楽天証券だけで資産運用をやったらどうなるか

水瀬ケンイチ

僕は数社のネット証券会社に口座を持っており、各社のなかで、最も有利と思われる商品をツマミ食いしています。例えば、インデックスファンドはマネックス証券、国内ETFはイートレード証券、海外ETFは楽天証券…といった調子です。
効率的に運用できる一方、口座管理にそれなりに手間がかかり、面倒くさいのも事実です。

そこで、これから新たに「インデックス投資」を始めようというかたが、海外ETFを取り扱う唯一のネット証券、楽天証券1社だけで資産運用をするとしたら、どうなるかを考えてみました。

まず、各資産クラスの最適商品は以下のとおりかなと思います(水瀬の独断と偏見)。

■国内株式クラス
トピックスオープン(販売手数料:なし 信託報酬:0.651% 信託財産留保額:なし) ※
■国内債券クラス
不要
■外国株式クラス
ステート・ストリート外国株式インデックス(販売手数料:なし 託報酬:0.9975% 信託財産留保額:0.3%) ※
■外国債券クラス
ゴールドマン・サックス・米ドル・MMF
外国債券

※リレー投資
トピックスオープンとステート・ストリート外国株式インデックスが、ある程度の金額になったら、以下の海外ETFに乗り換え(リレー投資)
iShares S&P 500 Index Fund(売買手数料31.5$ 管理報酬0.09%)
iShares MSCI EAFE Index Fund(売買手数料31.5$ 管理報酬0.35%)

商品ラインナップ的には、かなりいけそうです。
しいて言えば、外国債券クラスが米ドルMMF以外は貧弱で、外国債券インデックスファンドがあれば、更によかったというところです。



ラインナップ的には何とかなるとして、使い勝手には、問題があります。

まず、投資信託が口数指定で、金額指定できないこと。
これだと、毎月定額を投資するドルコスト平均法がやりにくい。
次に、外国株式クラスの最適商品、ステート・ストリート外国株式インデックスに、信託財産留保額が0.3%かかってしまうこと。
これだと、海外ETFへのリレー投資のたびに、少しパフォーマンスが落ちてしまいます。

でも、これら使い勝手の問題は、決定的なものでもないと思います。

金額指定できない問題は、複数月にまたがって口数で調整すれば、何とかなりそうです。
信託財産留保額の問題も、保有期間にもよりますが、他社の代替商品(例えば、マネックス証券のトヨタアセット・バンガード海外株式ファンド(販売手数料:なし 託報報酬:1.30% 信託財産留保額:なし)、投信スーパーセンターのDCインデックス海外株式(販売手数料:なし 託報報酬:0.882% 信託財産留保額:0.3%)など)と比較して、著しく不利かといえば、それほどでもないような気もします。

結論的には、楽天証券1社だけでも、それなりにインデックス投資ができそうです。

1社だけでの資産運用は、運用管理はもちろん、税務処理も計算しやすく、長期投資の継続しやすさという意味で、メリットはあなどれないものがあると思います。
増え続ける証券口座を眺めながら、いっそ1社に絞ってしまおうか…なんて考えが頭をよぎりました(^^ゞ


<ご参考>楽天証券の口座開設は以下からできます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