疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その5) 株式本来の性質にのっとった投資法

前回までのシリーズ記事、
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その1) 何もしていないのに儲かるのはなぜ?
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その2) 株式は永遠に自ら成長しようとする
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その3) 株式は昔から儲かるものだった
疲れたリーマンが考える株式本来の性質(その4) 株式には銘柄選択とタイミングで損する危険がある
の続きです。今回が最後です。

ここで、株式本来の性質について、今まで書いてきたことをまとめます。

<株式本来の良い性質>
(1) 株式は、永遠に存続しようとする
(2) 株式は、自ら成長しようとする
※加えて、過去のデータも、株式はずっと右肩上がりに成長してきたことを示している。

<株式本来の悩ましい性質>
(3) 株式は、銘柄選択で損する危険性がある
(4) 株式は、買うタイミングで損する危険性がある

以上のことから、できるだけ危険を避け、株式のメリットだけを享受する方法について、大胆に、考えてみたいと思います。

(1) 株式は、永遠に存続しようとする
(2) 株式は、自ら成長しようとする
それなら放置!!(バイ&ホールド戦略)

(3) 株式は、銘柄選択で損する危険性がある
それなら銘柄選択しない!!(インデックスファンド・ETF)

(4) 株式は、買うタイミングで損する危険性がある
これには妙案なし…(消去法的にドルコスト平均法)

要するに、「インデックスファンド・ETFをバイ&ホールド」という戦略です。

上記(1)(2)について、少々説明したいと思います。
他の資産クラスと違って、株式だけは、自ら永遠に成長しようとする性質があります。
この株式本来の性質をフルに活かせば、貴金属や石油のように細かく売買しなくても済むのも、道理だと思います。これは楽ちんです。
また、後述しますが、売買のタイミングはとても難しいです。
売買回数が増えると、その分、失敗の可能性も高まってしまいかねません。
株式においては、楽ちんで、かつ、失敗の可能性を減らすという二重の意味で、バイ&ホールド戦略が良いと思うのです。

上記(3)について。
銘柄選択は難しいです。
しかも、ゼロになるか何百倍になるかというように、当たり外れのバラつきがあまりにも大きい。
そこで、発想を転換して、全部まとめて買ってしまえという考えがあります。
株式指数(インデックス)に連動する、インデックスファンドやETFを買うという戦略です。

そうすると、もちろん良い企業だけでなく、悪い企業も、倒産企業も含まれてしまいます。
しかしながら、株式においては、上記(1)(2)の性質から、すべての企業を平均すればプラスマイナス0ではなく、若干でもプラスになる方向性が期待できます。

※銘柄選択を百発百中で当てられるかた、いや、なにも百発百中ではなくても、平均より0.1%でも高い確率で当てられるかたは、インデックスファンドなど買う必要はありません。自信を持って、個別株投資をすべきだと思います。

上記(4)について。
こればかりは、妙案が思いつきません。ごめんなさい。
僕のようなリーマンは、毎月の給与から細々と投資するしかないので、消去法的に、毎月購入のドルコスト平均法になってしまいます。
でも、ドルコスト平均法には、平均購入単価をならせる効果はありますが、将来の株価の動きによっては、有利にも不利にもなります。過信は禁物です。

これまで、株式について、できるだけ危険を避け、メリットだけを享受する方法について、書いてきました。
結論は、いつもの「インデックスファンド・ETFをバイ&ホールド」です。

最後に、本シリーズその1で自問した、「なぜ、インデックス投資は、何もしていないのに儲かるんだろうか?」という疑問について、自分なりの答えを出してみたいと思います。
その答えは、

株式本来の性質にのっとった投資法だから。

(おわり)


P.S
本シリーズ記事は、いち個人投資家の個人的な考え方に過ぎません。
株式の理解には様々な解釈があり、本シリーズ記事にも、極論、間違い等あろうかと思います。
あくまで参考意見として、受け流していただければ幸いです。
五回にわたって、長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
関連記事


  





コメント

ドルコスト平均法の前提

検証記事作成ご苦労様でした。債券などと比べてはるかに平均値が大きい株式のリターンを享受するには、何があっても売買しない精神力と、それを気にしない考え方が必要だと感じさせられています。

所で、株式市場が「短期では大きく上下動しつつも、長期的には発展し続ける」という確信があるからこそ、「価格変動を平均化する効果がある」ドルコスト平均法には意味があると思うのですが…。まあ、実際の経済的効果はともかくとして、忍耐力を身につけるに大きな精神的効果があることは事実だと思います。

