確定申告完了。外国税額控除もバッチリ

水瀬ケンイチ

今日はいい天気でしたね。
そんななか、僕は部屋にこもって、確定申告の作業を黙々とやっていました。
数時間をかけて、さっきやっと終わりました。フー。

本来、僕のような普通のサラリーマンは、年末調整で全ての税務処理は終わり、確定申告などする必要はありません。
でも、僕が保有している、「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」と、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」は、分配金に対して、米国と日本のふたつの国に二重課税されてしまいます。
そこで、確定申告で「外国税額控除」という処理をすれば、取られすぎた税金が返ってきます。
両ファンドへの投資金額が積みあがってきて、二重課税された税金の損失もバカにならなくなってきたため、昨年から、確定申告をしています。
(参考記事)
2006/03/13 バンガードのファンドの二重課税を確定申告で取り返す


外国税額控除については、昨年あれだけ苦労したのに、二年目の今年は、たいして悩まずに、まあまあスムーズにできました。
集計した結果、還付額がそれなりに大きく、やはり、やってよかった…という感じです。

さらに、今年から「医療費控除」にも、チャレンジしてみました。
相方とふたりで、一年間ためにためた、病院・薬局のレシートと格闘すること数時間。
時間はかかりましたが、最終的には、きれいに集計できました。
これも、来年からは、もう少しスムーズにできるのではないかと思います。

確定申告を実際やると、難解だと思っていた課税の仕組みが、少しはわかるようになってきます。
私事で恐縮ですが、将来、早期リタイアしたら、ちいさな会社をやろうと考えています。
そのための税務の訓練だと思えば、確定申告の煩雑な作業も、そんなに悪いものではないと思えるから不思議です。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