「つみたてNISA」の途中売却をセゾン投信会長CEO中野さんが残念がっています。わかる!わかるけど…

水瀬ケンイチ

22344839_m_20211110.jpg


「つみたてNISA」で投資した資金を途中売却する人がいることを、セゾン投信代表取締役会長CEOの中野さんが残念がっています。

つみたてNISA、途中でやめる残念な人 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

投資初心者必見!つみたてNISAの最大の魅力を解説。投資で失敗する人はどんな人?


つみたてNISAの最大の魅力は投資してから20年間という長期の非課税期間なので、1~2年で売却してしまうのは良さを生かしきれない残念な人だと中野さんは書いています。

わかります。つみたて投資は継続することが重要です。基本的には私も同感です。私もインデックス投資を始めてから今まで約20年間、インデックスファンド・ETFを利益確定ために売却したことはほとんどありません。バイ&ホールドです。

投資できる上限金額は決して多くはありませんが、投資してから20年間という非課税期間が、20年間毎年スライドして続いていくというのは、つみたて投資家にとってメリットが特大の良い制度です。多くの場合、サラリーマンが毎月の給料から捻出した少額をつみたてていくというスタイルにフィットする制度でもあると思います。

ただ、以前にも書いていますが、1~2年で売却してしまうのは残念という点については、やむを得ない部分があると思います。

大局的に見ると、制度として「つみたてNISA」とよく比較される「iDeCo」(個人型確定拠出年金)や企業型確定拠出年金が原則60歳まで引き出せないのに対して、「つみたてNISA」はいつでも売却自由なのがメリットだという考え方があります。つみたてNISAで投資した資金を1~2年で売却した人でも、iDeCoや企業型DCは続けているかもしれません。

つみたてNISA全体に占める売却金額の割合を見てほしい。売却されたのは、2018年の制度開始から3年で買付金額全体の1割程度です。この推計は以前ブログでも紹介しました(該当記事)。この程度なら売却があってもおかしくない水準だと私は思います。つみたて投資を継続することの重要性は当然含んだ上で、「つみたてNISAの資金を売却する人=残念な人」という決めつけはいささか短絡的すぎるのではないでしょうか。

つみたてNISAをはじめるような若い個人投資家は、結婚や出産や住宅購入など何かと要りような世代でもあります。そのような事情にも寄り添っていただけるとありがたいと思います。


<関連記事>

「つみたてNISA」が順調ですが、意外と短期に売却した人も多かった!?

2018年に開始された「つみたてNISA」(少額投資非課税制度)が口座数、買付額とも順調に増加中ですが、既に売却してしまった人もけっこういるようです。つみたてNISAの実態は?~これから多くの人の資産形成の助けになることを期待~2018年1月から始まった つみたてNISA(少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度)。直近、公表された2021年6月末時点での口座数(棒グラフ)は417万口座と400万口座を...



関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