個別株への投資であれば、山一のそれを事例に上げるまでもなく、積立投資が破滅を導くこともあると思いますが、私は発展し続けるであろう「世界市場」への投資だからこそ、ドルコスト法(積立投資)を活用して行きたいと考えています。

私も、企業は利益を上げるために活動するなど、断片的にいくつかの株式の性質を意識しているつもりですが、これだけきちんと整理してまとめられるとはさすがです。
今回の5回シリーズを読んだ人なら皆、株式投資をするでしょうね。でも、実際に株式投資(投資信託での投資も含む)をしてみると、大きく下落することもあって、それに耐える忍耐力も必要になると感じています。自分の考える理論、理屈を信じて諦めない。口で言うのは簡単ですが、実際にはいつも不安に思いながら続けていく毎日です。

個別20銘柄戦略

個別銘柄は消滅の危険がありますが、

 無作為に抽出した個別20銘柄は、インデックスに追随する

ことについての言及が無かったようなので、以下、簡単に。

15銘柄以上同時に保持していれば、その運用成績は、ほぼ
インデックスに追随するという研究結果があるようです。

個別銘柄は、確かに消滅の危険がありますが、分散させる
(複数の銘柄を持つ)ことにより、リスクを減らせること
ができます。20銘柄保持していた場合、1銘柄が消滅して
も影響は、5%で済みます。銘柄は、テキトーに選んだとし
ても可。

以下、私が思う、個別20銘柄投資のメリット、デメリット
です。

メリット
* 運用コスト(信託報酬)が不要
 コストは、購入する時の手数料だけです。

デメリット
* 銘柄が多ければ多くなるほど、管理が面倒。
* まとまった金額が必要になる。

私が、個別20銘柄投資から、インデックスにシフトしたのは、
個別20銘柄投資だと自分のポートフォリオのかなりの部分が
日本株式が占めることになってしまったからです。

私が、日本人としてというよりも、一人の投資家として、今後
の日本は、投資に値するかどうか?と考えたとき、自分のポート
フォリオから、日本株式の割合を減らそうと思い、実行しました。

理由は、一言で言うと、

 日本の成長のシナリオが見えないから

です。成長のシナリオが見えない国に、自分のポートフォリオの
かなりの部分を貼付けておくのは、どうなのよ、という思いです。

ですが、外国の個別企業への投資は... 普通の勤め人にとっては、
ハードルが高い、と思う。よく知らない国のよく知らない会社に
投資するのは... ちょっとした勇気が必要です。

なので、今後は、国際株式インデックス投信、及び ETF をメイン
に据えていこうと思っています。

20◎○年投資の旅

 おはようございます。

 この度の水瀬特集も大変本当に勉強になりました。
私の投資に対するイメージの整理に非常に役に立つものでした。
やはり、「(株式)投資とは何ぞや?」という壮大なテーマに真正面から挑まれましたね。

 そもそも何故私が壮大だと思うのか?ですが、決して茶化して述べたわけではなく、それは、世界中の投資家や経済学者が束になってかかっても、投資の定番は、結局、存在しないからです。
そんな物事の真理を毎回探究しようという姿勢を示される水瀬さんの真摯さにこの度も感服した次第です。

 大雑把に言えば、会社とは、利潤追求を目的としていて、大規模化をその使命としているのだと思います。
 そうでありますから、人(投資家)がその会社のオーナーとなるべく株式を購入する行動は、その会社が将来にわたって業績を向上させ、その規模を拡大することを信じて行うことが筋合いでしょう。

 しかしながら、個々人が個々の会社の大規模化を予見、予想することは甚だ難しいわけです。

 では、我々はどのような投資行動をすればよいのか?

 (以下、非常に極端な言説で恐縮いたしますが、)
 個々の会社の将来を評価することは難しくても、地球規模で経済的発展を信じることは、自分の人生の将来の幸福を信じるがごとく、可能なのではないのかと思うのです。

 投資家とは、何らかの形で資金を提供して、その対価として、利益を欲する者だとすれば、会社とは、利潤追求という共通の目的を達成すべく投資家も含めた様々な人々が結集した箱のようなもので、株式市場とは、それら箱の集合体であると考えることができるならば、個々の会社に投資しようが、市場に投資しようが、基本的には、それらに何か共通する真理のようなものがここで見出せるような気がします。

