バークレイズ・グローバル・インベスターズ、外国籍ETF14本を日本に追加投入

ロイターの報道によると、海外ETFのiSharesシリーズの運用会社である、バークレイズ・グローバル・インベスターズが、新たな海外ETF14本の金融庁への届出を完了しているそうです。

このニュースには、皆さんかなりご関心があるようで、同じ情報を、複数のかたがたがコメント欄に寄せてくれました。
知りたいかたが、まだ他にもいらっしゃるかもしれないと思い、少々遅くなりましたが、記事にしてみます。

【ロイター 2007/04/26より引用】
バークレイズ・グローバル・インベスターズ、外国籍ETF14本を日本に追加投入
 [東京 26日 ロイター] 大手英銀バークレイズの資産運用子会社、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は、外国籍の指数連動型上場投資信託(ETF)14本を日本に追加投入する。既に金融庁への届け出を完了しており、証券会社を通じて国内の投資家に提供する。
 BGIはETF運用で世界トップ。今回の追加投入により、BGIが日本で提供するETF「iシェアーズ」シリーズは合計で26本になる。
海外のETFの品揃えを大幅に拡大することで、日本の投資家にグローバル市場へ投資する「廉価で簡便」なしくみを提供するのが狙い。
 新規投入の対象になるのは、中国、ブラジル、南アフリカなど新興国市場型が6本、先進市場型が1本、高配当型が3本、債券型が3本、オルタナティブが1本。
【引用終わり】

『グローバル市場へ投資する「廉価で簡便」なしくみ』、いい響きですね~(^^)

これらの海外ETFが、一時期喧伝されていた東証・大証への上場(参考記事)のためのものなのか、それとも、楽天証券など既存証券会社での取り扱い拡大のためのものなのか。
それは、出てみるまでわかりません。

どちらの形で出るにしても、個人的には、債券型の海外ETFに期待しています。

現在、僕は、外国債券クラスのインデックス商品を、バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド(マネックス証券)というバランスファンドで代用しています。
なので、外国債券、特に、長期債の海外ETFがほしいです(参考記事)。

これは僕の勝手な予想ですが、記事にある「3本」という債券型ETFの数を見ると、もしかしたら、

iShares Lehman 1-3 Year Treasury Bond (SHY・短期の債券)
iShares Lehman 7-10 Year Treasury (IEF・中期の債券)
iShares Lehman 20+ Year Treas Bond (TLT・長期の債券)

ではないかと、勝手に予想しています。これら3本は、債券ETFの先駆けでしたから。


債券クラスは、金利動向を見ながらアクティブに売買すべきで、インデックス商品の長期保有は向かない、というご意見もあろうかと思います。
それはそのとおりだと思います。
でも、僕のように、ほったらかしにしたいのであれば、「廉価で簡便」な債券ETFも、悪くない投資手法だと思っています。
現地通貨ベースで元本が確保される個別外国債券と、うまく使い分けていきたいです。

TLT、お待ちしておりますよ~!(^^)
関連記事


  





コメント

ゼロクーポン債やボンドセレクトとの棲み分け

債券ETF。海外債券インデックスファンドの信託報酬は確かにまだ0.5%を割るところまで来ていませんから、期待したいところです。

しかし取り扱われるとなると、ゼロクーポン債や外貨MMF、ボンドセレクト(野村で取り扱われる外国籍投信)との間でいかにうまく使い分けるかという、新たな悩みが出てきますね(簡潔にいうならば、長期と短期の使い分け)。とはいえこれは良い方向の悩みだと思いますので、行うのであれば早期に何らかの形で詳細発表をしてほしいところです。

私も金利動向によって債券の償還期間を選ぶ戦略を聞いたことがあります。
http://www.diehards.org/forum/viewtopic.php?t=1785
「ウォール街があなたに知られたくないこと」の著者ラリー・スウェドロー氏が薦める方法です。インフレに対応でき株との相関が低い短期の債券が基本、ただし償還期間を1年延ばすことで利回りが0.2%上昇する場合は、長めのほうを選ぶ、というものです。

アメリカ国債の利回りはここ30年の間にめまぐるしく変わってきました。
http://fixedincome.fidelity.com/fi/FIHistoricalYield?refpr=obrfi14
(Playをクリック。)最近は短期債券が有利という解釈を私はしています。もっとも、私はあまり考えずに、手間のかからない10年債を選びました。

アメリカ債券ETFは、アメリカの投資家にはメリットがないのに、日本では比較優位、というこっけいな商品となるかもしれません。
http://yoroku.blogspot.com/2007/04/etf_27.html

