疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その2) 株式は永遠に自ら成長しようとする

前回の記事、「疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その1) 何もしていないのに儲かるのはなぜ?」の続きです。

なぜ、インデックス投資は、何もしていないのに儲かるんだろうか?
その問いに答えるには、まずインデックス投資の中心的資産クラスになる「株式」について、知ることが必要になりそうです。

しばしば、「株式とは、企業の所有権である」と説明されます。
あなたが、ある企業の株式を100%持っていれば、その企業の資産や生み出される利益は、あなたのものというわけです。
ということは、株式とは企業そのもの、と考えてよさそうです。
株式の性質を知るには、企業の性質を考えればよいと思います。

企業の性質のひとつ目は、永遠に存続しようとするものであるということだと思います。

企業は、いったん出来てしまえば、存在し続けることが求められます。
流行り廃りで、フレキシブルに作ったり潰したりできるものではありません。
少なくとも上場企業では、たとえ主力事業を変えてでも、資本構成を変えてでも、場合によっては従業員を解雇してでも、企業活動自体は継続し続ける社会的責任を負っています。

企業の性質のふたつ目は、自ら成長しようとするものであるということだと思います。

「なんだ、当たり前のことじゃないか」と思われるかもしれませんが、僕はこれが最も重要な、企業の性質だと思います。
他の投資対象、例えば、土地、債券、貴金属、農作物、石油などは、自ら変化することはありません。
すべての投資対象のなかで、企業だけが、自ら変化し得るのです。

そして、一般的には、企業は良くなる方向性を持って、変化していると思うのです。

経営者は、去年よりも今年、今年よりも来年と、更に利益を伸ばしていくことを考えるでしょう。
僕たち社員だって、できれば、お客さんや上司に怒られたくはないので、ちゃんと仕事をしなければいけないと思うでしょうし、どうせやるなら、よりうまく仕事を回していけるよう改善していきたいと考えるのが普通でしょう。
また、出世するためには、企業に利益をもたらす成果を出さなくてはいけないというインセンティブも働きます。
お客さんや取引先だって、その企業に対して、「もっと安く、早く、簡単に、質もよく!」と、常に更なる改善を要求してきます。
株主なんか、一番ストレートです。
その企業に対して、「成長しろ!利益を出せ!」と直接要求をしてきます。

こうした内部的・外部的要因から、企業は自ら成長しようとするのだと思います。

もちろん、成長しようとしてもうまくいかず、衰退してしまう企業もあるでしょう。
しかし、衰退企業にあってもなお、何とか成長しようとする方向性は、変わりません。
衰退しようという方向性で動く企業などないのであります。

企業の本質的性質をまとめると、
(1) 企業は、永遠に存続しようとする
(2) 企業は、自ら成長しようとする
ということだと思います。

前述したように、株式とは企業そのものなので、言い換えると、
(1) 株式は、永遠に存続しようとする
(2) 株式は、自ら成長しようとする
ということになります。

株式が、「永遠に」「自ら成長しようとするもの」だとすれば、僕たちが、株式をただ持って何もしないでいるだけで、儲かることがあっても、おかしくはなさそうです。

自ら成長することのない貴金属や石油では、こうはいきません。
あるのは需給による騰落だけですから、僕たちが儲けるためには、安い時に買って高い時に売るという行動を、取り続けることが必要になってくるのでしょう。
そう考えると、株式というのは、すべての投資対象の中で、バイ&ホールドに最も適した投資対象なのかもしれません。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

同意です

こんにちは。

私も同意です。
株式会社はゴーイングコンサーンすることを宿命づけられていると思います。そんな株式会社に資金提供し、自分自身も投資先企業もハッピーになれる、株式投資は素晴らしい。
もちろん、個別企業を見れば、失敗もありうるわけですが・・・。

この失敗を防ぐという観点などを考えると、インデックス投資は理にかなっていると思いますし、個人が選択可能な現実解だとも思います。

はじめまして。
ためになる分かりやすい記事、いつも楽しく読ませていただいてます。

私も債券などはゼロサムゲームで、株式投資とは本質的に違うと感じていました。全く同感です。

自ら成長しようとする企業が集まっているのが、株式市場であり、企業間の競走により、勝った企業が成長し、負けた企業が衰退していくと思います。この競走原理は市場平均をプラスにするか、マイナスにするか自明ではないと思います。
しかし、競走原理はプラスに働くと多くの方が信じており、インデックス投資は私のような「競走原理プラス派信者」のために最適な投資法だと思います。

