ついに、イー・トレード証券が海外ETF取扱い予定!?

水瀬ケンイチ

読者のかたから、素晴らしい情報が寄せられました。
SBIイー・トレード証券株式会社の2007年3月期決算の決算説明資料に、海外ETFについて、「なるべく早期の取扱い開始を予定」と書かれているという情報です。
http://search.etrade.ne.jp/v2/popwin/info/home/irpress/070426_2.pdf

さっそくチェックしてみると、57ページ目にありました。
「(3)その他今後の展開 幅広い金融商品の拡充」という題名のスライドのなかで、

「グローバルな投資商品の中で、お客様からの要望が多い、海外ETFの取扱いを予定」
「なるべく早期の取扱い開始を予定」


と確かに書かれています。

ついに、ついに、イートレさんも動きだしますね!!

海外ETFについて、ネット証券では、昨年10月より楽天証券の独壇場となっていました。
ここにイートレが参入すれば、会社間の競争が発生し、海外ETFの銘柄拡大や手数料の値下げなど、更なるサービスの向上が期待できるかもしれない…そう考えて、僕はイートレに、海外ETFを取り扱ってくれるよう、要望を出していました。
ブログでも、読者の皆さんに、要望を出す呼びかけをやったりしていました。
(参考記事)
2007/1/7 イー・トレード証券で海外ETFを買いたい人、いらっしゃいませんか?
これには、多くのかたが賛同してくれ、かつ行動を起こしてくれて、とても心強く思いました。

しかしながら、その後、イートレにまったく動きが見られませんでした。
読者コメントの間でも、諦めムードもただよっていました。

それが、ここへきて、とても期待が持てる展開になってきました。



決算説明資料にも書いてあったとおり、それだけ海外ETFを待望している利用者が多かったのでしょうね。
そのひとりとして、僕もたいへんうれしく思います。

さて、気になる取扱い内容ですが、詳しい情報がないので、現時点では不明です。
個人的な予想では、米国株式のひとつとして米国上場の海外ETFを買えるようにするスキーム(楽天証券と同様)なのではないかと予想しています。
もし、このスキームなら、海外ETFの売買手数料は、税込26.25$(1000株まで)になるはずです。
これは、楽天証券の税込31.5$(1000株まで)よりも、5.25$安い売買手数料になります。売買の往復で、10.5$安くなるはずです。
投資家の海外ETF購入のハードルが、少し下がるかもしれません。
あくまで、個人的な予想ですけどね(^^ゞ

しかしながら、これを聞いて、楽天証券が黙っているかどうか。
面白くなってきました!

まあ、実際にどういう形になるのか、取扱い銘柄は何か、いつから取扱い開始になるのか、そもそも、本当に取扱いを始めるのか(あくまで「予定」ですから)など、まだまだ不確定要素がたくさんあります。
噂されている東証・大証の海外ETF取扱い動向の影響もあるでしょうし、証券会社のフトコロ事情は、株式相場の動向の影響を強く受けます。
吉報を待ちたいところです。

P.S
決算説明資料によると、他にも、ノーロードファンドの拡充(現在46本→約60本へ)、「投資信託-積立買付サービス」取扱いファンド数の拡充(現在7本→約30本へ)を検討しているようです。
いいぞ、イートレさん!(^^)

(追記)2007/5/20
NightWalkerさんのご指摘によると、ノーロードファンドについては、既に、59本に拡大されていたようです。
まったく気付きませんでした。せめてトップページに情報を出してくれればいいのに…(^^;;

<ご参考>今回取り上げたネット証券会社は以下から口座開設できます。
(会社名をクリックしてください)
・イー・トレード証券
・楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