海外ETFの話題は株式から債券へ移りつつあるようですね。
ところで、株式同様に債券もインデックスファンドのbuy&holdが有効だと思っておりました。確かに金利動向で短期債が良い場合と長期債が良い場合があるは分かるのですが、先の金利動向を読むのはそれほど簡単なのでしょうか?私個人は金利動向は読めそうにないので、水瀬さんの長期債ETFのbuy&hold戦略は悪くないと思いました。

>新幹線さんへ

僕としては、長期と短期の使い分けというより、
・主にインカムゲイン目的の個別外国債券(リタイア後の生活費捻出用)
・主にキャピタルゲイン目的の債券ETF or 債券インデックスファンド(リタイアまでの資産形成用)
という観点で考えています。

ところで、冒頭の「債券MMF」は「債券ETF」では?(^^;;

>与六さんへ

う~ん…。

>アメリカ債券ETFは、アメリカの投資家にはメリットがない

こう断言される理由が、与六さんのブログ記事を拝見しても、どうも僕には理解できておりません。

まずはじめに、与六さんは、リターンの低さを問題視されて、債券クラス自体を否定されています。
それなら、債券ETFどころか、生債券にも投資すべきではないということになってしまいます。

また、リターンとリスクは表裏一体であり、リスクとの兼ね合いを考慮しなくては片手落ちです。
絶対的リターンは株式クラスにかなわなくても、そこそこのリターンを、そこそこのリスクで取れる債券クラスの商品には、存在価値があると思います。

次に、債券ETFには社債が含まれているから、株式と相関が高いというお話ですが、理屈がちょっと大雑把すぎませんか。
債券ETFと株式の相関係数、および、債券と株式の相関係数の間に、どの程度の違いがあるというのでしょうか。手元に数字がないのですが、たいした違いはないような気がします。

最後に、債券ETFの流動性を、債券インデックスファンドと比較して、問題視されていますが、それなら、生債券は、ETFやインデックスファンドよりも、更に流動性が低く、最悪ということになってしまいます。

であるにもかかわらず、最終的に与六さんは10年債を購入されておられます。
つまり、債券ETFをあの手この手で否定しようとされるあまり、自己矛盾を起こしてしまっているようにお見受けします。

債券ETFにも、債券インデックスファンドにも、生債券にも、それぞれ一長一短あるものの、それぞれ存在価値はあり、投資家の置かれた環境によって、使い分ければよいと思うのです。

>fundstoryさんへ

金利動向は、読める人には読めるのかもしれませんが(僕には無理)、債券の売却価格の計算は、利率、発行価額、残存期間、手数料などが絡み、ちょっと複雑です。(現在、勉強中です)
とても、損得を考慮したアクティブ売買などできそうにない、というのが個人的な心境です。
やっぱり、ほったらかしがいいです…(^^ゞ

既存証券会社での取り扱い拡大では?

>これらの海外ETFが、一時期喧伝されていた東証・
>大証への上場のためのものなのか、それとも、
>楽天証券など既存証券会社での取り扱い拡大のためのものなのか。

私の勝手な予想ですと、
後者(既存え証券会社での取り扱い拡大)ではないかと思っています。
以下にその理由を示します。

昨年の冬ごろにも、銘柄は2ヶと少ないものの、今回と同じように、
BGIによる海外ETF取り扱いの発表があったそうです。
---excite ニュース06/11/01より引用-----------
上場投資信託(ETF)の世界的なリーダーであり、グローバルな資産運用会社である、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は、本日、海外市場のETFである「iシェアーズ(R) MSCIインディア」および「iシェアーズ(R) MSCIイースタン・ヨーロッパ」を其々、日本の証券会社により販売される外国投資信託および外国投資法人としての届出を金融庁へ行ったことを発表しました。
http://www.excite.co.jp/News/release/JCN35494.html
---------引用終了---------

昨年の夏に「ホンネの資産運用セミナー」さんが
野村證券で購入できる海外ETFは
11種類であると紹介をされています。
http://fund.jugem.jp/?eid=145

先日わたしも野村證券に、
取り扱い海外ETFについて問い合わせてみたところ、
14種類に増えていました。(2007/3/28現在)
増えていた3件は、
・iシェアーズMSCIインディア
  (ティッカー:INDIA SP :シンガポール証券取引所)
・iシェアーズMSCIイースタンヨーロッパ
   (ティッカー:IEER IM :ミラノ証券取引所)
・iシェアーズBSE SENSEXインディアトラッカー
   (ティッカー:2836 HK :香港証券取引所)
との事で、
3種類のうち2種類はexciteニュースに記載されていたものでした。

