ネット証券初!楽天証券がアメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)取扱い開始

楽天証券が、アメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)の取扱いを、5月2日から開始するようです。
今回、取扱い開始になる海外ETFの概要は、以下のとおりです。

DIAMONDS Trust Series1(DIA)
(ダウ工業株30種平均連動(米国株式)・信託報酬 年率0.18%)
SPDR Trsut Series1(SPY)
(S&P500指数連動(米国株式)・信託報酬 年率0.0945%)

DIAMONDSやSPDRは、米国においてETFの走りであり、ワールドクラスの超メジャーETFと言っていいと思います。
楽天証券は、スタンダードなETFを揃えてきたなという感じです。

S&P500に連動する海外ETFとしては、楽天証券には既にiShares S&P 500 Index Fund(IVV)があり、SPDRは資産クラスが重複します。
運用コストは、iShares S&P 500 Index Fund(IVV)のほうが0.09%と少しだけ安いです。
ただし、分配方針や内部コストなど詳細情報を、まだ調べてないので、どちらがよいかは、まだ何とも申し上げられません。

DIAMONDSは、ダウ工業株30種平均に連動する海外ETFで、ネット証券では新顔です。
現代ポートフォリオ理論によると、「最も効率的なポートフォリオは市場そのものだ」ということであります。そう考えると、ダウ工業株30種平均は、30社にしか分散されておらず、インデックス投資家としては、分散が足らないかもしれません。

しかしながら、皆さまご存知のように、ダウ工業株30種平均に含まれる企業は、マイクロソフト、ボーイング、ウォルト・ディズニー・カンパニー、ゼネラル・エレクトリック、IBM、コカ・コーラ、エクソン・モービル、P&Gなど、世界一流のスーパーカンパニーのみですので、優良大型株に投資したいかたには、ぴったりだと思います。

プレスリリースによると、楽天証券では、半年前の2006年10月と比較し、現在では海外ETFの購買顧客数が約8倍、売買代金は約12倍となっているそうです。
海外ETF、着実に伸びてきているようです。

なお、一部報道で、楽天証券が4月中にアメリカン証券取引所上場海外ETFのセクターインデックスを取り扱い開始するという情報(参考記事)がありましたが、どうやら誤報だったのかもしれませんね。

いずれにしても、海外ETFの選択肢が増えるのは、個人投資家にとって、よいことだと思います。
購入時の初期費用として、売買手数料(1000株まで31.5$)や、為替手数料(25銭/$)がかかるものの、運用コストが激安なので、長期保有を前提としたインデックス投資家のかたにとって、楽天証券の海外ETFは、必須ビークルと言っていいのではないでしょうか。

P.S
5/2(水)~7/31(火)まで、楽天証券の海外ETF、ADR、米国株式、中国株式の購入者を対象に毎月抽選で100名に、楽天証券ポイント3000ポイントをプレゼントする、「AMEX(アメリカン証券取引所)上場ETF取扱記念!外国株式ポイントバックキャンペーン」実施中だそうです。

この期間中に、バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドからの乗り換えを、一気に進めようかなぁ…(^^ゞ


<ご参考>上記のネット証券は、以下から口座開設できます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事


  



コメント

次は欧州ですかね

S&P500に連動する投信としては、SPYは現地でIVVより遥かに人気があるようですね。売買量を考えたら前者の方が有利でしょうか。

EAFEがある段階で世界分散投資は可能になっていますが、次は野村證券や日興コーディアル証券あたりで取り扱われている、ダウジョーンズ・ユーロストック50やMSCIヨーロッパETFでも出してくるんでしょうか。出たら是非買いたいと思いますが。

取扱量上昇の要因には、当然ここを含む様々なブログや、雑誌での紹介があると思います。

トラックバックありがとうございます!
楽天さん、どんどん、来ますね~。
SPYとIVVの比較....やらないといけないですね(笑)。

やっぱり楽天かな・・・

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。

このサイトを、ここ数ヶ月、ほぼ毎日読んでいたせいか、
「海外ETFを購入して国際分散投資に本格デビューするぞ!!」
と意気込みはじめたものの、二の足を踏んでいます。

今までずっと(といっても5年ほど)
N村証券で投資をしてきました。
「ほっと割り」のおかげで、日本株式なら
約定代金20万円以下なら手数料はタダとか、
ミニ株の購入なら手数料は完全にタダとか、
意外と使い勝手がよくてお気に入りです。
でも外国株式の手数料はあまりに高い。。。。

楽天証券で購入すれば、コストはかなり抑えられるのですが、
「外国株は特定口座に入れられない」というのが
確定申告に慣れていないサラリーマン投資家として気がかり。
(ちなみにN村は入れられるとのこと。間違ってたらすみません)

