新入社員の皆さんへ、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーからのメッセージ (その1)

水瀬ケンイチ

来週月曜(4月2日)は、多くの会社で入社式が行なわれると思います。

大志を抱けとか、プロ意識を持てなどという立派な話は、世の社長さんたちにお任せするとして、ここは、入社十ウン年目の不肖水瀬が、入社時にこうしておけばよかったなあと思うところを中心に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー流アドバイスをさせていただきたいと思います。

(なお、ライフプランの話は、個人個人のおかれた環境や価値観によって、判断が違って然りです。いち個人投資家の戯言として聞き流していただければ幸いです)

まずは、新入社員の皆さん。ご就職おめでとうございます!!

(1)給与口座は新生銀行

会社に入ると、何かとお金のやりとりがあります。学生時代にはあまり使わなかった、「振込」も使うことが増えてきます。例えば、ショッピング、親への仕送り、駐車場代の支払い、などなど。
取引内容によって「入出金」はタダという銀行は多いですが、入出金だけでなく「振込」もタダという新生銀行のアドバンテージは大きいと思います。
将来、始めるかもしれない資産運用の、「ハブ銀行」としても実力十分です。

入社当時、僕は何も考えず、大学時代に使っていた近所のみずほ銀行(当時は富士銀行)を給与口座にしてしまいましたが、サービス的にはいまいちで、はっきり言って後悔しております。でも、給与以外にも、カード、証券会社、電気、ガス、水道など……の口座に既に指定されていて、今更変えられません(涙)
給与口座は、今後何十年も付き合うことになるので、最初が大事です。
皆さんは、くれぐれも、「惰性」や「お付き合い」で決めたりしないように。

なお、新生銀行の金融商品には、良質でないもの(もっと言ったら詐欺的なもの)が含まれていますので、普通預金以外の金融商品には、一切手を出さないのが賢い使い方だと思います。

(追記)2007/03/31
読者のかたから、イーバンク銀行も、条件付きながら振込無料でよいとのご指摘をいただきました。
勤務先が、ネット銀行も対応可能なら、金利も高くていいかも。

(2)財形貯蓄を活用してほったらかし貯蓄

僕が「これはやっておいて良かったな」と実感していることのひとつに、「給料天引きの貯蓄」があります。
20代の頃は、仕事に、遊びに、合コンにと忙しいものです。「お金が余ったら貯金しよう」という考えは、暇な時の考えで、忙しくなってくると、たいてい挫折します。
忙しい皆さんは、「ほったらかし」にできるものが吉だと思います。

勤務先に、財形貯蓄制度があれば、ぜひこれを活用する方がよいと思います。
給料天引きだし、住宅財形・年金財形の場合、利子が550万円まで非課税です。(各種条件があります。詳しくは各種専門サイトにてご確認ください)
日本では今後、金利が上昇すると言われていますので、利子非課税のメリットも上昇してくることと思います。
会社によっては、財形貯蓄に補助金が、何パーセントが付くところもあるようです。そういう場合は、利用しない手はないと思います。

入社当時、「財形貯蓄の口座はどこにする?」と聞かれて、僕は会社に勧められるまま、なんだかよく分からないうちに、財形貯蓄のための口座を、労働金庫に新規開設してしまいました。
労働金庫自体に不満はないのですが、財形のためだけの口座になってしまい、管理が面倒です。
皆さんは、給与口座と同じ銀行を指定すると更によいと思います。

(次回に続く)



<ご参考>
記事に出てきた銀行については、以下から口座開設できます。
・新生銀行
・イーバンク銀行
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