以上を勘案すると、
BGIが得意とするビジネスは、
東証・大証への上場ではなく、
証券会社への取次ぎ業務なのかなと思っています。
 (iシェアーズ日経225は
  危うく上場廃止になるくらいだし・・
  http://www.ishares.co.jp/nikkei225_0609.pdf

いずれにしても、あくまで私の予想でしかないのですが・・・・

債券の売却価格の計算式が存在するということは、皆がその式で売却価格を計算するということで、より効率的な市場になるという気がします。そういう中でアクティブ運用によってより多くの利益を上げるのは、やはり今後の金利動向をどう読むのかにかかっているのだと思います。株式に比べると金利の天井や底が予想しやすいこともあると思いますが、やはり先のことを予想するのは難しい、債券もインデックス運用、buy&holdがそれなりに有効だという気がします。

水瀬さん、

なかなか分かりにくい書き方をしているのかもしれません。自省。それにもかかわらず細かく反論してもらえたこと、うれしく思っています!

債券のリターンの低さを問題視などしていません。債券を否定もしていません。ハイリターンを債券で狙うのは有利でないとは申しましたが、この文が誤解を招いたのでしょうか。

債券ETFをあの手この手で否定しようとしたわけでもないのです。数ヶ月前までは買うつもりだったから、一生懸命検討を重ねた経緯を説明したかったのです。しかしこの点で悪意を感じられたなら申し訳ないです。

社債の株との相関の高さについてはデータがあります。歴史的には国債よりも0.1ポイント弱相関係数が高くなっています。この差が最近は0.2近くに開いてきました。(これを大きな差ととらえるかたいしたことないととらえるかは、投資家それぞれの判断だということは理解しております。歴史データが将来に必ずしも当てはまらないことも承知しております。)
http://www.efmoody.com/investments/correlation.html (4、5番目の図;1987年までのデータ)
http://www.diehards.org/forum/viewtopic.php?t=474&highlight=corporate+bond+correlation (真ん中あたりのExcelの図;1990年から2004年まで)

長くなってすみませんでした。もしよければ、またぜひご意見をお聞かせください。これからも記事、楽しみにしています。

与六

債券

与六さん

債券ETFはあるべきだと思いますよ。

まず、債券を直接安く買うことができるから、必要ないということを書かれていますが、問題なのは買うときではなく、売るときだからです。
債券の売買単位は、5000千万円・1億といった巨額になります。それに満たないものは、売買単位以下なので、株で言えば端株。
証券会社に買い取ってもらうしかないですから、当然市場価格では売れず、それ相応の手数料が必要だと思います。巨額の資金をお持ちなら全然心配いりませんが。
その点、債券ETFは取引単位で上場証券ですから市場価格で売れるので、心配いりません。


fundstoryさん

>私個人は金利動向は読めそうにないので、水瀬さんの長期債ETFのbuy&hold戦略は悪くないと思いました。

長期債券は、金利はもちろん高いですが、金利の上昇時には債券自体の元本の価格が下がって行き、金利の下降時には上がっていきます。また、その変化の度合いは償還までの期間が長いほど大きな変化になります。
反対に短期のものは金利は少ないですが、償還までの期間が短いほど金利上昇による悪影響は少なく、MMFなどの短期債券物では金利上昇局面でも順調に基準価格は上がっていきます。

株は景気がよくなると、上がっていきます。
それに伴い、金利も上がっていきます。(この時に買っていいのは短期債券)、やがて、景気が悪くなると、金利もピークとなり景気回復のために下がってきます。(ピークから後は長期債券)。このして、景気が一巡すると、また元に戻るという循環を繰り返しています。

ですからそれぞれの景気局面で利用できる短期、長期のETFが提供されるのはいいことだと思いますよ。

金利上昇局面で長期債券をもつのは、グローバルソブリンなどの毎月分配型に投資するのと一緒で、金利は受け取れるけど、気づいたら元本割れしていたというのと大差ないと思います。

そうなら、金利上昇局面では長期債券も買わないけど、短期も買わずに株にだけ投資すればいいと考える人もいるかもしれませんが、いつ世界恐慌が起きて株は暴落するかわかりませんのでそれも危険です。

