ドル建てファンドは円建てファンドより為替リスクが高い?

楽天証券から、新たなドル建て海外ETFが出たという記事を書きました。(前回の記事参照)
これで、運用コストが格安の海外ETFだけを使って、日本を含むほぼ全世界へのインデックス投資ができるようになったわけです。
具体的には、楽天証券から既に出ている「iShares S&P500 Index Fund」(米国株式)と、今回出た「iShares MSCI EAFE Index Fund」(日本を含む米国以外の先進国株式)を、組み合わせることで、それが実現します。

両ETFとも、NYSE上場のドル建てETFになりますが、ここで、不安に思われるかたがたがいらっしゃるようです。

「全運用資産をドル建て海外ETFにしたら、為替リスクが増大して危険なのではないか…?」
「同じ全世界に投資するなら、日本籍の外国株式インデックスファンドである「ステート・ストリート外国株式インデックス」あたりに投資したほうが、100%円建てだから、100%ドル建ての海外ETFに投資するよりも、安心なのではないか…?」

というわけです。うーむ。
言われてみれば、そんな気もしないでもありません。

でも、それは多分「錯覚」だと思います。

なぜなら…

ドル建てでも、円建てでも、ファンドが外国資産を買う時には、現地通貨で買います。
例えば、米国株はドルで、ドイツ株はユーロで、日本株は円で買う、という具合です。
同じアセットアロケーションであれば、この時点では、ドル建てファンドも円建てファンドも、同じ通貨構成になっているはずです。
(例えば、米ドル50%・ユーロ35%・円15%など)

円建てファンドは、それら各通貨の資産(米ドル50%・ユーロ35%・円15%)を、普段から円転した価格で表示しています。
(ここが何となく安心なんでしょう)
ドル建てファンドは、それら各通貨の資産(米ドル50%・ユーロ35%・円15%)を、普段はドル転した価格で表示しています。
(ここが何となく心配なんでしょう)

しかし、そのドル建てファンドも、日本の投資家が売却する時には、それら各通貨の資産(米ドル50%・ユーロ35%・円15%)を、円転して引き出します。
そこにあるのは、単に表示方法の違い(普段から円転表示にしているか、売却時にまとめて円転表示にするか)だけで、両者は結局「同じ」ことになるはずです。

もちろん、外国資産への投資ですから、為替リスクはあります。
円高になると損をして、円安になると得をするってやつです。
しかし、為替リスクの「大小」は、ドル建てファンドでも、円建てファンドでも「同じ」ということになると思います。

少々ややこしいですが、そういうわけで、僕は、楽天証券のドル建て海外ETFだけで、資産運用するということに、あまり抵抗がないのであります。

考えてみれば、僕のメインファンドだった、マネックス証券の「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」も、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」も、ドル建てファンドでしたから、昔から、運用資産の大半をドル建てファンドで保有していましたしね…(^^ゞ

P.S
本記事を書くにあたり、前記事のアルビレオさんのコメントを参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

<ご参考>楽天証券の口座開設は以下からできます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券

関連記事


  



コメント

結局買ってるものは同じですもんね。

例えばソニーの株を東京市場で買うと1,200円、米国市場で買うと10ドル、って言うのと同じですよね(株価はいい加減です)。

ソニーの株をニューヨークで10ドルで買ったからといって為替リスクが増すわけではなく、ソニーはソニーです。

んなこと

ない

為替コストについては無視できる範囲なんでしょうか?

為替リスクについては前にもアルビレオさんに指摘されています。
http://fund.jugem.jp/?eid=267

為替コストは無視できる範囲なのか気になります。日本株を円で直接取引した場合と「円→ドル→円」と転換した場合とではコストの差が出るはずです。ただ売買回転数が低ければ大きなコストにはならないのかもしれませんが。

どっちにしろ複雑な経路を経由する金融商品は苦手です。単純である方が負うリスクも分かりやすいしコストも低く抑えられるはずですし。

投資手段が多くて迷う時が来るとは・・・

 はうー、これ以上口座増やしたくなかったんですが、これはもう楽天証券口座開設しようかな~。。。

 思えば私もインデックス投資の放浪は経験があって、マネックス証券で
Vanguard Total Stock Market Index Fund Investor Shares(VTSMX)を取り扱い
始めてからマネックス口座開設して、その後Vanguard Total International Stock Index Fund(VGTSX:欧州60%/太平洋地域30%/新興諸国10%)が加わるのをずっと待っていた口です(それまで使っていた別証券の口座も残ってます)。

