門部会を発足し、半年ほどかけて具体策を詰める。

 訪英した東証の西室泰三社長とロンドン証取のクララ・ファース最高経営責任者(CEO)が調印した。新興企業向け市場の運営策の情報交換や、取引参加資格を持つ証券会社がお互いの市場で取引しやすくするための環境整備にも取り組む。 (20:44)
【引用終わり】

先日、「2007/02/13 東証とロンドン証取の提携交渉、月内にも正式合意か」にも書きましたが、海外ETF(特に欧州ETF)の相互上場に期待しております。

記事によると、双方の役員クラスでつくる専門部会を発足して、内容を半年かけて詰めるとのこと。
専門チームを作るのは、2月初めの東証とNY証取の提携とやり方が同じですね。
掛け声だけの提携よりは、多少期待が持てると思います。

欧州ETFがネット証券で買えるようになれば、個人的には、もうバランスファンドもファンドオブファンズも不要です。
海外ETFと国内ETF、それから外貨MMFと生外国債券で、概ね理想どおりの「超低コスト」ポートフォリオが組めます。

それまで、のんびりと待とうと思います。
関連記事


  





コメント

streetTRACKS MSCI Europe ETF が買える様になるとうれしいです。
あとはオーストラリアも提携していただき
streetTRACKS S&P/ASX200 あたりもいって欲しいところです。

何か今年は投資環境激変元年なんでしょうか。セゾン投信から決定打のようなファンドが出たかと思えば、今度は海外ETFが手軽に取引できる可能性が浮上してくる…。
セゾン・バンガードをメインにしようかと思っていたのですが、またちょっとブレーキがかかってしまいました。

本当ですね。
海外ETFがネット証券で買えるようになったら、今一番の信託報酬食いのトヨタアセットバンガードからおさらばできて、超低コスト実現です。
4月から勤務先で導入されるDCにも負けないコストになりそうです。

東証さん、しっかり実現してくださいね!

>TAD。さんへ

そのあたり、いいですねぇ!
ステートストリートは、今でも大手証券に海外ETFを提供しているので、東証の準備が整えば、割と積極的に上場を考えてくれるんじゃないかなぁなんて、淡い期待をいだいております。

>ガウスさんへ

選択肢が多いことは、いいことだと思います。
自分の投資スタイルに合った投資商品を、選べばよいと思います。

今でも、国内インデックス(TOPIXや日経225)については、ETFとインデックスファンドの両方が提供されていますが、投資家の皆さんは、投資スタイルに合わせて使い分けていますよね。
海外インデックスについても、それと同じになるんじゃないでしょうか。

>ybさんへ

海外ETFはもうネット証券で買えますよ。
米国・中国・インドです。
今後は、「品揃えの拡大」でしょう。

そうでした。
楽天証券では買えるのでしたね。

現在楽天証券では円を外貨に換金してからETFの購入と言うことだと思うのですが、東証や大証に相互上場で上場された場合、円ベースでの取引になるのですかね?
そうすると為替コストも減ることになりますね。

水瀬さんのアドバイスありがとうございます!
やはりTSPだけではバランスが悪いですね^^;。
外国株や債券型のファンドも購入したかったのですが、
どれがいいのか迷っていました。
コストが難ですが、こちらでも紹介のあった
トヨタアセットバンガードかセゾン投信の
バンガードの方を検討中です。
慣れるまでは、ファンドオブファンズを活用します。
『超低コストのポートフォリオを組める』水瀬さんが羨ましいです…。

>ybさんへ

楽天証券以外でも、中国株ETFなら、マネックス証券や松井証券やユナイテッドワールド証券など、いろいろなところで既に買えます。

海外ETF上場の場合の為替処理ですが、今でも東証では外国株が売買されており(昔の東証外国部)、その際の為替処理に近いものになるんじゃないかと、想像しております。あくまで想像ですが、ご参考まで。
http://www.tse.or.jp/cash/foreign/trading.html

>mihomamaさんへ

コストが抑えられてさえいれば、ファンドオブファンズも良い選択肢だと思いますよ。
特に、これから本格的に始められるのであれば、なおさらです。
僕は既に他の低コスト商品をバラバラと抱えてしまっているので、今からファンドオブファンズ一本にまとめるということができません(/_;)

またまた失礼いたしました。

為替の件も丁寧なご解説ありがとうございました。
今後も楽しみにブログ拝読させていただきます。
せっかくおうちが近そう(私は大森です)ですのでそのうち飲みにでも行きましょう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)