私は債券クラスは株のようにアクティブに利益を求めて投資する物ではなく、株のボラティリティに対する緩衝材として利用する物だと思います。

Dr.CFP さん
>私は債券クラスは株のようにアクティブに利益を求めて投資する物ではなく、株のボラティリティに対する緩衝材として利用する物だと思います。

私もこの考え方に賛成です。金利上昇局面で長期債を持つのは確かに問題ではありますが、株の緩衝材と考えるなら、長期債ETF(インデックスファンド)をbuy&holdで十分かなと思います。景気は循環するので、仮に金利が上昇して長期債価格が下がったとしても、いずれ景気の後退に伴って金利も低下して長期債価格も上昇するでしょうから。
すみません、何度も同じような内容のコメントで。債券はアクティブにという意見をお持ちの方がいらっしゃるとの内容があって、私には意外に感じたもので。

マネックス資産設計ファンド

こんにちは。
水瀬さんとしては、マネックス資産設計ファンドより、セゾン投信の
方が良いとお考えなのでしょうか。
その理由は信託手数料だけでしょうか?
マネックスの方がREITがある分、資産運用の面で古来より土地に
対する投資は続けられたことを考えると有利のような気がするのですが。
問題は手数料だけと考えてよろしいのでしょうか。

>たぬちゅんさんへ

詳細な予想ありがとうございます。
普通に考えれば、今までの延長上で、大手証券や楽天証券での海外ETFが追加になるというのが、無理がない考えだと僕も思います。
実際、どうなるかを楽しみに待ちましょう!

>fundstoryさん・Dr.CFPさんへ

自分は他の人よりも金利の転換点を正確に当てることができると思うか、思わないか。
結局、そこに行きつくような気がします。
この議論は、株式のインデックス投資vsアクティブ投資の「神学論争」に近いものがあると思います。
四半世紀経っても、堂々めぐりの無限ループです。
結論として、どちらかが正しいとか、間違っているとか、そういうものではなく、各個人の考え方次第ということになるかと思います。
(僕個人としては、fundstoryさんのお考えに近いです)

>与六さんへ

まずはじめに申し上げたいのは、僕はまったく悪意は感じておりませんよ~ということです(^^ゞ
有意義な「議論」ができればいいなと思っております。

債券クラスを否定していないとのこと。
なるほど。その部分については、僕の認識間違いでした。申し訳ありません。

でも、そこをスルーしたとしても、やはり疑問が残ります。
僕が問題視しているのは、与六さんがデータを提示してくれた、債券と株式、社債と株式の相関係数の違いではなく、債券ETFと株式、債券と株式の相関係数の間に、どの程度の違いがあるか、です。

おそらくデータはないと思いますが、債券ETFへの社債の組み込み率が半分を超えているとかいう状況でなければ、僕は大差ないと思います。
少なくとも、「債券ETFはメリットがない」と断言するほどの、差ではないと思います。

与六さんが購入された生債券にも、生債券なりのデメリットもあるのではないでしょうか。
他の方からご指摘されているように、売却価格が分かりづらいことや、流動性が低いということなど。
これを捉えて、「生債券はメリットがない」と誰かに言われてはかなわないでしょう。

繰り返しになりますが、債券ETFにも、債券インデックスファンドにも、生債券にも、それぞれ一長一短あるものの、それぞれ存在価値はあり、各投資家の置かれた環境によって、使い分ければよいと思います。



細かい話に話題が集中しすぎましたが、全体を振り返って考えてみると、今回、議論になっているポイントは、意外にシンプルではないかという気がしてきました。

与六さんご自身が債券ETFを選択しなかったというご判断(もちろん、これが間違っているなどとは申しません。人それぞれでいいのですから)を、「アメリカの投資家にとってメリットがない」と、一般化して書かれているので、人によっては違和感を感じるのではないかと思います。
「自分としては債券ETFにメリットを感じなかった」と書かれていれば、誰も食いつかなかったのではないでしょうか(^^)

>インデックスさんへ

どちらも、とても良いファンドだと思います。
もちろんコストは非常に大事ですが、二つのファンドのアセットアロケーションが違う以上、どちらをよいと考えるかは、その人のアセットアロケーションに対する考え方次第だと思います。
ちなみに、僕個人としては、どちらのアセットアロケーションもピッタリこないので、インデックス商品を自分で組み合わせて投資しています。