 それは、『投資とは、己の経済活動の意思決定過程を信じること』だということです。

 そして、己の投資行動を信じたいがために、その裏づけを得るべくファイナンス理論を学んだり、他の投資家の意見に耳を傾けたり、するのでしょう。
 裏を返せば、そうしなければ、場当たり的な人生と同じなのですから(それも人生かもしれませんが(笑)、)、そもそも投資などすべきではないのだと思う次第です。

 将来のことは誰にも分かりません。
 しかし、自分の人生を今よりもよりよきものとする努力を怠らないことと幸せになるんだと信じることは、誰にでもできるはずです。
 そういった人生の意思決定の過程の一分野である経済活動のひとつとして投資行動を真っ当なものとすることの努力は、日々怠りたくはないなとしみじみ思い入った次第です。

 『投資とは人生そのものと得たり』といった心境でしょうか(笑)。

>新幹線さんへ

> 「長期的には発展し続ける」という確信があるからこそ、「価格変動を平均化する効果がある」ドルコスト平均法には意味があると思う

僕もドルコスト平均法を実践しているのでそう思いたいところですが、株式市場が長期的に発展し続ける確信があるなら、「最初に一括投資」することが合理的であるという意見もあり、理屈の上ではそれが正しいと僕は思います。

さりとて、一括投資しようにも、サラリーマンである僕は今は○億円も持ち合わせていないので、少しずつ積立投資するしかありません。
消去法的に、ドルコスト平均法でいくしかないと僕は思っています。
一括投資は別として、定期的投資においては、少なくとも、同口数購入よりは同額購入のほうが常に有利であることは証明されているようですので、同額購入でいこうと思います。

>fundstoryさんへ

そんな時は、当ブログの「売らずに我慢するテクニック」シリーズが、少しはお役に立てるかもしれません(^^)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-category-2.html

>ひろんさんへ

個別20銘柄戦略のメリット・デメリット等、うまくまとめていただき、ありがとうございました。
ただ、細かいことではありますが、僕の長年の疑問でもありますので、一点指摘させていただきます。

> 無作為に抽出した個別20銘柄は、インデックスに追随する

そのように仰る方がよくいらっしゃいますが、本当にそうでしょうか。
僕の理解では、

20銘柄以上に分散すれば、非システマティックリスクがそれ以上は下がりにくくなる

だと思っています。
インデックスに追随するのは、リターンではなく「リスク」だけではないでしょうか。
20銘柄でリターンもインデックスに追随するという研究成果は、見たことがありません。
(僕が知らないだけかもしれませんが…)

また、リスクについても、ウォール街のランダム・ウォーカーによると、20銘柄で下がりにくくなるが、インデックスとほぼ同等のリスクまで下げるには60銘柄は必要だと出ています。

もし、この前提が間違っているのであれば、個別20銘柄戦略は、インデックス投資と同列に並べて論じることは、ちょっと無理があると思われますが、いかがでしょうか。

>びのちゃんさんへ

「真理の探究」などと言われるとこそばゆいです。
ただ単に、最近自分が、ファンドのコストが0コンマ何%安いとか、標準偏差が何%だとか、また、WACCが何%だとかNPVがどうだとか、細かい数字ばかり追っかけていたような気がしておりまして、投資対象について「大枠で考えるとそもそもどうなんだ」ということに立ち返りたかったというだけだったのです。

でもそれが、びのちゃんさんの何かのお役に立ったのであれば、幸いであります。

名証25インデックスオープンはどうすか?

>> 20銘柄でリターンもインデックスに追随するという研究成果は、見たことがありません。

研究結果ではありませんが「名証25インデックスオープン」なら25銘柄だけで長期間に渡ってTOPIXを少し上回る運用が出来てますよ。

http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=&k=c3&t=5y&s=03312931&l=on&a=&p=&z=l&q=l&y=on

#インデックスを小馬鹿にしたファンドで私のお気に入り&主力
#償還が近いですが (;-;

>Mc.Nさんへ

それ、インデックスですから!(ツッコミ)

まあ、分かってて仰っているのだと思いますが、「無作為の20銘柄」が「インデックスに追随するかどうか」というお話なので…(^^ゞ

いやいや。同じインデックスでもあれはダウ平均と同じ算出方法っぽいのでインデックスとしてはとても質が悪いですよ。銘柄選択にしたって名証に上場していただけの理由でしょう。

