「思考停止」から抜け出したい!(その3) 必要に迫られた人たちのやり方

水瀬ケンイチ

前回の記事、「思考停止」から抜け出したい!(その1)(その2)の続きです。

ひとことで、「インデックス投資以外のファイナンス」と言っても、いろいろありますが、どの辺から手をつけたのか?

インデックス投資の根幹をなす、現代ポートフォリオ理論は、最も効率的なポートフォリオは市場の縮小コピーであると教えています。つまり、世界中のインデックスファンドを買え、ということです。

そうすると、いくら個別企業を研究しても無駄、ということになります。
だから、小難しいファイナンスの本の冒頭で、「企業価値とは何か?」なんて出てくると、僕のようなインデックス投資家は、反射的に、「あ、無駄。インデックスファンドでも買って寝ようっと…」で終わってしまいがちです。

でも、個人投資家としてやっていく分には、それでいいんじゃないかと個人的には思っていました。
少々不謹慎ではあるものの、僕たち個人投資家は、学者ではありませんから、企業価値を数式的にどう説明するかなんてことより、いかに楽ちんに儲けられるかどうかの方がよっぽど重要、というわけです。

ただ、一方で、世の中には、どうしても企業価値の算定をしなければいけないという局面も、あることはあるんだろうなぁと気にはなっていました。

例えば、ビジネスの世界です。
先進的技術の確保や、ライバル社の取り込みなど、ビジネス上の必要性から、ある企業を買収したいという局面はあると思います。
経営者が、「よし、あの企業を買収しろ!」という時に、社員として、「社長~、株価はランダムです。インデックスファンドにしておきましょう」なんて言う奴はいないと思います。



なんらかの方法で、対象企業に値付けをして、適正株価を算出し、買収できるかどうかを検討しなければいけません。自社にとって、ビジネス上の必要性があるのですから。
そういう「必要に迫られた」人たちの、適正株価の算定方法とは、いったいどういうもんだろう??

また、折しも、一昨日の2007年5月1日から、「企業の三角合併」が解禁になりました。
今後は、日本でもM&Aが活発化するのではないかという報道が、盛んになされています。
自分の会社も、いつM&Aの対象になるかわかりません。
いちおうビジネスの世界で生きる、いちサラリーマンとしては、「株価はランダムだ」とうそぶいてばかりもいられないかもしれません。

そんな、ビジネス的観点から、企業価値評価の方法について、少しは知っておきたいと思いました。

(次回に続く)

P.S
角山さんのホームページ「パーシャル・オーナー」のショートコラム「隣の芝生は青い(2007年5月1日)」で、水瀬の記事を紹介していただきました。ありがとうございます。
隣の芝生は青い…同感です。まあ、実際に隣の投資法をやるかどうかは別にして、いろいろな方々との「共通言語」が身につくということは、とてもよいことではないかと思って勉強しております(^^ゞ
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