2022年のマネー関係はけっこう変化があるよ

水瀬ケンイチ

23124122_m_20220104.jpg


日本経済新聞に「2022年 知っておきたいマネーカレンダー」という記事が掲載されています。2022年はマネー関係でけっこう変化があるようです。

2022年 知っておきたいマネーカレンダー

不確実性を増す世の荒波のなかで確実なことが一つ。2022年もお金に関する関心は高まりこそすれ、減じることはない1年になるということだ。社会保障から節約、教育まで、変化の大きい今年のマネーカレンダーを点検しておこう。一言で言うと「人生100年仕様」の制度が実装される1年が待っている。今年はかねて日本の人口動態上の節目とされる「2025年問題」のとば口にあたる。19


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、エッセンスだけまとめると以下のとおり。

1月 団塊の世代が75歳以上に
1月 マイナポイント第2弾スタート
4月 公的・私的、2つの年金の変更続々(もらい始めの上限年齢が70歳から75歳へ&在職定時改定)
4月 学校で金融教育スタート
4月 成人年齢が20歳→18歳に
5月 DCでの運用が5年長く可能に(イデコは65歳まで、企業型DCは70歳まで)
10月 パートの年金拡充、「全員イデコ時代」到来
10月 75歳以上の医療費自己負担 1割→2割へ

高齢化に対応した制度変更が多い一方、4月から成人年齢が18歳になるのですね。記事にはありませんが、NISA口座を開設することができる年齢も20歳から18歳に引き下げられます(2023年1月1日以後に設けられるNISA口座が対象)。

学校で金融教育もスタートします。若者には早めに資産形成の基本を学んでほしい。そうすれば、働き始めてすぐに対応を迫られる確定拠出年金(企業型DC)の商品選択がスムーズに行えるでしょう。また、世の中の経済的な仕組みを知ることは、働く意味、生きる意味を考えるうえで重要。無知なまま他人に搾取され続けるのはよくない。

また、日本の公的支援は高齢者偏重なので、若者に対する支援拡充が必要です。2022年の制度変更は、高齢者にも相応の負担を求める内容になっており、好ましい方向性だと思います。

世の中に「タダ飯」はありません。たとえあったとしても、それは長続きしません。自力でがんばっていきましょう。

関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