余談ですが、次回からは、なるべく記事内容に関連したコメントをお願いしますね(^^ゞ

fundstoryさん

>金利上昇局面で長期債を持つのは確かに問題ではありますが、株の緩衝材と考えるなら、長期債ETF(インデックスファンド)をbuy&holdで十分かなと思います。

そうですね。生債券だと、償還日が決まっているので金利が下がってくる前に償還日を迎えてしまえば下がったまま償還を迎えるわけですが、ファンドの場合は、投資の効率性はされおき、超長期的に見ればいつかはまた上がってきますからね。ただ、価格は戻ってきてもインフレによる実質価値の低下は免れないように思います。


水瀬さん

>自分は他の人よりも金利の転換点を正確に当てることができると思うか、思わないか。

株は予想して先回りの投資するものだと思っていますが、債券は当局が景気を判断をしておこなう金利政策に影響されるものであって、株のように急に暴落騰するものではないですから、先回り予想で投資するのではなく金利政策に追随すれば十分だと思います。

>Dr.CFPさんへ

> 先回り予想で投資するのではなく金利政策に追随すれば十分

なるほど。
債券投資には、そういう考え方もあるのですね。
償還までの持ち切り戦略中心なら、きっとそうなのでしょうね。
勉強になります。

既発債券のアクティブ売買戦略をとる人(僕はやりませんが)は、金利動向予測にちょっと気を使いそうですね。
長期金利は、政策金利動向に敏感に反応し、債券価格もそれに反応して騰落するでしょうから(もちろん、債券クラスのボラティリティの範囲内程度ですが)。

債券ETF望む

1、海外株、海外債券はETFで、
 分散投資するのが良いと
 思っています。
 ただ、野村證券で買えるETFが
 少ないのが残念です。
 (債券ETF及び、バンガードのバリューETF
 が買えるようになると良いと考えます)
2、最近、日本の個別株で、かなり含み損を
 抱えており、水瀬さんの「薫り高い」お話も
 上の空になっています。残念。以上
 

Dr.CFPさん
>価格は戻ってきてもインフレによる実質価値の低下は免れないように思います。

なるほど、言われてみればそういう見方も必要ですね。過去の歴史を見ればデフレよりインフレの可能性の方が高いですから。長期ならなおさらですね。

水瀬さん
>自分は他の人よりも金利の転換点を正確に当てることができると思うか、思わないか。
>結局、そこに行きつくような気がします。

やはりそうなんですよね。私もそこが確認したい点でした。
Dr.CFPさんがインフレの問題を指摘されたように、他にも考慮した方がよい点がたくさんあるのだと思います。そういう点を認識した上で出す結論と、認識しないで出す結論では、同じ内容の結論でも大きな差があると思います。今のところ私個人は先の金利動向はそう読めるものではないと感じていますが、今回指摘されたことを参考にして、もっと勉強する必要があるなあと感じたしだいです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)が、新たに14本の海外ETF を日本に投入します

こんにちは、インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。(もうゴールデンウィークの予定は決まりましたか?)消費者のニーズ を捉えて「品揃え」の充実を図り、機会利益 を最大にしようと考える

"Asset Management 1.0" あるいは "A.M. 1.00"

昨日、ブログ「敗者と勝者のゲーム」のチャールズ・エルさんが海外ETFの商品がさらに充実するという情報をフィードしてくださいました。バークレイズ・グローバル・インベスターズが海外ETF12本を日本に投入 この情報を受けて、「インデックス投資の伝道師」カン・チュン

バークレイズ・グローバル・インベスターズ、外国籍ETFを追加投入

ETFのiシェアーズシリーズを運用するバークレイズ・グローバル・インベスターズが新たに外国籍ETF14本を日本に追加投入するとのことだ(ロイター)。

バークレイズ!忘れたとは言わさねーぞ!!

インデックス投資コミュニティで好評なニュースとして取り上げているバークレイズの

楽天証券で海外ETF7本追加

嶋田です。本日の日経新聞で「海外のETF7銘柄追加」の見出しがありました。やはり先陣は楽天証券。先日バークレーズ・グローバル・インベスターズの動きの報道がありましたが、それに即座に反応する楽天証券の対応には敬

債券の ETF

与六さんの主張 http://yoroku.blogspot.com/2007/04/etf_27.html では、債券の ETF はアメリカ在住者には不要だということです。 水瀬けんいちさんの主張 http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-470.html では、むしろ、債券型の ETF に期待しているということ

バークレイズ 新たに14本のETFを提供開始

平成19年6月20日 バークレイズが以下の14本のETFの金融庁への届出を完了。そのうち、日本の証券会社でも買えるようになるでしょう。バークレイズがんばってるな。 ・iシェアーズS&P GSCI コモディティ・インデックス・トラスト(GSG) ・iシェアー

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)