というような感じで、
N村か楽天のどちらで購入するか決めかねてました。

ですが、次々とサービスを打ち出してくるのを見ていると
水瀬さんの言う通り、楽天が海外ETFの窓口として
やっぱり最適なんだろうなぁという気がしてきました。

楽天で口座開設するかな。。。


P.S.
そうは言ったものの、水瀬さんをはじめ皆さまは、
外国株が特定口座に入れられないことについて
どのようなご意見お持ちでしょうか??
 ①どうせ一度購入したらストロングホールド→利益は確定しない
   →確定申告は必要ない→特定口座のメリットない
 ②一般口座での確定申告は慣れっこです
 ③そんなこと気にしたことなかった
 ④その他









もう楽天に開設するしかないのかなあ

こんばんは。もう楽天証券の独走態勢ですね。
とにかく楽天証券のETFに関する意気込みが感じられますね。他の証券会社は追随する気はないのでしょうか?もうマルも楽天にいくしかないのでしょうか?

分配方針に違いが・・・

海外証券説明書をザクッと読んだだけですが、分配方針に違いがありました。

SPY・・・四半期に1回分配
IVV・・・最低年1回分配

単純に考えると、IVVの方が有利なのかなと思いました。
でも、規模が圧倒的にSPYの方が大きいし、悩むところです。

楽天証券には、海外債券に連動するETFの希望を出しました。
期待しています!

特定口座のSPDR

たぬちゃんさん

>楽天証券で購入すれば、コストはかなり抑えられるのですが、
>「外国株は特定口座に入れられない」というのが
>確定申告に慣れていないサラリーマン投資家として気がかり。
>(ちなみにN村は入れられるとのこと。間違ってたらすみません)

ほんとだ、野村の口座を見たら、SPDRが特定口座にちゃんと入っていました。これだと、確定申告がいらなくてらくちんなのですね。(^^)

またまた海外ETFが追加になるとは驚きました。ここまでくると、日本を含まないヨーロッパのETFへの要望が益々強くなります。

SPYとIVV

流動性に関してはSPYが勝りますが、もともと長期保有志向ですし
売るにしても、その時はマーケットが活況に沸いていることでしょうから流動性には問題ないと個人的には思っています。
配当再投資は利益の源泉となると、ものの本に書いてありましたので
分配回数の少ないと思われるIVVに投資しようかと思います。

TBありがとうございました。

TBありがとうございました。
インデックス投資を志向する個人投資家にとって選択肢がドンドン増えることは本当に喜ばしいことですね。
環境が劇的に急激に変化しつつあるように感じます。

分配回数は関係無いのかも?

アメリカでは四半期配当を出す会社があるので、それをSPYは小出しに、IVVはまとめて出しているだけのような気がします。
ETFは基本的に現物と対応する株式なので、分配金を出さないでファンド内で再投資することはできないと思います。

つまり、IVV,SPYどちらでも年間にもらう分配金、それに対する税金は一緒になると思います。

ドルだけで世界分散投資ってどうなんだろう

楽天取扱ETFで世界分散投資を考えていたので、今回の朗報に喜んでいます。が、これらのETF全て「ドル建て」なんですよね。海外資産がすべてドルベースになることにためらっています。EAFEなど投資対象地域が世界分散されていれば購入通貨はあまり気にしなくてよいのでしょうか…まだ勉強不足のためわかりません。通貨も分散するとなればやはり日興でETF Europeを購入したほうがいいのかとも思っています(こちらはユーロ建です)。rennyさんはどう思われますか?

分配回数の違いが信託報酬に反映?

なおきさんのおっしゃるとおり、ETFである以上、
分配回数が少ないからと言って「再投資による複利効果」はないと思います。
ただ、分配回数が多いとそれだけ事務処理コストが掛かると思われますので、
それが信託報酬の違い(0.0045%)になっているのかなと、
これは私の全くのあてずっぽうの想像なのですが。

emmyさんからの御指名ですので

emmyさん:
「EAFEなど投資対象地域が世界分散されていれば購入通貨はあまり気にしなくてよいのでしょうか…」ということですが、ボク自身は全く気にしていません。ご質問のポイントと合致しているのか分かりませんが、日本の外国株式が投資対象の円建ての投信も(為替ヘッジ無しコース)であれば、為替リスクを取っていることになります。ですから、長期保有の観点からは、投信がUS$建てに偏ってもあまり問題では無い、というのがボクの理解です。

水瀬さんはいかがでしょうか?

