「思考停止」から抜け出したい!(その4) MBAバリュエーション

前回の記事、「思考停止」から抜け出したい!(その1)(その2)(その3)の続きです。

企業価値評価のことを、「バリュエーション」というらしいです。
バリュエーションのいい本ないなか~と探していたら、その名もズバリなのがありました。


この本は、僕のような素人でも分かりやすいと思います。
なんと言っても、ハードカバーの割には文字がデカい!(笑)

基礎編と実務応用編に分かれていて、特に基礎編の、企業価値算定に必要な「三種の神器」(現在価値・ディスカウントレート・永久還元の定義式)についての説明を、まずは何度も読み返しました。

そして、企業価値算定の基本公式、

企業価値(PV)=C/(r-g)

です。Cは事業の収益力(現在のキャッシュフロー)、rはキャッシュフローの安定性、gはキャッシュフローの成長性を表し、企業価値や株価が、すべてこの3つの要因で決まるとの考えです。

当初、(r-g)って何?期待収益率?何ソレ?と思いましたが、(r-g)の逆数である1/(r-g)が、投資家におなじみの株価収益率(PER)だと教えてくれます。
ということは、(r-g)というのは、むか~し覚えた「益回り」のことじゃないですか。へぇ~。
なんて具合に、断片的だった知識と、どんどん結びついていきます。

余談ですが、上記の基本公式を知ってからから、楽天証券の山崎元氏コラム「ホンネの投資教室」の「第五十三回 株価の適正水準に関する雑考」を読むと、むちゃくちゃ理解できます。

また、言葉的にややこしかった、「時価総額」と「企業総価値」(=将来キャッシュフローの現在価値)の違いについては、「ネット・デット」の有無だと分かりました。(図がとても分かりやすいので、一部手を加えて載せておきます)
図解

どうも、企業価値の算定においては、簡単に数字がつかめる「時価総額」よりも、ネット・デットを加えた「企業総価値」のほうが有用のようです。
でも、企業の決算書には、ネット・デットという項目はないので、自分で計算するようです。
簡単な算出方法としては、「有利子負債」-「現金および現金同等物」とのこと。
ん?両方どっかで見たことある言葉だな?と思ったら、四季報なんかに出ている項目でした。これで、何のために使うのか分からなかった四季報の数字の2つが、意味を持ち始めました(^^)

今まで、ぼんやりとしか理解できていなかった基本的事項が、有機的に結びついてきて、シャキっと見えてきたような気がします。

実務応用編では、会社の値決めの具体的方法が書かれていました。

  • 類似上場会社比準方式

  • 類似した会社を選び出し、それらのPER、EBIT、EBITDA倍率を対象会社の実績数字や見通し数字に掛けて、評価額を算出する。

  • 類似取引比準方式

  • 過去に行なわれたM&A事例において、類似の被買収会社にたいしていくらの価格が支払われたかを元に、類似上場会社比準方式と同様の各種倍率を計算し、実績数字や見通し数字に掛けて、評価額を算出する。

  • ディスカウント・キャッシュフロー(DCF)方式

  • 将来5~10年の収支予想、キャッシュフロー予想を行ない、それを買収対象会社の事業リスクを勘案したディスカウントレートで現在価値に引きなおす方式。

ちょっと目をひかれたのは、数字を駆使した科学的な手法かと思いきや、「類似」「過去の事例」「将来予想」と、意外に不確定な要素によって、値決めが行なわれているんだなあというところです。
それぞれ弱点をもっているので、実務では、合わせ技の算定モデルで評価するようです。

この本を通じて、いちばん勉強になったところは、企業価値がPV=C/(r-g)で算出できるということは、欧米ビジネスマンとの「共通言語」に過ぎないということを、教えてくれたことです。

企業のディスカウントレートrや成長率gなど、数字に直しても正確ではないと分かっていても、とりあえずもっともらしい数字を置いてみて議論を進める。そして、みんながこの方法で企業価値評価をしている。

なんだか、思っていたよりも適当だなぁと思ってしまいました。
でも、様々な価値観が交錯する実世界において、ビジネス上の理由から「必要に迫られた」人たちが実務を進めるうえでは、ある種の割り切りは必要なことだと思います。
PV=C/(r-g)は、まさに、「グローバルスタンダード割り切り」と言ってもいいのではないでしょうか。
(前回記事のコメントでも、読者の皆さまより、同様の「あくまでツールに過ぎない」とのご意見を多数いただきました。ありがとうございます)

ただ、少々適当な部分があったとしても、その「共通言語」すら知らない者が、それを語る資格はありません。
しっかり学んで、その共通言語の限界を知ったうえで、使える部分をフルに使っていけばいいのではないかと思います。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

この本はボクも分かり易い良い本だと思います。

ボクもこの本は出版されてすぐに読みました。
分かり易くて非常に良い本だと思います。
それが証拠か(?)、会社の後輩に貸してあげたら行方不明になって手許には戻ってきませんでした。(笑)

理論と実践との融合

 おはようございます。

 まさか『MBAバリュエーション』が水瀬さんのブログで紹介されるとは世も末(?)いやいや(笑)素晴らしいことです。
 今回のエントリーの流れからしておそらくこのあたりが落とし処かなあといった予感がしておりました。

 諸処の理論は、日々の実践を裏づけするものであり正当化する武器となると思います。
 私の場合、個々の企業価値分析の行き着くところに世界市場の理解が存すると現在考えているんですね。
 あくまで仮説ですが(笑)。
 そのための理論収集(?)に四方八方にアンテナを張り巡らしている今日この頃ですが、この仮説が証明される日がいつになることやら。。。

 ちなみに、私の友人の中には、株式投資が高じて休職し米国にてMBA取得を果たしたものがおります。
 「投資とて極まると真理の探究に向かう。」を地で行く例ですね。

水瀬さんのブログで、本書が紹介される日が来るとは・・(笑)
私のお気に入りは、「米国の投資銀行の現場は算式よりアートな世界」というコラムです(P48~P50)。会社の値段を決める際に重要なのは結局「相場観」や「センス」で、ファイナンスはそれを第三者に説得するための言語に過ぎないんですよね(やや乱暴な表現かもしれませんが)。
また、私は本書で、どうしてファイナンス論ではボラティリティをリスクと呼ぶのか理解できた気がします。納得はできませんが(笑)

本書の解説記事をTBさせていただきました。

>rennyさんへ

rennyさんもお持ちだったのですね。
「あくまでツール」というrennyさんのスタンスと、同じことが書いてあったように思います。さすがです。
それにしても、企業価値評価のプロが読んだ本と、同じ本を読んで講釈たれたなんて、恥ずかしい限りです(^^;;

>びのちゃんさんへ

「個々の企業価値分析の行き着くところに世界市場の理解が存する」
深い、深いです。
これはまさに、“投資道”です。

>空色さんへ

トラックバックありがとうございました。
あのコラムには僕も驚きました。
きっと、現場ではああいうものなのでしょうね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

森生明「MBAバリュエーション」

MBAバリュエーション森生 明 日経BP社 2001-10売り上げランキング : 9527おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools山口揚平著「なぜか日本人が知らなかった 新しい株の本」の巻末にお薦めとして挙げられていたので読んで

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)