日経新聞に水瀬が掲載された…らしい

5月27日(日)の日経新聞朝刊に、水瀬のコメントが掲載されたらしいです。

らしいというのは、実際に自分では見ていないからです(笑)
以前取材をお受けした日経マネーの編集のかたから、日経新聞日曜版資産運用欄に、コメントが掲載される旨のご連絡をお受けしていたので、図書館で閲覧するか、コンビニかどこかで買おうと思っていました。
が、日曜日はいろいろ忙しくなってしまい、結局、買えなかったのです。残念。

読者の方々からいただいたコメントや、ホンネの資産運用セミナーさんの記事NightWalker's Investment Blogさんの記事で、掲載されたであろうことをかろうじて確認した次第です。
なので、僕のコメントがどんな文脈で紹介されていたのかは、不明です(^^ゞ

関連記事


  





コメント

日経の文脈

私はNightWalker'sさんのブログ記事でそれを知り、日曜の夕方に慌ててコンビニへ行って、問題の日経新聞を購入してきました。

水瀬さんのコメントは新聞記事にして約2行分に辺り、効率的な国際分散投資がETFを用いれば実践可能であるとして、「バランス型ファンドを買うと信託報酬が年2%位と割高になるが、自分でETFを組み合わせればずっとコストを抑えられる」という内容の部分(カン・チュンドさんのコメントといったほうが正しい)に関し、その具体事例として「過去三年間、年平均五-六%のリターンを上げ続けている」と載せられていました。

他にも、「保険の加入者数が減少する中で、共済加入者が増加している」事に関する検証記事など、見所は複数あったように感じています。

「ウォール街のランダムウォーカー」新版(第9版和訳)も昨日届きましたし、資産運用関係ではいい特集(雑誌、新聞など)や書籍が、近頃はたくさん出ている気がします。いい傾向といえると思います。

「日経テレコン21<野村版>」より閲覧可能

野村證券に口座を持っているのなら「日経テレコン21<野村版>」で記事を閲覧する事が出来ます。少し広めに引用すると以下の通り。

-----
例えば都内の個人投資家、水瀬ケンイチさん(通称)は米国株ETF、米国以外の先進国株に連動するETFなどに分散投資。「過去三年間、年平均五―六%のリターンを上げ続けている」という。
------

通称て。

他にカン・チュンドさんのコメントもありました。どちらかと言うと異文化コミュニケーションというか、物見遊山というか、ミョーな初々しさが感じらました。

あ、ホントだ。

全く気が付かなかったよ……i-202

家にその日経新聞あるからケンちゃんに送ってあげるよ。
お礼は生ビールでいいよ。

早速確認!

「早速確認」といきたいところでしたが、新聞を取っていないため
会社で確認するも、日曜版そのものがありませんでした。残念。
日経新聞に載るのはうれしいことですね。

どうも初めまして。この程投資信託系のブログを開設した「かにマジン」と申す者です。
貴ブログに関しては、ブログ立ち上げ、及び当方の投信設計に関して、大変参考にさせて頂きました。

そのわりに、なおかつお勧めの「ウォール街のランダムウォーカー」を購読中にも関わらず、エマージング投信に興じている変り種ですが、これも何かの縁と、相互リンクなどお願いできればと。

◇ エマージング投信でござる
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/

また、不躾ついでに1つ。

◇ 現状の海外ETF市場の動向
◇ ドル高円安局面

において、海外ETFの購入を暫し待つことの是非に関して、金言賜りたく。
当方としては、

○ 海外ETFの取扱い会社が増えそう ⇒ 手数料割安化!?
○ ドル高なので安くなるまで待ってみるか

など考えて、来年3月末までは購入待機、エマージングファンドで海外ETF購入資金の上積みを狙っている次第です。

>新幹線さんへ

情報ありがとうございました。
依然として記事を読めておりませんが、なんとなく文脈が分かりました。

>Mc.Nさんへ

残念ながら、野村證券に口座はありません。
でも、皆さんからいただいた情報で、大体つかめてきました。
ありがとうございました。

>W君へ

わざわざ送っていただかなくても、そのうち飲んだ時にでもよろしく。

>ゆうちゃんパパさんへ

うれしいことなのでしょうね。
記事を見てないので、実感はありませんが…(^^ゞ

>エマージング投信でござるさんへ

待つもよし、待たぬもよし、だと思います。
株価、為替、証券会社の動向など、将来の事は誰にも分かりませんので、ご自身が正しいと思う道をお進みいただければと思います。

僕個人は、自己責任で、投資タイミングについては定期購入と割り切っています。
海外ETFについては、待つことによる機会損失を避ける意味で、現在の投資環境で一番マトモと思われるものを買っています。
更によいものが出てきたら、次の購入分からそちらを買うだけです。

相互リンクの件については、リンクさせていただく際には、こちらからお願いにうかがいます。
よろしくお願いします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)