 加えて中央三井海外株式インデックスファンド目当てでソニー銀行にも口座を作り、
TOPIX連動ETFと組み合わせたり。何だかんだで手持ちの口座が多くなりました。

 出来れば資産は集中させたほうが管理もし易いので、マネックス証券が海外ETF
を取り扱ってくれるのを待ちたかったんですが・・・その間にドンドン楽天が進ん
じゃってるなぁ。。。

 私の好みだと、S&P500:50%/MSCI EAFE:40%/iShares MSCI Emerging Markets:10%
でジャストフィットするんですよねー。

 ウムムムムム・・・

 ・・・数年前に比べると、何て贅沢な悩みなんでしょう(笑)

初心者の質問ですいません

いつも勉強させていただいてます。
ETF買うのがはじめてたのですが、
二つ質問させてください。

①話題に上がっていた楽天証券の3つのETFは
いくらから買い付けできるのでしょうか?

②バンガードのストックファンドから
 ETFへの乗換えをどのようなタイミングで
 行われるご予定ですか?

くだらない質問ですみません・・。

為替の問題は、自分もつい1年前まで誤解していましたが、BRICsに投資する投信で米ドル建てのものを買うなどした結果、理解できるようになりました。

為替コストは、売買手数料の一部として考える必要がありそうですね。投信の運用でもこのコストはかかるはずですが、大口なのでかなり安く抑えられていると思われます(大口では実質ゼロの事例もあるようなので)。

>ルシエンさん

1についてですが、楽天証券の以下のページで明記されている通り、発注は3月19日より受付、取引開始は3月20日です。

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/topinfo/20070309_02_us_01.html

>vanillacokeさんへ

仰るとおり、買ってるものは同じです。

>おいおいさんへ

んなこと
あるかも

>Mc.Nさんへ

確かに、為替コストは余計にかかるかもしれませんね。
楽天証券では、売買に1ドル25銭の為替手数料がかかります。
東証などに海外ETFが上場した場合は、為替手数料はかからないと思われます(昔の東証外国部と同等?)。

でも、本記事で話題にしているのは「為替リスク」のことで、「為替コスト」はまた別の問題だとご理解いただければ幸いです。

>ハイマージェさんへ

楽天の海外ETFは、運用コストがもはや最安クラスなので、今後、いろいろなインデックス商品が出たとしても、僕はもう乗り換えることはないと思います。
もし、海外ETFが東証・大証に上場したら、それ以降、追加購入する分について、そちらで買い、楽天はホールドすると思います。

マネックス証券のバンガードファンドは、完全に動きが止まってしまいましたね。
S&P500のインデックスファンドも出すと言っていましたが…。

ホント、贅沢な悩みです(^^)

>ルシエンさんへ

お答えします。

①について

楽天証券のWEBサイトによると、以下のとおりのようです。
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/product/pr07_us_03_etf.html

(各ETFの価格は先週末時点のものです)
iSHARES TRUST-iSHARES S&P500 INDEX FUND 141.00$×10口単位=1410.00$程度
NASDAQ-100 TRUST, SERIES 1 42.98$×10口単位=429.8$程度
iSHARES MSCI EAFE INDEX FUND 74.10$×1口単位=74.10$程度
※ただし、発売前の情報なので最低購入口数は変わる可能性があると個人的には睨んでいます。
iSHARES MSCI EMERGING MARKETS INDEX FUND 112.19$×1口単位=112.19$
※ただし、発売前の情報なので最低購入口数は変わる可能性があると個人的には睨んでいます。

※追記 2007/03/25
iSHARES MSCI EAFE INDEX FUNDとiSHARES MSCI EMERGING MARKETS INDEX FUNDの最低購入口数は、案の定、「10口以上」になっていました。
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/topinfo/20070201_01_us-china_01.html

②について

既にぼちぼち移行し始めてますし、今後もぼちぼちやります。
としか言いようがありません(^^;;

>新幹線さんへ

個人投資家のセゾン投信関係の記事などを、ちょこちょこ散見していると、まだまだ誤解が多そうな感じです。

ルシエンさんのご質問にお答えいただきありがとうございます。
でも、「いつ」ではなく「いくら」とご質問されてたようです(^^;;

新幹線さん
投信などでは解約や経費の支払いのために常にある程度の取引通貨(「ドル建て欧州株ファンド」ならドル)を保有しておくことで、通貨の交換自体を減らして為替コストを極力抑えています。これも投信の「たくさんの人のお金をまとめて運用」によるメリットといえますね。
そういう意味では「毎月分配型ファンド」なんかは分配金を出すために定期的に円に両替しないといけないので為替コストの面でも不利なんですよ。

