「思考停止」から抜け出したい!(その1) 人として進歩したい

インデックス投資は、「思考停止型」の投資法だと言われています。

「そんな失礼なこと言う奴は誰だ!」
とお怒りになる投資家のかたがいらっしゃるかもしれませんが、他ならぬ、インデックス投資の発案者であるバートン・マルキール氏が自ら、「ウォール街のランダム・ウォーカー」の中でそう言っているのだから、仕方がありません。

それくらい、インデックス投資は何も考える必要がなく、簡単かつシンプルな投資法です。
世界中のインデックスファンドをバイ&ホールド。これだけです。

極論すれば、インデックス投資家は、経済のこと、経営のこと、会計のこと、市場のことなど、何も知らなくても、投資ができてしまいます。
しかも、現代ポートフォリオ理論に裏打ちされたその実力は、相当なものであり、アクティブファンドの8割を打ち負かす実績をあげています。
僕自身も、このインデックス投資を好んで実践しています。

しかし最近、いつまでも「思考停止」しているだけでは、人として進歩がないような気がしてきました。

幅広い知識を知ったうえで、「あえて思考停止でいる」のと、何も知らないので、「思考停止でいるしかない」のとでは、投資家としての懐の深さに、大きな違いがあると思います。

また、僕は常々、インデックス投資家の仕事は、「売りたくなった時に我慢すること」だと考えています(参考記事)。
もし幅広い知識があれば、予想外の市場動向に対して、より、動揺しないで済むかもしれません。

更に、最近では、ブログにおいて、インデックス投資家のかただけでなくバリュー投資家のかたともリンクをさせていただきはじめています。
もっと幅広い知識がないと、話題についていけない(盛り上がらない)のではないかと、勝手に危機感をいだいております。

そんなわけで、「思考停止」から抜け出したいとの思いが、わいてきました。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

水瀬ケンイチさんのブログを読んでいると、思考停止のみじんも感じませんけどぉ…(笑)
でも、おっしゃることは良く分かります。過去にさわかみ投信の勉強会を主催した時に強く感じたのが、「さわかみ投信を買うこと、持つこと」だけが目的になって思考投資されている方もいらっしゃいましたからね。(悪いと言う意味ではありません)彼ら彼女らにとってそれ以外は二の次なんです。ただ単純に定期購入するだけ。(これも良い手段ですし、悪くは無い)
結果として長期投資を実践されていることには変わりませんが、途中のプロセスは磨いておくにこしたことは無いと思っています。

思考停止せしむる叡智

インデックス(≒パッシブ)運用は基本的に「自分は馬鹿だ」という認識に立脚している…

アクティブ運用は、追随する「より馬鹿」が居ることをを前提として、自分より馬鹿な奴が株を買う事により利益を確保し、自分より馬鹿な奴が株を売る事により損失を回避する。四六時中そんな事を考えているファンドマネージャーすら勝てない市場平均に対して、どうして一般ピーポーである我々が勝てようか。馬鹿な我々は市場に対する投資(=インデックス投資)を行うべきである。


インデックス(≒パッシブ)運用は基本的に「自分は賢い」という認識に立脚している…

ファンダメンタル/テクニカル分析によって運用するも、結局市場平均を勝ち越せない大多数の愚かな投資家がいることで、現代ポートフォリオ理論の根幹を成す効率的市場仮説は、その地位を確保できている。賢い我々はインデックス運用を行うべきである。



私の認識はこんな感じです。
「馬鹿であると自覚している賢い自分は、インデックス運用を行う」
…逆説的ですが。


市場の歴史が説明することには、
「売りたい(買いたい)時に売る(買う)ことで、人は失敗し続けてきた」(らしい)

ならば、その欲求に抗う事こそが、最大の知恵の振り絞りどころではないでしょうか。インデックス投資の真骨頂は、「思考停止」ではなく、「思考の末の『行動停止』」だと認識しております。

株式投資の対象が事実上母国の株式市場に限られていた時代はともかく、海外投資が容易になった現在では「どの国・地域にどれくらい投資するか」という資産配分の問題がありますから、「思考停止型」のインデックス投資はもはや存在しないと思うのですが、実際のところはどうなんでしょう?

