命名、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」

水瀬ケンイチ

以前の記事、「2005.10.15 インデックス投資の「退屈」対策」で紹介した、ファンドの購入方法について、その後のrennyさんとのコメントのやり取りの中で出てきた「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」という名前がえらく気に入ってしまいました。

今日は、この「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」について、もう少し詳しく説明してみたいと思います。


まず、購入しているメインファンドは以下の2つです。

・VGトータルストックマーケットインデックスファンド
・VGウェルズリー・インカムファンド


VGトータルストックマーケットインデックスファンドは米国株式ファンド、VGウェルズリー・インカムファンドは約6割が債券、残りが株式というバランスファンドです。2つのファンドを同額購入すると、だいたい株式:債券が7:3という比率になります。(100-年齢)%を株式に投資するべしという教えが、よく投資の本に出ていますが、現在四捨五入で30歳(笑)の今の自分にとって、ベストな比率と考えているので、毎月2つのファンドをほぼ同額ずつ購入しています。

(追記)2007/12/06
現在は、外国株式クラスの投資商品として、「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」への投資をやめて、代わりに、「トヨタアセットバンガード海外株式ファンド」を購入しています。投資額が積みあがった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、「iShares S&P500 Index Fund(IVV)」および「iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)」へ乗り換えています。
あわせて、日本株式クラスの投資商品として、インデックスファンドTSPを購入しています。こちらも、投資額が積みあがった段階で、適宜、更に低コストの国内ETF、「TOPIX連動型上場投資信託(1306)」へ乗り換えています。



次に、いつ買うかですが、「1ヶ月の間のどこか」としてます。
ドルコスト平均法では、購入日を予め設定しておいて機械的に購入します。でも、少しでも安く購入したいわけですから、株価がぐーんと上がった時などは購入を控えて、株価が下がるのを待ちます。また、上記ファンドが2つともドル建てのため、円高の時に購入するとお得ですから、円が急落した時などは購入を控えて、円高になるのを少し待ちます。
しかし、待ち続けて月末を迎えてしまった時点で、株価や為替の動向に関係なく、強制的に購入します。

これにより、長期的に見れば、ほぼ定期的に定額を買い付けることができ、ドルコスト平均法と同等の効果(安い時にたくさん購入し、高い時に少量購入することで平均購入単価を下げる効果)を得ることができると考えてます。精神的にも、ファンドの基準価額が上がっても嬉しい、下がってもまた嬉しい気分になり、不安になってファンドを売りたくなる衝動に駆られないという素晴らしい効果も得られます。

しかも、1ヶ月という縛りはあるものの、毎日株価と為替の動向等を見ながら、ちょっとワクワクしながら、購入タイミングを計るという楽しみを得ることができるので、インデックス投資にありがちな退屈も軽減されます。

この方法で、何年か継続できているので、自分に合った投資法なんだと改めて思っています。本に書いてある方法そのまま実行するのもいいですが、自分なりにアレンジするのも、また勉強になるし面白いっすよ。
関連記事
Posted by水瀬ケンイチ