事務費用は信託報酬に含まれない

レイさん
分配に関する費用や税金、監査費用などは信託報酬とは別にファンドが負担することになっているはずです。
また日本では信託銀行の保管費用は信託報酬に含まれますが、外国では「保管費用」として別枠になっていることが多いようです。
(そのあたりは英語を読める人に確認して欲しい)

また、ETFの株式取得は「現物株(バスケット)とETF証券の交換」によって行われ、ファンド内でどんなに保有キャッシュが増えても直接株式を買い付けることはないので、ファンド内での再投資による複利効果はありません。

でも保有株の配当金を受け取ってから分配するまでの期間はファンド内でキャッシュとして保有している間にMMF程度の利息が発生しているはずで、その間は米ドルの比較的高い金利で利息がつきます。
楽天証券だと分配金は円で支払われるので、今のように米ドルと円の金利差が大きいと分配が少ない方が有利といえるかもしれませんね。

これは・・・

 [東京 26日 ロイター] 大手英銀バークレイズ<BARC.L>の資産運用子会社、バー
クレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は、外国籍の指数連動型上場投資信託
(ETF)14本を日本に追加投入する。
既に金融庁への届け出を完了しており、証券会社を通じて国内の投資家に提供する。
 BGIはETF運用で世界トップ。今回の追加投入により、BGIが日本で提供するETF
「iシェアーズ」シリーズは合計で26本になる。
海外のETFの品揃えを大幅に拡大することで、日本の投資家にグローバル市場へ
投資する「廉価で簡便」なしくみを提供するのが狙い。
 新規投入の対象になるのは、中国、ブラジル、南アフリカなど新興国市場型が6本、
先進市場型が1本、高配当型が3本、債券型が3本、オルタナティブが1本。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000428-reu-bus_all

MSCI EUROPEについて

いつも楽しく読んでいます。
1、ヨーロッパの株は、PER13倍程度のところが
 多く、アメリカのPER17倍、日本のPER22倍
 に比べてバリュエーションに優れます。
 ただし、ヨーロッパは小国が多く、戦争が多いので、
 投資に、二の足を踏む方も多いと思います。
2、水瀬さんは、いかがお考えですか。
 (野村證券でMSCIヨーロッパの取り扱いがないのが
 残念です)
 細かい質問して申し訳ないです。以上

はじめまして。

以前より拝見させて頂いております。
いつも的確な記事とコメントを書かれていて、心服しております。客観データと主観的意見が混然としていて、微妙に山っ気がある所がツボです…

SPYとIVVの違いはかなり気になります。他力本願で恐縮ですが、比較検討の記事をいつか書いて頂けることを期待しております。個人的に、日本ETFの話ではありますが、下記の記事を思い出しました。

【TOPIX連動型ETF配当の怪】
http://allabout.co.jp/finance/assetmanagement/closeup/CU20050831A/index.htm

大口の機関/個人投資家による煽りを受けない為には、母数の大きいSPYの方が有利? いや、それは長期保有の視点から考えれば誤差レベル?? 逆に、若干でもブレがある(かもしれない)IVVの方が、「ちょっと投資心をくすぐる」買い方ができる???? いやだから、そういうショート的運用の(消極的)否定が効率的市場理論なんだし、やっぱSPYじゃね?????

自分で書いててよくわからなくなりました。というか、記事自体古いものだし、そもそもアメリカETFで上記リンクのような事が起きているのかも把握してませんし…。宜しければご高察をお伺いできれば、と。

>emmyさん
水瀬さんのご意見は「マイアセットアロケーションを肴に語る」シリーズで書かれてますが…。ご存知でしたらすみません。自分も円建てはかなり少なくなっております。私も、私なりに無理矢理納得してます(笑

>新幹線さんへ

欧州ETFは、希望者(と実際の要望)が多いと思われます。
実現の可能性は、けっこうあるのではないかと思います。

>NightWalkerさんへ

比較記事、拝見しました。
とても参考になる力作ですね!!

後ろでコメントをいただいたかたに、ご紹介させていただきました。

>たぬちゅんさん、あづささんへ

僕は③です。
野村だと海外ETFを特定口座に入れられるとのことですが、その特定口座では、米国と日本で二重課税される分配金は、確定申告しなくても取り戻せるのでしょうか??