共感

内容には共感いたしました。

株式の平均リターンが高くなるのも、「市場、すなわち企業の集まりが成長を追及し続ける」からな訳ですね。

債券と比べても、その会社の成長を直接教授できるという面で、株への投資は合理的に見えますし、それをできるだけ簡単にしようとすれば、インデックス投資が有力な選択肢になると思います。

皆の欲が、株価を押し上げる

私は世界中の人々には、生活を良くしたい、良い家に住みたい
美味しい物を食べたい、車が欲しい、等々の欲があります
その欲の実現の為、勤勉に働き、お金を貯めようと努力します
皆の欲の追求が経済を押し上げ株価上昇に成る物と思っています。

よく、資本主義の未来に悲観的な人を見かけますが、あまりに短絡的です。
Q1、平均株価が右肩上がりで無く横ばいになれば、どうするのか?
A1、「平均」である以上、個別銘柄も大半が同じように動いており、個別銘柄投資のみがリターンを上げ続けることは不可能。銘柄の90%が横ばいなのに、平均株価のみ下落する事はありえない。また、そういうときほどドルコスト平均法が威力を発揮すると思われる。ただ、今よりはリターンを出すのが難しくなるとは思われる。

Q2、だったら、やっぱり駄目な投資法では?
A2、それは、個別銘柄でも同じなのはQ1の通り。また、全世界の株価がそうなると言うことは、資本主義の限界点に達していると思われ、投資と関係なく実生活上に影響がでる恐れもある。(新たな富や、技術が生まれ無くなっていると考えられ、何れ文明の衰退に繋がる恐れが考えれる。)

Q3、株価が永遠に下がり続けたらどうするの?
A3、ETFの空売りで対処できる。というより、それこそ資本主義が衰退している証拠であり、株式投資に関係なく深刻な人類の危機に直面するだろう。現在の世界秩序が崩壊し、北斗の拳のような世界になると思われる。これは冗談ではなく、人類は太古の昔より、富の蓄積と技術革新で繁栄しており、それらはまた人口をふやし、それが富を増やし、というサイクルを繰り返している。もし、江戸時代まで技術が衰退すれば江戸時代の人口しか養う事が出来ないと考えられ、凄まじい混乱と無秩序が生まれるものと推測される。

以上の事より、インデックス投資が成り立たないと言う事が続くようであれば、資本主義の衰退を表し、更には人類の危機へと繋がるであろう。そうなれば投資とかそういうレベルで無い事については異論は無いと思う。逆に言えば、人類が滅亡しないと思うなら、インデックス投資をするべきだし、滅亡すると考えるなら、投資なんかしないでこの瞬間瞬間を楽しむべきだろう。


次回があるさ

水瀬さん
株式会社の立場はおっしゃる通りだと思います。
しかし、これはプレーヤーの話であり、一方では活躍のための場の話がかみ合わないと完結しないと思いますが、次回を期待してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

企業と人

成長しようとしてるからこそ投資ができますね。
他の商品と違い、人の成長という意志が積み重なってきているのが企業(株式)だと思います。
ただ、個別投資に大きく影響するのも人なので、そこがインデックス投資と個別投資の違いと感じています。、

ですが、成長が予想される限る企業や市場に投資をしていくと思っています。

>たけくらべさんへ

たけくらべさんのブログ記事からは、株式投資への深い畏敬の念というか、株式会社という社会システムへの揺るぎない信頼をいつも感じます。

その意味では、インデックス投資家は、貢献度が必ずしも高くない、タダ乗り野郎と言っていいと思います。
申し訳ありません…(^^ゞ

>640さんへ

はじめまして、640さん。
僕からも、「競争原理はプラス」に一票入れさせてください。

>新幹線さんへ

一番利益を享受できるのは、自分で企業を起こして収益を上げることなのでしょうが、大変ですからね。
その一番大変な部分を人任せにしているのが、株式投資とも言えると思います。
これは、そうとう合理的な儲け方だと思います。

>satosiさんへ

みんなの「欲」の存在も、資本主義がの強力なエンジンのひとつですよね。
なんたって、人の「欲」は、良くも悪くも尽きることがありませんから。

>LEOPARDさんへ

同感です。
資本主義を否定する方々は、どこで何して生きていくつもりなんでしょうね。

>もうすぐ年金世代さんへ

さて、どうでしょう。
僕は学者でも評論家でもない、単なる疲れたリーマンですから、ご期待に沿えるかどうかは、お約束できません(^^ゞ

>かえるさんへ

「成長しようとしてるから投資できる」
けだし名言ですね!
でも、企業の構成要素である僕という社員が、成長しているかどうかは…聞かないでください(笑)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)