日経マネーの取材をお受けしました

本日、「日経マネー」の取材をお受けしました。

日経マネーといえば、マネー誌のなかではいちばん「硬派」なのではないでしょうか。
そんな硬派な雑誌からの取材をお受けできたことは、たいへん光栄なことです。
記者さんたちがとても投資に詳しく、有意義なお話ができました。

僕が話している時、「すごく楽しそうですね」と言われてしまいました。
普段、友達は投資話を嫌がるし、相方はあまり興味がないみたいだし、会社の人とは話しにくいし…という感じで、積もりに積もった思いが、こういう取材時に、一気に出てしまうのでしょう。お恥ずかしい…。

掲載されるかどうかは分かりませんが、もしされるとしたら、5月21日発売の日経マネー7月号だそうです。
また楽しみがひとつ増えました。
関連記事


  





コメント

Zaiに続いて・・・・・・

本当に素晴らしいことだと思います。

さすがアクセス数100万を数えた人だなあ、と正直感じました。パッシブ(ETF)運用啓蒙者として、大手誌の取材を受けられたというのは、本当に大きな意義があるのではないかと思います。

あとは主婦向けの「あるじゃん」・「マネープラス」でしょうか……これは編集方針(難易度が低いこと)からして難しいですかね?

はじめまして

昨年より、長期投資・インデックス投資に興味を持ちはじめて、勉強
をはじめたものです。

実は、最近いろいろなサイトで「複利の力」というものを強調してい
るのをよくみかけるのですが、ふと疑問に思いましたので、ご意見を
伺いたく、書き込みさせていただきます。

インデックス投資(例えば日経225など)を長期でバイ&ホールド
したときには、複利の力というものは、働かないように思いました。

もしかすると、そんなことはみなさんの中では、常識で、私は恥ずか
しいことを書いているのかもしれませんが、よければご教授ください。

こんばんは~5月21日ですか?楽しみ!
覚えておかなくっちゃ♪
ZAiみましたよ☆がっつり載ってますネ~ふふふ

KGO様へ

>インデックス投資(例えば日経225など)を長期でバイ&ホールド
>したときには、複利の力というものは、働かないように思いました。

 確認ですが、『分配金再投資』という言葉をご存知でしょうか?

 もしご存知でなければ、本ブルグ左のカテゴリ欄から『資産運用の考え方』『インデックスファンド』あたりのカテゴリで初期の記事をごらんになると、答えが載っていると思います。

 横槍ですが、ご参考まで。

またまた、快挙ですね。おめでとうございます。

>新幹線さんへ

ありがとうございます。
でも、記事を参考にしていただくのはうれしいですが、どうか、人を「パッシブ運用啓蒙者」などと決め付けないでください。
僕は、自分の運用についてブログを書いている、いち個人投資家にすぎません。
あまりにおそれ多いですし、そんな義務も責任も負うつもりはありません。
今後も、そんなレッテルとは無縁のところで、自由にブログを書いていくつもりです。

>KGOさんへ

はじめまして、KGOさん。

複利効果は、インデックスファンドの分配金を再投資することでも得られますし、無分配であっても、投資企業群の配当をファンド内で再投資してもらうことになるので、更に複利効果が高まると思います。
そもそも、企業活動自体に、産み出したキャッシを再投資して、更なるキャッシュを産むという、複利効果があるとも考えられるような気がします。

なお、次回からは、なるべく記事と関係のある書き込みを、お願いしますね。

>ハイマージェさんへ

フォローありがとうございます。

>サラリーマンの蓄財日記の著者さんへ

ありがとうございます。載るかどうかはまだわかりませんが…(^^;;

投資専門SNSとかでも個別株の話しが多くてインデックス運用は探さないとありませんしね。

確定拠出年金がもうちょっと広がれば多少変わるのかなあ・・とも思えますが、すでに導入されているところにいる人でも「全部定期預金」「全部自社株」なんてことが結構あるのでダメかも

ありがとうございました

まず、記事と関係ない書き込みをしてしまい、すみませんでした。
以後、気をつけます。

日経平均の月末価格で毎月定額を投資した場合
1971年スタートで約3.5%複利
1981年スタートで約1.6%複利
と、予想以上に数値が低かったので疑問に思ったのです。

長期でみれば、毎年5%くらいで複利で増えていくというような
「イメージ」をもっていました。(お恥ずかしいかぎりです)

分配金再投資は知っていましたが、配当金による基準価格の上昇
(複利効果あり)をすっかり失念しておりました。

Zai6月号は必見記事が多い

それは申し訳ありませんでした。私は、ここを含む様々なブログを見て、インデックス投資の重要性を理解させていただいたので、どうも異常に「神格化」させてしまうところがあったかも知れません。

多分、今月だろうということでZai6月号を今日購入してきましたが、水瀬さんの記事が橘玲さんや藤沢和希さんの記事と並んでいましたね。拝見させていただきましたが、皆さんそれぞれ「日本よりも海外を重視」という視点で、投資家のためになることをいろいろ書いていたと思います。「投資信託にだまされるな!」を書いた竹川美奈子さんによる、ノーロード投信の薦めも参考になりました。

>MAT.Nさんへ

僕が参加しているmixiでも、インデックス投資関連のコミュニティは少ないし、活発という感じでもないようです。
まあ、のんびり長期投資の方々が多いと思われるので、日々の情報に対してもガツガツしていないと言うこともできると思います。

投資専門SNSなんてあるんですね。
知りませんでした。
よろしければ、お教えいただけないでしょうか?

>KGOさんへ

過去の実績をデータで確認することは、非常に大切なことだと思います。
KGOさんはしっかりされていますね!(^^)

「追加投資なし」でインデックスファンドをバイ&ホールドするだけで、必ず、年率6~7%の複利で増えていくかのように書いてある投資本も多いですから。

>新幹線さんへ

ザイ6月号には、個人的にも感動しております。
マネー誌の巻頭大特集に(小特集ではないですよ)、海外ETF・インデックスファンドが来るなんて!
世の中も変わったものです。

日経マネー見ました!

日経マネー見ました。
ダイヤモンドZAIに比べるとスペースは少なかったですが、シンプルにまとめられていていい感じでした。
水瀬さんの記事の隣には、カン・チュンドさんの記事が載ってました。

>うんぼぼさんへ

情報が早いですね!
21日発売と聞いていたのですが、もう発売されているのですね。
明日、本屋に行ってみようっと。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)