>マルさんへ

追随したくてもできないのだと思います。
楽天証券では、米国株式のいち銘柄として、NYSEやAMEXの海外ETFを販売しています。米国株式自体が、ほとんどのネット証券で取り扱われていません。
唯一、追随できる可能性があるのが、米国株式の取扱いがあるイートレード証券ですが、今のところ動きはないようです。

あと、ご存知だとは思いますが、中国やインドのETFは、マネックスや松井証券など、いろいろなネット証券で、既に取り扱われています。

>エッジさんへ

さっそくの分析ありがとうございました。
分配方針に違いがあるんですね。

>fundstoryさんへ

たしかに。
証券会社への要望は、ブログ記事やコメントなどに書くだけでなく、実際に証券会社に直接要望を出すとよいと思います。

>hikoさんへ

信託報酬1%を切れば優良という日本の投資信託と比べて、海外ETFは0.1%以下の戦いです。
うれしい悩みじゃないですか(^^)

>rennyさんへ

たしかに、変わってきましたような気もします。
パイオニアは楽天証券でしたね。

>なおきさんへ

ナイス問題提起です!
あとでアルビレオさんが同意見で解説してくれています。

>emmyさん、rennyさんへ

過去に、まったく同じご質問を、何度かお受けしています。
以下の記事をご参照ください。
直感的には、つい間違えやすいところですよね(^^)

2007/03/11 ドル建てファンドは円建てファンドより為替リスクが高い?
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-435.html

2007/03/09 楽天証券が待望の海外ETF、「iShares MSCI EAFE Index Fund」と「iShares
MSCI Emerging Markets Index Fund」の取り扱い開始。これは「快挙」です!
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-434.html
※特にコメント文のやりとりにご注目ください

>レイさんへ

日本の投資信託を見ても、分配方針と信託報酬は、あまり関係ないような…?

>アルビレオ師匠へ

毎度のことながら、正確な解説に頭が下がります。
ありがとうございました!

>hikoさんへ

ますます楽しみですね。

>mkuriba4649さんへ

そうですね、としか答えられません。
申し訳ありません。

>たいちさんへ

はじめまして、たいちさん。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

相互リンク先の、nightwalkerさんのブログで、IVVとSPYの比較記事がさっそくアップされているので、ご紹介させていただきます。
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2007/04/etfspyivv_c952.html

TOPIXの記事についてですが、個人的には、ETFの判断基準にするほどのことではないと思います。過去から未来まで、世界中で常に有効な、裁定チャンスではないと思います。
インデックス商品の判断基準の基本は、一にコスト、二にコスト。三四がなくて、五に継続性だと思います。

早速のご回答有難うございました

NightWalkerさんも言及されてるんですね。大変参考になります。SPY良いですね…。

また、リンク記事についてのご意見も有難うございます。おかげでスッキリしました。一月効果の実効性を考慮しないのと同様に…という御判断だと認識致しました。同感です。

今後も記事を楽しみにさせて頂きます。コメントはそんなにしないと思いますが(どうしても質問したくなっちゃうので…)。
くれぐれもお体にはご自愛下さい。青物横丁のランダム・ウォーカーより。

「iシェアーズ」14本を日本に追加投入

ご存知かと思いますが、「iシェアーズ」で有名な大手英銀バークレイズの資産運用子会社、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は、外国籍の指数連動型上場投資信託(ETF)14本を日本に追加投入するというニュースがロイターで配信されていました。

>たいちさんへ

記事内容についてのコメントは、大歓迎ですよ(^^)

>エルさんへ

今日、hikoさんからコメントをいただき、知りました。
債券ETFについての言及がありましたね。
これが、楽天証券で追加販売されるのか、はたまた、証券取引所に上場されるのか、楽しみです!

30という数

>ダウ工業株30種平均は、30社にしか分散されておらず、インデックス>投資家としては、分散が足らないかもしれません。

なぜアメリカでは30種という少ない数のみで構成された指数がいまでも一般的に汎用されているのでしょうかねえ。
やや不思議です。
長年の歴史があり、定着してるからでしょう。
(電子計算機が普及していなかった頃は、あまりにも多くの銘柄を入れた指数を頻繁にたたき出すことができなかったというような背景でもあるのでしょうか)

バークレイズが外国籍ETF14本を日本に追加投入

バークレイズからiシェアーズシリーズETFが提供されますね。中国、ブラジルなどの新興国市場向けもあるので、今後、ますます海外ETFの選択肢が増えますね。選ぶのに迷います(^_^;)

>世界のREITさんへ

個人的には、株価指数自体は、幅広いものから限定的なものまで、いろいろなものがあってよいと思っています。
株価指数の用途は、景気の把握や過去との比較など、僕たちインデックス投資家の投資商品のためだけにあるわけではありませんから。

>ちはさんへ

とても楽しみですね。
ただ…その情報を書きこんでいただいたかたは、この記事のコメント欄の中だけでも、ちはさんで既に3人目です。
ほんの少しだけ、過去の情報にも、目を向けていただけると嬉しいです(^^;

確定申告

>その特定口座では、米国と日本で二重課税される分配金は、
>確定申告しなくても取り戻せるのでしょうか??

