楽天証券が米国高配当株ETF、台湾ETF、韓国ETF、ブラジルETF、南アフリカETF、中国ETFを追加!

海外ETFで快進撃中の楽天証券が、またまたやってくれました。
5月14日(月)より、以下の海外ETF6銘柄を取扱開始予定とのこと。

・iShares Dow Jones Select Dividend Index(DVY)
 ダウ・ジョーンズ好配当株式指数連動(米国の高配当株)・信託報酬 年率0.40%
・iShares MSCI Taiwan Index(EWT)
 MSCI Taiwan指数連動(台湾株)・信託報酬年率0.70%
・iShares MSCI South Korea Index(EWY)
 MSCI South Korea指数連動(韓国株)・信託報酬年率0.70%
・iShares MSCI Brazil Index(EWZ)
 MSCI Brazil指数連動(ブラジル株)・信託報酬年率0.70%
・iShares MSCI South Africa Index(EZA)
 MSCI South Africa指数連動(南アフリカ株)・信託報酬年率0.70%
・iShares FTSE/Xinhua China 25 Index(FXI)
 FTSE/Xinhua China 25指数連動(中国株)・信託報酬年率0.74%

これで、海外ETFは合計17銘柄になりました(一覧はこちらから)。

今回、個人的に注目の海外ETFは、iShares Dow Jones Select Dividend Index(DVY)です。
日本でも、投資信託では、高配当株ファンドが人気ですが、信託報酬が高いものが多いです。(例えば、グローバル高配当株式ファンド(日興)の信託報酬は1.4805%)
そこへいくと、DVYは信託報酬0.4%と低コストです。

株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル著)は、インデックス投資を中心に据えつつ、更なるパフォーマンス向上を狙って、資産の一部で「高配当戦略」「セクター戦略」「バリュー戦略」を提唱しています。
「高配当戦略」は、ダウやS&P500の高利回り上位10銘柄に投資することで、インデックスを上回れる可能性があるというものです。

DVYは、Dow Jones U.S. Total Market Index の中で高配当の株式50銘柄に投資するETFです。
シーゲル博士の高配当戦略に近い効果が得られると考えられます。
ただし、DVYは米国株ばかりなので、ポートフォリオにおける米国比率の集中には注意する必要がありそうです。

あとは、iShares MSCI South Africa Index(EZA)ですね。
南アフリカ株式への単独投資は、今までなかなか手段がなかったと思うので、特にアフリカの高成長に興味があるかたには、朗報なのではないでしょうか。

いずれにしても、1%以下の運用コストで、世界中に投資できる海外ETFの銘柄拡大は、日本の個人投資家にとってうれしいことです。
楽天証券、グッジョブ!!(^^)b

<ご参考>楽天証券の口座開設は以下からできます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事


  





コメント

ぃよっしゃーっっ!!

 めでたい!!まさか本当に高配当指数連動のETFがこんなに早く買えるようになるとは!!
 正直欲しかったのはVIGでしたが、DVYでも充分高配当戦略は可能ですね。

 これで、SPY40%:DVY10%:EFAE40%:EEM10% で私の理想の構成が!!

 ・・・後は米国株高最高値連続更新中というのと、絶賛円安中なのが気になるなぁ。。。
まぁ、現在投入している海外資産を(乗り換えのために)回収する猶予がもらえていると思えばよいのですが・・・。

 ・・・かえすがえすも贅沢な悩みです(^^;

1%

本当に、すごい出来事が続いていますね……。Eトレードを除いて他社が容易に参入できない環境であり、それをフル活用しているだけに、楽天のこの姿は映えて見えます。

ここに上げたようなマイナーな国に投資する商品は日本ではまだ少なく、あったとしても信託報酬が高い投信ばかりでしたから、1%を切る水準で提供してきたことが、いかに偉大かわかります。個人的にはどこの国が発展するか予想するのは難しいので、EEM1本で済ませればいいのではないかと思ってもいますが。

しかし、「米国株取引の最低手数料引き下げ」という切り札はまだ切らないのでしょうか。同社の手数料収入のことを考えたらやむを得ないかもしれませんが、下げれば買う人もかなり増えそうな気がします。

トラックバックさせていただきました。
シーゲル先生の「D・I・V指針」を実現するために海外証券口座を作りましたが、この調子でいくと楽天証券だけで実現できてしまうかもしれませんね。

こんばんは。
楽天さん、すごいですね♪
私は、買うとしたら
iShares MSCI South Africa Index(EZA)かな♪
南アフリカは、来てますよ☆

でもランドで十分おいしい思いをしてますから
それでいいんじゃないかっていう気もしますけど(笑)

ちょうど「株式投資の未来」を読んでいたところなので、DVYには注目せざるをえません。本に書かれていたからとあまりよく考えずにすぐに飛びつくのはよくないなあとは思いつつも、「株式投資の未来」はとてもいい内容で実践したいと思ってしまいます。

