投信スーパーセンターの桜井社長からメッセージをいただきました (前編)

ブログを運営していると、時々、ビックリするようなかたからメッセージをいただくことがあります。

先日、投信スーパーセンターの桜井歩社長から、メッセージをいただきました。
僕が、日経マネー2007年07月号のなかで、「投信スーパーセンター+楽天証券」の組み合わせをご紹介させていただいたことに対する、お礼のメッセージでした。
ご本人のご了承のもと、ご紹介させていただきます。

送信者:桜井歩
日付:2007/05/25 20:40:30
件名:投信スーパーセンターの桜井です。

水瀬さま

投信スーパーセンターを運営しておりますコーディアル・コミュニケーションズの社長の桜井と申します。いつもサイトを拝見し、投資への真摯な姿勢と高い洞察に深く感銘を受けております。その水瀬さまに日経マネー誌で投信スーパーセンターをお取り上げいただいたことに、社員一同たいへん感謝しております。

私どもの会社は、金融商品を買うのに必要な金融の知識「金融リテラシー」を、すべての人に伝えていきたいという理念をもって、2004年10月に創業した新しい会社です。証券会社系の経験を生かしつつも、個別の商品を「販売」するためのノウハウを、消費者のみなさまがたがご自身で「購入」されるためのノウハウに転化させ、投資教育事業や投資に関するコンテンツの制作、そして金融関連のイベントのプロデュースなどの事業に取り組んでまいりました。投信スーパーセンターもこれらの事業の延長として位置づけております。まだ半年足らずではありますが、「初めて投信を買った」といっていただけるお客様も多く、日々手ごたえを感じながら日々の業務を進めております。

ラインアップの拡充は永遠の課題と位置づけておりますが、インデックス派の皆様にもご満足いただけるよう、引き続き精進してまいります。どうか今後ともよろしくお願いいたします。


投信スーパーセンターの社長さんから、直々にお礼を言われるとは、思ってもみませんでした。
これは、とても光栄なことだと思います。
投信スーパーセンターの運営会社コーディアル・コミュニケーションズでは、投資教育事業も行なっておられるようです。(というよりも、そっちがメイン?)
恥ずかしながら、知りませんでした。
「個別の商品を「販売」するためのノウハウを、消費者のみなさまがたがご自身で「購入」されるためのノウハウに転化させる」というくだりが、これからの時代にマッチしていて素敵です。
また、社長自ら、「インデックス派の皆様にもご満足いただけるよう、引き続き精進してまいります」と仰っていただけるなんて、僕たちインデックス投資家としては、うれしい限りです。

さて、話は少々変わりますが、以前、バンガード日本法人の代表取締役さんから、メッセージをいただいたことがありました。(参考記事
その時、僕は図々しくも、「日本でも米国並みの低コストのバンガードファンドを出してほしい」とお願いを出させていただきました。

今回も、投信スーパーセンターの社長さんとコミュニケートできる幸運に感謝しつつ、図々しくも、またお願いを出させていただきました。
いったい何をお願いしたのか?続きは次回。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

投信SCやる気あり?親会社は?

投信SCやる気ありですね。私はマネックスもまだ、大手証券3社よりマシと思ってます。問題は、両社の親会社、シティーに乗っ取られた日興コーディアルG!変な横槍入れてくれるなよと祈るばかりです。予告通り、22日、一撃入れてきます。

トラックバックありがとうございます。
日興EZトレードに口座を開設している人が、「自動的に」あるいは「簡単な届け出で」投信スーパーセンタの商品を買えるようにしてくれないかなあ、と思っています。そうすれば、突然、私も投信SCユーザ。
次エントリーお待ちしております。

どんなことをお願いされたんでしょう。楽しみに次回を待っています。
投信スーパーセンターも我々にとって身近で親しみやすいものになってくれたら、大きな武器になりますね。

TBありがとうございました。
ブロガーの方と直接対話しようという桜井さんの意欲は素晴らしいと思います。
反面、今週のダイヤモンド(書店・駅売りは月曜に並ぶ)で山崎元さんが提起した問題について、問いかけを受けたにもかかわらず〆切までに返答しなかった投資信託協会会長の姿勢には大いに疑問を感じます。