それはともかく面白いことに気づきました。
ETFだとお金の流れは購入者から売却者へ流れるだけで、どんなに取引が増えてもファンドが保有している資産に変化はありません。
またETFの保有資産の増減は現物株との交換によって行われるので、この部分では為替コストは発生しません。
普通のファンドのように購入/解約に伴うファンド内部での両替の必要がないので、為替コストは限りなく少なくできるわけです。(分配金や信託報酬の支払いなどがあるので一切両替しないわけではないですが)
こいつはお得だね!

Mc.Nさん
「ホンネの~」の方で間違いがあることに気づいたので訂正コメント入れました。

質問内容を誤読しました。すみません。(謝)

「毎月分配型」のデメリットについては、もはや語るに尽きるほど紹介されたと思いますが、為替コストにも関わるということは勉強になりました。アルビレオさんありがとうございました。

>アルビレオ師匠へ(勝手に師匠と呼ばせていただきます)

ETFは、為替コストも普通のファンドより抑えられるんですね。
ますますETFが気に入りました。

>新幹線さんへ

いえいえ、過去にも代理応答していただき、助かっております。
ありがとうございます。

ネット証券

楽天証券、本当にやります。でも、楽天証券に限らず、口座開設申込みの際に勤務先を含めた個人情報までネット上でインプットしなければなりません。これが抵抗あってね・・・・。無駄なのは承知で申込み用紙を送ってもらって手書き書類を送りたいものです。いまどき臆病すぎ・・・・?

全額ドル建て

初めて投稿いたします。いつも参考にさせていただいてます。
IVVとEFAとEEMで、世界分散インデックス投資はほとんど完成ですね!
EFAには日本も含まれているので、TOPIX連動型ETFも不要ですね。
厳密には、それぞれの対象地域のGDPの合計の比を取ればいいんでしょうけども、
アメリカとヨーロッパがほぼ同じ(ヨーロッパの方が多め)で、日本がアメリカの半分とすると、直感ですが、
IVV:35% EFA:55% EEM:10%
といったポートフォリオでしょうか?

恥ずかしながら、アルビレオ師匠と水瀬さんの解説を読むまで、為替リスクのことはよく分かっていませんでした。おかげでまた一つ賢くなりました。

それにしても、昨日の記事へのコメント数は凄いですね。

>サラリーマンの蓄財日記の著者

手書き申込書でいいんじゃないですか?
どうせ、印鑑やら本人確認資料やら郵送しなくてはいけないのでしょうから。
うろ覚えで恐縮ですが、今まで開いたネット証券口座では、ネット上で申込データ入力をしても、結局、申込書が送られてきて手で書いたような気がします。間違っていたらごめんなさい。
(データ入力済みの部分が予め印字されていただけのような…?)

>レイさんへ

それを聞かれても、お答えできません(^^;;
アセットアロケーションが投資成果の8割を決める、なんて言われています。
それほど重要なことだと思うので、他人の意見や直感ではなく、各ETFの連動指数の構成をお調べになって、お好みのポートフォリオになるように、ETFの組み合わせを決定されたほうがよいのではないでしょうか。

>空色さんへ

トラックバックいただいた空色さんの記事に、大きな誤解を招くおそれのある誤表記がありましたので、訂正のコメントを入れさせていただきました。ご確認ください。

失礼しました

>といったポートフォリオでしょうか?

と記したのは、水瀬さんへの質問ではなく、
ハイマージェさんのコメントを念頭に置いて、「私だったらこうするんだけどなあ」
と、婉曲に意思表明をしたつもりだったりします。
誤解させてすみませんでした。

この記事と関係はないのですが。

この記事と直接関係なくて申し訳ありません。
日興コーディアルの上場が維持されるとともに、日経平均構成銘柄に引き続きなるようですね。

僕と同じような誤解をされていた方にとって、今回の記事はとても価値があると思います。
#ある意味、前記事の僕の間違ったコメントは無駄ではなかったかも(^^;)

ところで、僕もアルビレオさんを師匠と呼ばせてもらっていいですか(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券の海外ETF

読者の方のコメントで初めて知りましたが、楽天証券が海外ETFの取扱を拡充するとのこと。相互リンクしているインデックス投資家の水瀬さんのブログは、コメント数が凄いことになっています(笑)私は、先日のセゾン投信

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)