大半の投資家、インデックスファンドの利用が賢明=バフェット氏

水瀬ケンイチ

世界のウォーレン・バフェット氏が、大半の投資家に、インデックスファンドの利用をおすすめしているようです。

【ロイター 2007/05/07より引用】
大半の投資家、インデックスファンドの利用が賢明=バフェット氏
 [オマハ(米ネブラスカ州) 6日 ロイター] 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は6日、自分は依然として主要市場の株価指数をアウトパフォームできると考えているが、大半の投資家は低コストのインデックスファンドに投資する方が賢明だとの認識を示した。

 バフェット氏は、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの年次株主総会の翌日に開いた記者会見で「コストが非常に低いインデックスは、アマチュアが運用する資金や専門家が運用する資金の大半に勝るだろう」と語った。

 また、投資家は人気が高まっているヘッジファンドに集中すべきではないとも指摘。「グロスでのパフォーマンスはそれなりだが、手数料が利益のかなりのパーセンテージを食う」とした上で、「運用成績の良いマネジャーに多くの手数料を支払うが、成績のあまり良くない人にも多くの手数料を支払うことになる」と述べた。
【引用終わり】

集中投資で有名なバフェット氏ですが、もともと、インデックスファンドについては、「定期的にインデックス・ファンドに投資することで、何も知らない投資家は、ほとんどの投資のプロを事実上出し抜くことが可能だ」と過去の「バフェットからの手紙」の中で述べています。
今回の発言は、あらためてそれを繰り返した形です。

もちろん、バフェット氏と同じくらいの個別株選択眼をお持ちのかたであれば、集中投資が効率的だと思います。
でも、僕を含めて大半の「普通のひと」は、インデックスファンドへの投資が無難だと思います。
少なくとも、いきなり個別株投資から入るのではなく、一度はインデックスファンドへの投資を検討したうえで、アクティブファンドや個別株への投資を検討するという過程を踏んだほうがよいと、個人的には思います。



ただし、インデックスファンドなら何でもよいというわけではありません。
バフェット氏も言っているように、「コストが非常に低いインデックス」でなければ、その限りではありません。
日本のインデックスファンドは、バフェット氏が住む米国よりも、まだまだコストが高いのです。
例えば、かつて僕のメインファンドであった、「バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド」は、日本では運用コストが年率0.82%です。
(これでも、国内証券会社で買える外国株式インデックスファンドとしては最も低コストの部類に入ります)
ところが、同じファンドが、米国では運用コスト年率0.19%です。

バフェット氏が言う「コストが非常に低いインデックス」に、日本から投資したければ、今のところ、以下の「海外ETF」が最もよい選択肢になるかと思います。

iShares S&P500 Index Fund
(S&P500種指数連動(米国)・信託報酬0.09%)
iShares MSCI EAFE Index Fund
(MSCI EAFE指数連動(米国以外の先進国)・信託報酬 0.35%)
iShares MSCI Emerging Markets Index Fund
(MSCI Emerging Markets指数連動(新興諸国)・信託報酬 0.75%)

※データは楽天証券WEBサイトより。
※信託報酬とは別に、売買時には売買手数料・為替手数料がかかりますので、詳しくは証券会社のWEBサイトをご確認ください。


<ご参考>海外ETFが買えるネット証券会社は、以下から口座開設できます。
(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