口座保有者の心境

投信SCの口座を5月末に開設し、昨今投信の発注をした私としては、将来に希望が持てるものであったと感じます。『「金融リテラシー」を、すべての人に伝えていきたいという理念をもって』などといったところには、感嘆を禁じえませんでした。

野村ファンドネット証券と同じ道を辿らない様、この先を見守りたいところです。

>Werder Bremenさんへ

今年の日興コーディアルグループは、上場廃止すれすれまでいったので、株主総会は荒れそうな予感ですね。

>NightWalkerさんへ

なるほど。
でもそうすると、日興コーディアルの投資信託を買う人がいなくなってしまいそうです(^^;

>ゆうちゃんパパさんへ

後編記事も書いたので、よかったらご覧ください。

>rennyさんへ

実名でブロガーと直接やり取りをすることは、それなりに勇気のいることだと思います。
投信協会の会長さんは、どんなかたか存じ上げておりませんので、ノーコメントです(^^;;

>新幹線さんへ

あとは事業をしっかり継続してくれれば、言うことはないと思います。
継続、継続です。

立場の違い

投信協会の会員は主に投資顧問会社で構成されています。
運用会社のお金で維持されている組織だから、へたなことはいえませんよ。

投信SCは日興コーディアルグループの一員とはいえ、自分の食い扶持は自分で稼いでいると。
たぶん業績が順調なのであまり親会社に遠慮せずにがんばれるんじゃないでしょうか。

アルビレオさん、いつも適切な御回答有難うございます。少しは存続について希望を持つことが出来ました。

ちょっと注意した方がいい点として、投信SCは投信販売会社ではなく販売仲介会社だということがあります。
口座を管理しているのはあくまで日興コーディアル証券。

自分のところで資産(投信証券)を管理しないので当局の許認可は簡単だし、口座管理システムも持たないので初期投資やランニングコストはかなり安くつきます。(そのかわり信託報酬もまず日興コーディアル証券が受け取るので、投信SCに回ってくる収入はその一部だけ)
そのかわり口座管理をしている日興コーディアル証券に大きく依存することは避けられません。
もしも日興コーディアルグループから独立しようとしたら、販売会社としての免許の申請やらすでに購入している顧客口座の移管やら、かなりハードルが高いくて当分はありそうにない話なので、どんなに業績が好調でも親会社の動向には左右されやすい体質ではあります。

Re:日興コーディアル証券に大きく依存

>アルビレオさん、
だから親会社の日興CG、及びそのバックにいるアメリカの豚(シティー)に、「お前ら、動かんでえー。動くとロクな事にならん!」と釘を刺すことが肝要!この権利を小生保有しています(笑)。カナダ訛りの英語が何処まで通じるか?個人投資家のたかが2票、されど2票。総会で発言する権利だけはある。投信SCだけじゃない。マネックスの大株主は日興CG!両社の殺生与奪の権利は日興CG、と言うより今や、シティーが握っているのは明白。どんな発言をしようか今、思案に暮れているところです。英語で直接、こちらの意志をシティーから派遣されてくる役員にどう伝えるか。激しく感情的に、アメリカンにやるか?はたまた、日本人らしく穏やかに、淡々とやるか?

皆さんのご要望あればお聞きしましょう。

追伸:水瀬さん、勝手にこのブログ使って申し訳ない。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

投信スーパーセンター #13

投信スーパーセンターの月間売れ筋ランキングについて書こうか、と思っていた矢先、定期購読している週刊ダイヤモンドの2007年6月16日号が自宅に届きました。今回の特集は・・・丸ごと一冊投信・預金・保険 金融商品の罠です。2006年12月2日号の特集"「投信」の罠&quo

株式投信の初注文

一昨日から昨日にかけ、株式投資信託数種類の発注をしました。 昨月末に口座を開設し

積立で買える手数料無しのインデックスファンド

ダイヤモンドZAi(8月号)でインデックスファンド特集がされていましたが、あらためてコストが安く、分配金をなるべく出さず(複利効果が高く)、積立可能なインデックスファンドをまとめてみました。●積立で買える手数料無しのインデックスファンド(1)日本株インデ

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)