疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その4) 株式には銘柄選択とタイミングで損する危険がある

前回までのシリーズ記事、
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その1) 何もしていないのに儲かるのはなぜ?
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その2) 株式は永遠に自ら成長しようとする
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その3) 株式は昔から儲かるものだった
の続きです。

ここまで、株式のメリットばかり書いてきたので、今回は、株式のデメリットについても書きたいと思います。

株式のデメリットのひとつ目は、銘柄選択で損する危険性があることだと思います。

一般的に、企業は永遠に自ら成長しようとするものですが(前回までの記事参照)、成長したくても出来ず、低迷してしまう企業もあると思います。
なかには、道半ばで倒産してしまう企業も、出てきます。
よく言われるように、投資した企業が倒産してしまえば、その株券は紙くずになってしまいます。

しかし、紙くずになってしまう株式がある一方で、短期間のうちに、株価が何十倍、何百倍に跳ね上がっていく株式もあります。
良い株式と悪い株式の間には、ゼロか何百倍かという非常に大きなバラつきがあるようです。

では、良い銘柄を選択するには、どうしたらよいのでしょうか?

本屋に行けば、たくさんの投資本が、有望銘柄の見分け方について教えています。
業界の市場成長率を見よ、株価収益率(PER)を見よ、株主資本利益率(ROE)を見よ、売上高利益率を見よ、自己資本比率を見よ、利益成長率を見よ、出来高を見よ、チャートの形を見よ……。

なかには有効な見分け方もあるのでしょうが、常に有効な「唯一絶対の見分け方」はないのだと思います。
なぜなら、仮に、常に有効な唯一絶対の見分け方というものがあったとしたら、市場参加者全員が、その見分け方で銘柄選定するでしょう。すると、全員が同じ銘柄を買うので、あっという間に株価がつり上がり、値段が付かなくなってしまうはずだからです。

実際の市場がそうはなっていないところを見ると、有望銘柄の見分け方は、幾通りもある(あるいはひとつもない)、もしくは、時期によって変わるものであると考えるのが自然です。
いわゆる「株式投資がうまい人」は、複数の有望銘柄の見分け方を、場合によってうまく使い分けられる人なのかもしれません。
うらやましい限りです。


株式のデメリットのふたつ目は、買うタイミングで損する危険性があることだと思います。

せっかく良い株式を選択しても、買うタイミングが悪いと、なかなか利益が出せません。
時々、株価は理屈では考えられないようなすっ高値に、一時的に跳ね上がってしまうことがあります。
最近は落ち着いてきたようですが、一時期は、新興市場のIPO銘柄で、PERが100倍を超えるものが続出していました。
そんな時に株式を買ってしまうと、後々まで、精神衛生上、非常に良くない期間が続いてしまうことになりかねません。

すっ高値までいかなくても、ある銘柄が、今この瞬間に、買い時なのか否かを判断するのは、とても難しいことだと思います。

このように、株式には、

(1) 銘柄選択で損する危険性がある
(2) 買うタイミングで損する危険性がある

という悩ましいデメリットがあると思います。
特に、(1)の銘柄選択については、銘柄によって、ゼロになるか何百倍になるかという、非常に大きなバラつきがあるだけに、悩ましさ120%です。
どうやら、株式も良いことばかりではなさそうです。

では、僕たちはいったいどうすればよいのでしょうか。
運を天に任せて、株式投資するしかないのでしょうか。
次回は、株式本来の性質を活かして、できるだけメリットを殺さずに、なんとかデメリットを減らす方法について、書いてみたいと思います。

(次回に続く)
関連記事


  



コメント

インデックスのドルコスト法

だと思いますが、ドルコスト平均法に一工夫
が必要だと思います、私も考えていますが
例えば、株の場合チャートを参考にし月ずきの
買い入れを一定の範囲でルールに従い変化さすとか
ただいま考え中です。

デメリットの追加?

>(1) 銘柄選択で損する危険性がある

インデックス投資の場合、銘柄選択しなくて良いのですが、逆に自分が投資したくない会社にも投資する良心の呵責がチョピットだけありますね。例えば、TOPIXを買えばサラ金も入っている。否応無しに・・・。

消滅の危険と億万長者への道

確かに、個別銘柄は、消滅の危険があるんですよねぇ。

あれは、忘れもしない、1998年。

"長銀がこんなに安いなんて、信じられない。銀行は、
 政府がつぶさないハズだ。”

と言って、ウン百万円を投入した人がいたが、数ヶ月後、
長銀は国有化され、株券は紙くずになった...
これは、投資じゃなくて投機(投棄とも言えるかも)の
部類に入りますが、判断を間違えると、ゼロになる
(信用取引きだとマイナスになる)可能性があるので、
恐ろしいです。

逆に、外資ベンチャーの会社で、自社株を購入し、その株
が会社の成長に伴い、スプリットを繰り返し(倍々で増え)、
あれよあれよという間に、億万長者になった、という人も
知っています。

以上、私が知っている、" リスク " の実例でした。


ちなみに、投資の成否と、学校の成績の良否は...
関係なさそうです :)

>satosiさんへ

残念ながら、ドルコスト平均法は、株式のデメリットを減少させるまでの効果はないと思っています。
記事(その5)を書いたので、ご参照ください。

なお、僕はドルコスト平均法をアレンジした、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」というのをやっておりますが、これの目的はリターンの向上やリスクの低減ではなく、インデックス投資の退屈対策です。
(参考記事)http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-43.html

>Werder Bremenさんへ

株式そのもののデメリットというより、インデックス投資のデメリットですね。
いわゆる“フリーライド問題”で、これに対しては、「ごめんなさい」と言うしかありませんね(^^;;

>ひろんさんへ

消滅の危機。恐ろしいです。
僕は小心者なので、個別銘柄のリスクにはついていけません。

インデックスに一工夫ということでは、リバランスの要素を強くするバリューアベレージ戦略が個人的にはお奨めです。

インデックス中に気に入らない銘柄があり、それがアンダーパフォームするようなら「インデックス買い、個別売り」という戦略はありえます。インデックスを1000万円くらい買わないと個人ではなかなか難しいですが・・

ところが往々にして「悪徳ファンド(SRIなどの反対、ギャンブルやタバコ関連に投資するファンドの俗称)」がオーバーパフォームするのが悩ましいところかと。
参考サイト
http://www.daiwair.co.jp/topics-old.cgi?filename=20031107&num=198

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)