>ハイマージェさんへ

タイトルから、お喜びのご様子が目に浮かびます(^^)
ポートフォリオが海外ETFだけで組めると、超低コストで運用ができますよね。

>新幹線さんへ

僕も新興国は分散が効いているEEMが魅力的と思います。

>うんぼぼさんへ

シーゲル博士の教えに従うのなら、半分は普通のインデックス商品にすることをお忘れなく(^^)

>こぎぱおさんへ

「ランドでおいしい思い」というのはFXですね。
こぎぱおさん、意外にチャレンジャーなんですよねー。

>fundstoryさんへ

僕も「株式投資の未来」は良書だと思います。
よく引用させてもらってます。
あれ?よく考えたら、書評記事を書いてないですね。
なんでだろう…??(^^ゞ

水瀬さん

またまた、楽天が海外ETFを1銘柄追加してきましたよ。

ISHARES MSCI PACIFIC EX-JAPAN INDEX/EPP
MSCI Pacific ex-Japan指数連動型

>エルさんへ

貴重な情報、ありがとうございました。
こちらでも記事をアップしました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券が海外ETF追加!

楽天証券がまたまた海外ETFの取扱銘柄を増やしました。(こちら)リンク先の皆様も続々とエントリされています。今回追加となった6銘柄の中で、投資したいのは「iShares Dow Jones Select Dividend Index(DVY)で

楽天証券 海外ETF6銘柄追加

先日より、楽天証券で海外ETFの取り扱い追加があるのではと噂されていましたが、本日正式に発表されたようです。5月14日(月)国内約定分より追加されるのは以下の6銘柄ISHARES DJ SELECT DIVIDEND INDEX(DVY)(

再び楽天証券が海外ETFを追加

 本日2007年5月10日の日本経済新聞に、楽天証券が「海外のETF7銘柄追加」するとの記事が載っていた。楽天証券のホームページによると以下の海外ETFが追加されるとのこと。iShares Dow Jones Select Dividend Index (DVY

楽天証券が 6種類の海外ETF を追加します

こんにちは、インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。楽天証券 が新たに「6種類の海外ETF」の取扱いを始めるとのこと。(5月14日より。注文受付は5月11日15時から開始の予定・・)これで楽天証券に

楽天証券、海外ETF凄すぎ!HSBCファンドもピンチ!

来週中に、マネックス証券で買っていたHSBCブラジルファンドから、楽天証券の海外ETF「iShares MSCI Brazil Index」へ乗り換える。※来週月曜日より海外ETFラインナップさらに拡充すでに、これまたマネックスのバン

海外ETFなら楽天証券!!?

もうすでに「周回遅れ」の感も強いのですが、楽天証券取扱いの海外ETF銘柄の追加のニュースについて書いておきたいと思います。「海外ETFなら楽天証券!」という特集ページで充実のラインナップはキレイに整理されています。ここまで充実のラインナップを迅速に揃えてくれた

高止まりする投信手数料

 昨日(2007/05/09)の日本経済新聞朝刊1ページの記事を引用します。 投資信託を購入した後の管理費として利用者が毎年負担する手数料(信託報酬)が高止まりしている。三月末の平均値は契約資産の一・三〇八%と四年連続で上昇。手数料が割高な新興国投信などの商品が増

楽天証券に新たな海外ETF登場 しかし・・・

すでに多くのブログで紹介されていますが、楽天証券で新たな外国ETFの取扱が開始されるようです。 参考記事 http://fund.jugem.jp/?eid=333 http://renny.jugem.jp/?eid=223 http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-478.html http://tohshi.blog61.fc2.com/blog

騰落率など(バニラコーク4号 2007/5/11)

ウィズダムツリーの存在を知って、日本のお寒い状況との差に驚いていたところだったのですが、そんな中で、楽天証券は頑張っていますね。水瀬さんのブログにもあるとおり、楽天証券は米国上場のiシェアーズ米国高配当利回りインデックスETFの発売を開始したようです。この手

[Value_Investing] 高配当戦略のリスクとリターン。

最近40年間の米国株式市場(1963年12月31日から2003年12月31日)の調査から。What Works on Wall Street, 3rd edition, pp.338-344 (ASIN:0071452257)から引用。対応するETFについては筆者が追記した。 戦略相乗平均(%/年)相加平均(%/年)シャープレシオ下方リスク最大下落(

6/5

個人がヘッジファンドになれる!   米国では、ここ数年、個人までもがヘッジファンドのような投資にのめり込んでいると言われる。産業セクターや株価指数のロング・ショート(買いと売りの組み合わせ)など、ヘッジフ

iShares Dow Jones Select Dividend Index Fund (DVY)

乙が購入したアメリカ株の ETF です。Expense Ratio は、0.40% です。 なぜ、この ETF を購入する気になったかというと、いくつかのサイトでこれをすすめる記事を見かけたからです。 http://www.stockrandomwalk.com/merumaga54.html では、「インデックスファンドやETFで

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)