大和証券が始める夜間取引で欧米のETFが

水瀬ケンイチ

大和証券が来年4月ごろから、夜間取引で、海外ETFを取り扱う計画とのこと。

【FujiSankei Business i 2007/5/18より引用】
夜間取引 大和証券12月開始 アジア株、欧米投信も視野

国内証券第2位の大和証券グループ本社の鈴木茂晴社長は東京・丸の内の大和証券SMBC本社で17日開いた個人投資家を単勝とした業績説明会で、大手証券として初めて参入する株式の夜間取引について、12月から始める方針を明らかにした。当初は日本株の売買だけだが、香港などアジア株の売買も検討。その後も、欧米のETF(上場投資信託)などの取引も来年4月ごろに追加していく計画だ。
【引用終わり】

大和証券では、もともと、既に海外ETFを取り扱っています。
でも、外国株式扱いの割高な手数料が適用になり、手が出せませんでした。
このニュースからは、大和証券の夜間取引がどのような手数料体系になるのか、まだわかりません。まして、その中で海外ETFがどのような手数料体系になるのか不明です。
でも、もし、国内株式と同等の手数料で、海外ETFが買えるなら、いい話かもしれません。

今まで、僕のようなインデックス投資家には、縁がないものと思っていた「夜間取引」ですが、海外ETFを取り扱うとなれば、動向に注目したいと思います。



それにしても、来年4月からとは、ずいぶん先の話ですね。
その頃には、あちこちの証券会社で、普通に海外ETFが買えてたりして…(^^)


<ご参考>
以下の証券会社なら今すぐ海外ETFが買えます。
(口座開設は会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