【新興国株式】低コストインデックスファンド徹底比較(21年12月末) 雪だるま新興国株式が高評価に復権

水瀬ケンイチ

brazil-150403_640.png


「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、新興国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2021年12月末で比較しました。

※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。

photo20220110_emerging.png


新興国株式クラスの比較対象インデックスは、「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」もしくは「FTSE エマージング・インデックス」です。中国、台湾、インド、ブラジルなどの新興国の株式に分散投資するインデックスです。

比較の結果、今回は「SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま新興国株式)」(運用会社:SBIアセットマネジメント)が信託報酬年 0.1760%、実質コスト年 0.19%、インデックスとの差異 ±0%と相対的に高評価でした。

前回まで1年近く、最も低コストでありながらリターン実績が他のファンドと比べて断トツに低い異常値が続き、ベストファンド該当なしという異常事態が続いていましたが、ようやく解消された形です。

次点は「楽天・新興国株式インデックス・ファンド」(運用会社:楽天投信投資顧問)で、運用コストはそこそこでしたが直近の1年リターン +11.98%、3年リターン +12.60%とリターンが相対的に高評価でした。

4316001_m_20210121_snow.png


原資産である企業の株式から配当が出てくるにもかかわらずベンチマークに「配当除く」インデックスが設定されているインデックスファンドが表下部にまとめてあります。これらはインデックスとの差異が大きく、インデックスとの連動を目指すインデックスファンドとして馴染まないため評価を下げています。

要注意ファンドとしては、「たわらノーロード 新興国株式」が実質コストが1.0%を越えて高く出ており、またインデックスとの差異もマイナス2.9%と大きく出ており、他に選択肢がいくらでもある中であえて選択する意味はない状況となっています。お気をつけを。

いろいろありますが結論。

新興国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2021年12月末で比較した結果、「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」が相対的に高評価でした。


低コストインデックスファンド徹底比較のカテゴリです。主要なアセットクラスのインデックスファンド比較情報を、定期的に更新しています。

こんな記事も読まれています。

毎年4万8000円を捨てる人がいる!?

会社員の皆さまはそろそろ「年末調整」の時期だと思います。PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)に「「忘れると4万8000円の損」年末調整で最近提出が増えている"第3の添付書類" 圧着ハガキを捨ててしまう人も」という記事が掲載されているのでチェックします。「忘れると4万8000円の損」年末調整で最近提出が増えている


<ご参考1>
上記の高評価インデックスファンドは、以下のネット証券で購入できます。会社名をクリックで口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券

<ご参考2>
本ブログ記事は、私が過去に執筆・監修した書籍に掲載したおすすめインデックスファンド情報のアップデート版という意味もあります。今後も定期的に継続していく所存です。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