すみません。分かりません _| ̄|○

というわけで調べてみました。
野村證券からもらった「税金の本」には、
「外国税額控除の適用を受けるには確定申告が必要です」との記載があるので、
特定口座でも、二重課税を取り戻すためには確定申告は必要となりそうです。

間違っていたらごめんなさい。

>たぬちゅんさんへ

お調べいただき、ありがとうございました(^^)
ちょっと面倒ですが、やはり確定申告の外国税額控除は必要そうですね。

楽天証券、海外ETF 6銘柄を5月14日より追加

またまた、楽天証券が海外ETFを追加するそうです。これで、米国ETF銘柄数は12銘柄になります。

>ちはさんへ

楽天証券さん、すごいですよね!(^^)

外国税額控除

>「外国税額控除の適用を受けるには確定申告が必要です」との記載があるので、特定口座でも、二重課税を取り戻すためには確定申告は必要となりそうです。

まず、特定口座は譲渡益課税に対する簡素化のシステムであって、配当には関係ないものなので、特定口座と外国税額控除は全然関係ないと思います。

次に、外国税額控除をするには、確定申告をして、配当所得は総合課税になるので、高所得者は総合課税されることによって、2重課税により控除される税額控除額よりも、総合課税により増加する所得による所得税額(住民税)の増加の方が大きくて申告により損するかもしれません。これは、国内株の配当控除でも同じ事ですが。



申告所得

課税所得が330万円以上の場合、税率が20%になります。配当所特の場合10%ですので、申告し総合課税にすれば損するケースもあります。また市民税にも係って来るはずです。
それよりも、税を払えるように、がんがん儲けたいです

>Dr.CFPさん・takumiさんへ

なるほど。勉強になります。
教えていただきありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券でダイヤモンズとスパイダーズが追加

水瀬さんのブログ「ネット証券初!楽天証券がアメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)取扱い開始」でも取り上げられていましたが、5/2(水)よりまたまた楽天証券で米国ETFが追加になるようです。追加になるのはメジ

楽天証券が海外ETF取扱を拡充その2

今回は、「楽天証券が海外ETF取扱を拡充その2」について書いていこうと思います。梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんからのトラックバックで知ったのですが、(相変わらず、アンテナが高く、関心させられます。)

楽天証券 アメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)取扱い開始

梅屋敷商店街のランダムウォーカー・水瀬さんが逸早く記事にされていますが、楽天証券がアメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)の取扱いを、5月2日から開始すると発表されました!プレスリリース今回、楽天証券で

またもや楽天証券で海外ETFが追加に!

 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーで水瀬ケンイチさんが既に記事しているが、またもや楽天証券で海外ETFが追加になるようだ。いつも水瀬ケンイチさんはニュースが早い。 今回追加になる海外ETFはアメリカン証券取引

楽天証券が海外ETFの取扱をさらに拡充するようです。

水瀬さんが早速トラックバックを下さったのですが、楽天証券が米国ETFの代表銘柄の一つSPYの取扱を開始するようです。ネット証券初!楽天証券がアメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)取扱い開始 by 水瀬ケンイチさん楽天証券の海外ETFへの取組は、他社を完全に圧倒

楽天証券が海外ETFのダイヤモンズとスパイダーを販売開始

海外ETFの積極的拡充を進めている楽天証券が、アメリカン証券取引所に上場している海外ETFのダイヤモンズ(ダウ30連動)とスパイダー(S&P500連動)を5月2日から販売開始すると発表した(楽天証券)。

ANA x Virgin Atlantic

おはようございます、嶋田です。楽天証券でSPDR 500(SPY)の取引きが可能になりますね。SPYはアメリカン証券取引所で最もtrading volumeの多いETFです。つまり最も流動性が高く良い商品と言えるでしょう。とうとうAMEX上場ETF

iShares S&amp;P 500 Index Fund (IVV)

乙が最近購入したアメリカ株の ETF です。Expense Ratio は、0.09% と非常に低いです。 名前の通り、S&amp;P 500 に連動しますから、SPY と同じようなものです。 ブログの中でも、SPY と IVV を比較するものが見かけられます。 http://nightwalker.cocolog-nifty.com/mon

楽天証券で米国ETF

少し前に楽天証券から米国株式>米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ\'>お...

IVVとSPYの比較 ― どちらのETFを買うべき?

IVV と SPY は、どちらも米国の株式市場のインデックスに連動する ETF だ。国際分散投資のアセット・アロケーションについて語られる際には必ずと...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)