平穏時の備え

僕の住む街では、ここのところいい天気が続いて、春の陽気です。
投資のほうも、各論で見れば、企業の不祥事やM&A劇など、いろいろ問題は起きているものの、総論としては、世界的に株価はゆるやかに上昇、為替もゆるやかに円安傾向で、こちらも「春の陽気」だなあと感じます。

こういう時は、新規参入の投資家が増え、既存の投資家も、新興国への投資を増やしたり、レバレッジを高めたりするのが散見されてきます。
一時期、停滞していたかのように見えた投資関係のブログも、また新規開設が増えて盛り返してきたように感じます。
みなさん、口の滑りもそれはそれはなめらかです。

平穏なことはたいへん良いことだと思います。
でも、過去の歴史を振り返ると、平穏な時代はいつまでも続くとは限らないことを示しています。
だから、状況が良い時にこそ、引き締めるべきところは、きちんと締めておくべきだと思っています。

知らず知らずのうちに、アセットアロケーションが大きく崩れてはいないでしょうか。
知らず知らずのうちに、過大なリスクを取ってしまってはいないでしょうか。
来たるべき下げ相場に備えて、当初の投資スタンスが崩れてしまっていないか、一度振り返ってみることは、悪くないかもしれません。

じゃあ、お前はどうなんだ?ということになると思います。
僕はといえば、毎月一回ファンドを購入して、相変わらずほったらかしにしているだけです。
毎月の投資額も投資比率も、まったく変わっていません。
これでは、スタンスも崩れようがありません。
逆に言えば、大きく儲けようもないのですが…僕はこれでいいんです。


(追記)2007/02/28
朝起きてみたら、NYダウが-416.02ドル(-3.29%)に、ドル円が118円台と、相場が少し動いていました。うーん、記事を書くのが1日遅かったかな…(^^ゞ
関連記事


  





コメント

耳が痛いです

あまりにタイムリーな内容です・・・
ついつい大きいリスクを取り過ぎて
バランスを崩してます

 おはようございます。

 先日は勝手にご自宅の軒先で論陣を張ってしまい、申し訳ありませんでした。

 さて、本日起床すると世界が変わっていました。
上海発の世界同時株安と日経の日興上場廃止煽り記事。
前者で寝覚めが一番悪いのは、ヘッジファンドの方々でしょうし、後者では日興の現経営陣でしょうか(笑)。

 我々インデックス投資家は?といえば・・・買い増しのチャンス到来!ということでしょうね(まあインデックス投資家に限りませんが。)。

>TAD。さんへ

ブログ記事を拝見しましたが、市場から退場しなければいけないほどの損害でもないようですから、どうかお気を害しすぎませんように…。

>びのちゃんさんへ

「世界が変わっていた」とは、穏やかじゃないですね(^^;;
個人的には、今のところそこまで騒ぎたてるほどのことではないような気もしますが、「9.11以来の大暴落」という報道もあり、「どこが平穏だ!?」と思われるかたも多いだろうと想像し、追記を書いておきました。
しかし…記事を書くタイミングが悪かったです。反省。

平穏と思った矢先は

こういう事態がくるので、常に覚悟と楽観主義が必要ですね。アメリカ株投資の絶好の機会だとは思いますが。

楽天証券にて、S&P500を発注したい気分にかられています。

(追記)

今晩、IVV/I-SHARES S&P500を20口分発注しました。購入手数料とか考えると、これ位での購入がまだ妥当ではないかと思います。それまで外国株式のインデックスファンドは、MSCIコクサイ型の他には、中国(Tracker Fund of Hong Kong)と欧州(MSCIインデックスヨーロッパP)のインデックスだけ保有していてバランスが悪かったのですが、ようやく合わせることができました。しかも最も信託報酬の安い組み合わせで。

あと、セゾン投信の口座開設申込書が届きました。これも早期に書いて送った方がよさそうな気配です。3月にはとりあえず5~10万程度購入しておいて、後で月0.5万ずつ購入して行きたいと思っています。