ブログを紹介して頂き、ありがとうございます。

インデックス投資が思考停止だとは思いませんが、アセアロを決めて投資対象を決定してしまうと、普段はそれほどすることもないように思うので、暇つぶしにアクティブ投資も面白いのではないかと思います。

インデックス投資もバリュー投資も過去の統計データに基づく投資法であると言う点で、素性の似ている投資法であると言えます。

個人的にはRussell/Nomura日本株インデックスのバリュー指数に連動するETFがあれば良いのになぁ・・・、と思考停止したがっていますけど(笑)

雑感

 今年に入って、ようやく、我々インデックス投資家の投資環境に明るい日差しが指してきましたね。

 さて、この度の水瀬さんのエントリーを読んで、以下のように思った次第です。
 「投資とて極まるとその『真理の探求(学問)』に向かうのだろう。」、と。

 人間の思考は、前頭前葉と大脳辺縁系との間での「揺らぎ」に支配されているそうです。
 すなわち、ヒトは前者で合理性を追求し後者で動機付けや欲を形成しながら意思決定しているそうです。
 おそらくは我々の投資行動もその範疇で説明することができるのでしょう。

 また、文明は、その時代の最先端の講学上の理論を類推したり仮託したりして発展、発達しているそうです。
 おそらくは我々の投資行動もその範疇で説明することができるのでしょう。

 私は、我々インデックス投資家が「思考停止」と揶揄される裏では日々それを正当化すべく「思考」し続ける作業が営まれているものと、そうありたいという願いも込めて、信じていまして、この度の水瀬さんのような思考は、ヒトとして正常かつ真摯な振る舞いなのだろうと思うのです。

 極めて稚拙な雑感でした。

資産配分

空色さんの「どの国・地域にどれくらい投資するか」という問題に対しては、「時価総額に比例して投資すべし」という答が与えられているので、安心して思考停止できます。
橘玲「臆病者のための株入門」の受け売りですけれど。

むしろ、リスク資産(株)と非リスク資産(債券)の資産配分という自分なりの原則を決める部分で、思考と決断が必要なように思います。

時価総額に応じて全世界に分散投資するインデックス投信があれば・・

>nqさん
御説明ありがとうございます。
なるほど、そういう答えが与えられているなら、安心して思考停止できますね。


そうすると、リスク資産(株)に限って言えば、インデックス投資家のPFは基本的に同じということですね(株式PFの一部をアクティブ投資に振り向けている方もいるようですが、そこは無視するということで)。

また、その答えが正しいなら、時価総額に応じて全世界に分散投資する株式インデックス投信と債券インデックス投信が一つずつあれば、それを買えばいいだけなのでラクチンですよね。株式と債券が別々の投信になっていれば、リスク資産と非リスク資産の配分を自分の好みで決められますし。そんなインデックス投信はないのでしょうか。素人っぽい質問ですいません・・

>ゆうちゃんパパさんへ

まさにそのとおり!
結果は同じでも、途中のプロセスを磨いておきたいんです。
さすが、ゆうちゃんパパさんは、表現が上手いですね。

>たいちさんへ

たいちさんの仰る「思考停止せしむる叡智」「思考の末の行動停止」と、僕が記事(その2)で書いた「スゴイ思考停止」は、もしかしたら、近しいものなのではないかと思います。
違いますかね?(^^ゞ

>空色さんへ

nqさんがお答えいただいたように、インデックス投資において、最も効率的な国別の投資比率は、世界の時価総額比率(=市場の縮小コピー)であるという結論が出ています。

同じように、株式クラス(リスク資産)と債券クラス(リスクフリー資産)の比率についても、最も効率的なただ一点(最適解)が計算によって導けます。
ただし、一般的には、リスク資産の割合は、個人のリスク許容度によって、必ずしも最適解でなくてもよいと言われています。

ちなみに僕は、最適解よりも、リスクもリターンもかなり高い比率にしています。
僕のポートフォリオのリスク&リターンと、最適解のリスク&リターンは、以下の記事のグラフを見れば一発で分かります。
(赤いひし形が僕のポートフォリオで、黒い点が最適解です)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-402.html

なお、株式クラスにおいて、MSCIワールドインデックスという指標に連動するのが、空色さんの希望するインデックスファンドになるかと思います。
しかし、僕が知る限り、日本ではそういうインデックスファンドは出ていません。
仕方がないので、皆さん、TOPIX(日本)連動インデックスファンド+MSCI KOKUSAI(日本以外)連動インデックスファンドという組み合わせで対応しているようです。
余談ですが、話題の海外ETFでは、S&P500(米国)連動海外ETF+MSCI EAFE(米国以外)連動海外ETFという組み合わせが可能です。

債券クラスについても、同様で、1本で全世界へ投資するインデックスファンドは日本では出ていません。こちらも、組み合わせになるのでしょうね。

>AKIさんへ

ジェレミー・シーゲルは、インデックス投資を中心に据えつつ、更なるパフォーマンス向上を狙って、資産の一部で「高配当戦略」「セクター戦略」「バリュー戦略」を提唱しています。
AKIさんの仰る、Russell/Nomura日本株インデックスのバリュー指数に連動するETFがあれば、僕もぜひ、バリューインデックス投資を検討したいと思います。

>びのちゃんさんへ

いいえ、むちゃくちゃ高尚な雑感だと思います!(^^)
インデックス投資は暇すぎて、他にもいろいろ知りたくなってしまうんでしょうね。

>nqさんへ

空色さんのご質問へのご回答、ありがとうございました!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)