疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その3) 株式は昔から儲かるものだった

前回の記事、
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その1) 何もしていないのに儲かるのはなぜ?」
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その2) 株式は永遠に自ら成長しようとする
の続きです。

「株式は永遠に自ら成長しようとするものである」ということを書いてきましたが、ちょっとピンと来ないというか、信じられないというかたもいらっしゃると思います。
そこで、雲をつかむような「定性的」な話だけでなく、「定量的」なデータも見てみたいと思います。

株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド」(ジェレミー・シーゲル著)という本に、過去200年間(!!)という長期間にわたる、米国の各資産クラスの実質トータルリターン(インフレ調整後のリターン)が出ています。

各資産クラスの実質トータルリターン(インフレ調整後のリターン)
(同書より引用。クリックで拡大します)
※デジカメ写真でごめんなさい。スキャナー無いんです(^^ゞ

各資産とも1802年を1$とすると、200年後の2001年には、
・米ドル 1$→0.07$
・金 1$→0.98$
・短期国債 1$→304$
・長期国債 1$→952$
・株式 1$→599,605$
になっています。

株式は、200年で、実に約59万倍にまでなっています。
しかも、インフレ調整後のデータです。
過去のデータで見ると、昔から、株式が圧倒的に有利な資産であったことが、はっきりと分かります。
ちなみに、1$を割ってしまった資産クラスは、インフレに負けてしまったんですね。
米ドルはボロボロ、金はギリギリといったところでしょうか。

「でも、米国だけのデータでしょ?」という疑り深いあなた。
同期間における、米国、英国、ドイツ、日本の株式実質利回りと債券の利回りの比較グラフをどうぞ。

各国の株式実質利回りと債券の利回りの比較
(同書より引用。クリックで拡大します)

日本だけ、若干ズレているような気がしないでもありませんが、株式については、各国とも似たような上昇傾向なのではないかと思います。

株式というのは、昔から儲かるものだったのですね。

しかしながら、よく言われるように、過去の実績がそうであったからといって、将来もそうであり続ける保証はありません。
(まあ、将来のことが分からないのは、なにも株価に限った話ではないので、当然といえば当然です。1週間後の天気、1ヵ月後の為替、1年後の政局、10年後の自分の姿…どれひとつ取っても、正確には誰にも分からないのですから)

また、そんなに儲かるはずの株式ですが、「株で儲かった」という話よりも、「株で大損した」という話のほうがよく聞くような気がするのは何故でしょう。

ここまで、株式のメリットばかり書いてきましたが、次回は、株式のデメリットについても書いてみたいと思います。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

恐らく、日本とドイツの国債は第2次世界大戦前後のハイパーインフレによるものと思われます。

貨幣はインフレによって自動的に価値が減少していきますし、金はインフレには対応するけれど、何も生み出さないのだから結果としては想定できることですね。

債券の場合は受けとれる利金額は最上でも当初規定分だけになりますし、そう考えれば株式は資本主義の発展を最大限に享受できた資産になるでしょう(実際にこれをフル享受できた人は、あまり居ないと思いますが)。

ドルで保有する米国株や米国ETFやエマージングETFなんかは
どう理解すれば良いのでしょうか?

ossanさん、

提示されている超長期の株式リターンのグラフは、円建てに焼きなおしても、その姿は大勢としてほとんど変わらない形となると思います。

それは、通常、株式の年率リターンは2通貨間の為替のリターンに比べると、圧倒的に大きいからです。

例えば、円ドルが1973年頃から変動相場制になって360円から今の120円と、劇的に円高になったように思えても、年率にするとたった-3%強なわけです。米国株は正確には把握していませんが、その間10%前後では回っていると思いますので、株式のリターンが為替の変動に圧倒的に勝ってしまうわけです。

定性的に考えても、資金を米ドルに換えて米株で長期運用して、米ドルベースでインフレに圧倒的に勝ったとして、その運用成果を円に換えたら、インフレに負けていたなんて現象は、超長期で考えたら起こりそうにありません。もし、仮にそんな現象が起こるのであれば、円に換えずにドルで必要なすべての物を買えばいいだけだからです。なので、この状況ではわざわざドルを円に換える人はいなくなり、円はその瞬間に暴落します。(モノと2通貨間の裁定関係の存在がこのような現象を非常に起こりにくくすることになります。)

上のコメントが、ossanさんの求める質問内容に合致していれば幸いです。

>LEOPARDさんへ

おそらく、そのとおりだと思います。

>新幹線さんへ

せめて、僕たちの短い人生の中では、リタイアするまでは、バイ&ホールドを基本としていたいところです。

>ossanさんへ

たいへん申し訳ありませんが、ご質問の主旨が、僕にはよく理解できておりません。
ご紹介したデータを円換算したらどうなのか?というご質問なのか(これに対しては後述のVMaxさんがご回答してくださいました)、米・英・独・日本以外の国の場合はどうなのか?というご質問なのか、指数と個別株式の違いは?というご質問なのか、あるいはそれ以外なのでしょうか。

>VMaxさんへ

フォローありがとうございます!
ossanさんの求める質問内容に、合致していてほしいです(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)