どちらかと言えば「20銘柄では足りない」の方にツッコミを入れたかったわけで。TOPIX Large 70 をサルダーツした 20 銘柄ならソコソコ連動すると思いますが、TOPIX全体をサルダーツするなら 60 銘柄でも足りない気がします。銘柄数というよりも流動性の問題ではないかと。

20銘柄 v.s インデックス

> 20銘柄以上に分散すれば、非システマティックリスクが
> それ以上は下がりにくくなる

そうでした。agree

あまり参考にはならないと思いますが、私の経験では(厳密には
比較していませんが)自分が保持していたポートフォリオでは、
ほぼ追随していたように見えたので、そう思い込んでしまった
のかもしれません。

銘柄の選択基準としては、値動きが異なるようになるべく違う
セクターのもの + 高配当のもの(主に電力株)という組み合わせ
で、配当金は、全て再投資しました。結果は、インデックスに勝っ
たり負けたりで、最終的には若干負けていたように思います。

配当金の再投資が結構バカにできなくて、年間の配当金 + α で、
銘柄を増やすことができたので、配当金が配当金を生むような形
になり、"複利" を実感することができました。

インデックスに少し及ばなかったとはいえ、トータルで新車の
レガシー1台分の収益はあったので、悪くない数字だったと思っ
ています。(車買わずに再投資しましたが)

資金に余裕があれば、もう一度トライしてもいいかなと思います
が、国際インデックス or ETF に乗り換え中なので、今は考えて
いないです。国際インデックス or ETF 乗り換えは、円安が悩ま
しいので、あまり進捗はないですが、気長に増やしていくつもり
です。

ちなみに、これも私の経験ですが、今迄、ドルコスト平均法で、
損失を出したことはありません。



なぜなら、損失があるうちは売らないから :)


個人投資家が、機関投資家に勝つためには、機関投資家ができない
ことをすればいい。四半期毎の報告の義務がないので、堂々と、
損失は未来へ飛ばす、それだけです。:)


良い、航海を!

ではでは。

名証25が教えてくれること

Mc.Nさん

>銘柄選択にしたって名証に上場していただけの理由でしょう。
webで検索しても(以前はあったのに)詳しい説明が見つからなくなってますが、たしか名証25指数の銘柄は「東証、大証、名証などの上場銘柄のうち業種ごとにトップ(時価総額だったかな?)の銘柄をひとつづつ組み入れたものです。
指数オプションが名証で取引されていたからといって名証の銘柄だけで構成されているわけではありません。大証で取引されている日経225先物だって東証のみに上場している銘柄もありますし。
だいたい名証上場銘柄だけでここまでTOPIXに近い動きをするのはほぼ不可能ですよ。

>サルダーツした 20 銘柄ならソコソコ連動すると思いますが
上に書いたように名証25指数というのはほぼ業種分散だけを考えた銘柄構成といえます。
それが比較的少ない銘柄でTOPIXに近い動きを実現しているということは、肝心なのは銘柄数や規模(時価総額とか)の大きさではなく、業種の分散こそがキモであるというのが自然な結論だと思うのですが。
銘柄数をいくつにするかではなく、幅広い業種をカバーできれば株式の分散は実現できると。

名証25が教えてくれたこと

>> だいたい名証上場銘柄だけでここまでTOPIXに近い動きをするのはほぼ不可能ですよ。

そりゃそうですね。

>> 肝心なのは銘柄数や規模(時価総額とか)の大きさではなく、業種の分散こそがキモであるというのが自然な結論だと思うのですが。

なるほど。業種分散については納得です。
ただ医薬品や自動車がタケダやトヨタ以外の低い流動性の銘柄だった場合を考えるとまた違った答えになるんじゃないかな、と思わないでもないです。

僕は、東証33業種から1銘柄ずつ選択し、33銘柄で
プチ株バスケットをつくってます。

まだ運用期間は半年ちょっとですが、
「おおむねTOPIXに連動している」という感覚です。
ただ、5月はTOPIXから3%くらい下方乖離しました。。。

この運用を始めるまえに、過去2年のデータでバックテスト
してみましたが、相関係数はたしか0.99を超えたはずだと
記憶してます。



銘柄選択がすごいうまい人の20~30銘柄と、すごい下手な人の20~30銘柄の「差」は、決して小さくはないような気がします。
20~30銘柄に分散すればリスクだけでなくリターンもインデックスに追随するとは言い切れないような気がします。
データがないので、「気がします」というレベルでしかものが言えませんが(^^ゞ

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)