いや、ベストなタイミングのエントリーだったかと。

ドル円も円高なので、アメリカ株はたしかに仕込みどきかも。

水瀬さん、こんにちは。

すばらしいタイミングの記事だと思います。
個人的には大きな調整を期待していますが、既に上海はやや回復していて続かないかもしれませんね。
TBさせていただきました。

はい。春のつむじ風という感じでしょうか。
退場しなければならないほどの損失では全然ありませんし
長い目で見れば誤差レベルの波の起伏の一部のようなものと思います。
ですのであまり気にしてないのです。
ただ資産バランスはもう少しキレイにしたいと思ってた矢先に
円高と世界同時株安で、ちょうど良い教訓になりました。
なんとも絶妙なタイミングの日記だと思います。

実は手持ち資産の減少のショックより
この買いチャンスに参入出来ない事のほうが悔しかったりします。

残念!月曜にインデックス買ったばかり!2日待ってりゃ
よっかた!

やっぱり

やっぱり債券を一定程度のパーセンテージ持っておくことも大切ですね。
暴落がはじまってからそう思っても遅いのかもしれませんが。

残高一覧を印刷してみました

株価暴落前の各口座の残高一覧を印刷しました。明日の残高表示と見比べて、世界経済の影響を感じてみよう。
2000年頃からファンドを始めて、マイナス30%くらいを経験しているので、少々落ちてもあんまり気にならなくなってしまいました。

2月分のTOPIXインデックス、購入しないで良かった・・・・。
どう考えても上がりすぎなんで初めて定期購入をキャンセル。

さて、明日買おうかな、それとももう少し待ってみようかな・・・。

しかし、円高と言っても118円って言うのは、ちょっと昔なら十分に円安な範囲に感じてしまうんですね・・・・。


国内か、海外か、どちらを買おうか迷ってしまいます。

>新幹線さんへ

僕も先ほど、IVV買ったところです。
奇遇ですね(^^ゞ

>MAT.Nさんへ

仕込んじゃいました。

>嶋田忠信さんへ

今時点(3/1 0:05)で、もうNYダウが上がり始めてしまっています。
もう元に戻っちゃうんですかねー。わかりません。

>TADさんへ

昨年から流動性資金が多すぎる状態だったので、運良く追加購入することができましたが、これは狙ったものではなく、たまたまですね。

>新介さんへ

まあまあ、明日の市場はもっと下げるかもしれませんよ。
どうなるかどうかは、誰にも分からないのですから。

>世界のREITさんへ

たしかに、米国株が下げたと同時に、米国債は上げてしまいましたからねー。
普段から、所定のアセットアロケーションを守っていたいものですね。

>あづささんへ

実感って大事ですよね。
意外とたいして変わってないんじゃないですか?

>LEOPARDさんへ

贅沢な悩みじゃないですか!
楽しみですね(^^)

水瀬さんも発注されましたか。私は20口でしたが、やはり手数料を考えて50口ぐらいは購入したんでしょうか?

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

急速円高

円高になると予想した2/21しかし円安になった。ここで売りポジションを取っていたオイラは7万ほど削られ持ちこたえられず売りポジションを解消し一転買いポジションになったのである。なんとか損失は取り戻せてい

世界規模で株式バーゲン開始

嶋田です。まず本日お蔭様で総アクセス数が50000件に達しました。多くのアクセス、誠にありがとうございます。共同管理者一同、訪問者の方々やリンクさせていただいているブログ管理人の方々に感謝しております。

バニラコーク4号(2007/2/28)

いやー、びっくりしましたね。急落です。こういうのがたまにあると身が引き締まりますね。それにしても、急落直前に突然tstさんがイベントリスクの記事を書いたり、水瀬さんが春の陽気の記事を書いたり、そして僕も瀕死の重症に言及したり、これはブログ周辺に相場の神が下

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)