ついに債券ETF、不動産ETFが出ます!

海外ETFで快進撃を続ける楽天証券から、債券ETF、不動産ETFが出るようです。

・iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND
 (AGG)Total Expense Ratio 0.20%
・iSHARES NASDAQ BIOTECHNOLOGY
 (IBB) Total Expense Ratio 0.50%
・iSHARES DOW JONES US REAL ESTATE
 (IYR)Total Expense Ratio 0.60%
・iSHARES LEHMAN TIPS BOND
 (TIP)Total Expense Ratio 0.20%

※データは米国Morningstarより

会社から帰ってきて、ネットを見たら、久々のGood newsです。
待ちに待った債券ETFが、ついに出ます。
しかも2本も同時に!
AGGは中期国債などに連動、TIPにいたっては、なんと物価連動債に連動するようです。
債券ETFの登場を心待ちにしていた僕は、思わず小さくガッツポーズをしてしまいました。
(参考記事)http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-470.html

おまけに、不動産ETF、バイオセクターETFも出ます。
ここまでくると、なんかもう目眩すらします(笑)
いずれも、運用コストが本当に安い。
6月19日から買えるようです。楽しみです。

これで、ほぼ全ての資産クラスを、楽天証券の海外ETFでそろえられるようになりました。
個人的に僕がそろえたいのは、オーソドックスにこんな感じです。

米国株式:iShares S&P500 Index Fund(IVV)
米国以外の先進国株式(含む日本):iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)
米国債券:iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND American(AGG)

これに、余裕があったら、
エマージング株式:iShares MSCI Emerging Markets Index Fund(EEM)
を少々といったところになるかと思います。

日本のインデックス投資環境も、ようやく米国に近づいてきたようです。

<ご参考>楽天証券の口座開設は以下からできます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事


  





コメント

TBありがとうございます。
上記のそろえたいと書かれている3銘柄は堅いところですね。人それぞれ考え方はあると思いますが、やはり基本に忠実に、オーソドックスなものの方が安定した成果を収められるような気がします。参考になりました。

でも全部アメリカ国内が投資対象なんですよね…。インデックス投資家としては世界全体が対象になる物を期待していただけに、片手落ちの感が否めません。

水瀬さんの安全な投資ポートフォリオにあこがれていたにもかかわらず、海外ETFデビュー後、IZA(南アフリカ株式)、EEM(エマージング株式)を相次いで購入してしまいました。今度こそ、米国株式:iShares S&P500 Index Fund(IVV)、米国債券:iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND American(AGG)のどちらかを購入します。

>fundstoryさんへ

オーソドックス好きなもので。。。

>ガウスさんへ

ETFの本場米国でも、外国債券ETF(国際分散)は見たことがありません。
楽天証券どころか米国市場にもないものを求めて片手落ちと言われても、「そうですね」とは言いづらいです。申し訳ありません。

>サラリーマンの蓄財日記の管理人さんへ

リスク許容度はひとそれぞれ違うと思いますので、全員が同じポートフォリオでなくてもよいとは思います。
ただ、本人も知らないうちにリスクを取りすぎていることのないようにしたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>管理人のみ閲覧モードで書き込んでくれたかたへ

僕の為替リスクに対する考え方は、以下の3本の記事に集約されています。
よろしければご覧ください。何かのお役に立てば幸いです。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-145.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-203.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-435.html

米国の不動産のETF(IYR)は、急いで買わない方がよいですよ。

つい昨日か一昨日、5月のフォークロージャー(住宅ローンが払えなくて家が差し押さえになる)が、4月から19%も増加した、とアメリカの経済番組で言ってました。しかも去年の5月と比べると、なんと90%の増加だそうです。これで金利がまた上がると、状況が更に酷くなる恐れがあります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>crystalさんへ

貴重な情報ありがとうございます。
米国不動産市場の状況は、日本から見える以上に深刻なようですね。
差し押さえ、おそろしや。

アメリカから見た外国債券

ガウスさん
>全部アメリカ国内が投資対象なんですよね…

アメリカは伝統的に「強いドルはアメリカの国益」という考え方なので、ドルの下落をあまり歓迎しないし金利も先進国の中では高めにあることが多いです。
だから米ドルで生活していれば他の国の債権に投資しても、利回りに魅力はないし為替差益もそんなに期待できません。
そうなると為替リスクと比較してリターン面でのメリットが少なく、国外の債券には人気がないんじゃないかと思います。
経済的には輸出依存度が強いためにどちらかというと円安指向で、超低金利が続いた結果、外国債券に人気がある日本とはかなり考え方が違うはずです。

REITの場合は債券ほどはっきりした理由はなさそうですが、それでもREITの中心はアメリカ。他の国は歴史も浅くて規模や流動性も小さいため、それほど気にするような存在にはなっていないのではないでしょうか。

アメリカ市場で取引されている以上は、基本的にアメリカ人のために作られたETFですからね。

>アルビレオ師匠へ

フォローありがとうございます。
視野は広く持っていたいものですね。
(自分も全然出来てませんが…)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券が外債ETF、不動産ETFを販売開始

楽天証券が、6月19日から外国債券ETF、米国不動産ETFの取り扱いを開始すると発表した(楽天証券)。

楽天証券で債券ETFの取り扱いが始まる!

 ついに楽天証券で債券ETFの取り扱いが始まる。債券ETFは次の2銘柄。iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND (AGG)the Lehman Brothers U.S. Aggregate 指数iSHARES LEHMAN TIPS BOND (TIP)物価連動国債ETF 待望の債券E

楽天証券 海外ETF(債券・不動産)4銘柄追加

6月19日(火)約定分より楽天証券にて追加されるのは以下の4銘柄。米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND(AGG)(米国債券市場・Expense Ratio 0.20%)iSHARES NASDAQ BIO

楽天証券が米国債券ETFと米国REITを販売

こんばんは、嶋田です。なかなか素晴らしいタイミングで出してきますね。楽天証券は抜け目ありません。既に各ブログでは早々に取り上げられていますが、楽天証券で6月19日から以下の海外ETFが購入可能になります。楽天証

楽天証券の海外ETFに債券・REITが追加

海外ETFではすっかり楽天証券が独走してます。矢継ぎ早のラインアップ拡充で、今回...

楽天証券で、債券・バイオ・不動産ETFを追加

既に多くのブログで速報されているとおり、楽天証券で以下の海外ETFが追加されています。・iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND(AGG) 信託報酬:0.20%・iSHARES NASDAQ BIOTECHNOLOGY(IBB) 信託報酬:0.50%・iSHARES DOW JONES US REAL ESTATE(IYR) 信託報酬0.60%

(いよいよ)楽天証券の海外ETF が多様化します・・

こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。他のブログですでにご存知の方も多いと思いますが、楽天証券 にて 6月19日(火)より、下記4つの海外ETFの取扱いを開始します。・iSHARE

南アフリカ株式はジェットコースター!!

5月に購入した南アフリカ株式ETF(EZA / ISHARES S AFRICA)があっという間に7.51%も下落してしまいました。手堅く米国株式ETFを購入するつもりが、つい色気を出してしまったのが失敗の始まりでした。きっと、何か勉強をしようと本屋に行ったところ、週刊誌や漫画を買って

外国債券インデックスファンド一覧

世界主要各国の債券指数に連動するインデックスファンドの一覧です。日本株が下げていても上がるような日本株と関係のない動きをするので、日本株と(一緒に持っておくと)相性の良いファンドとも言われています。●主な外国債券インデックスファンド  ・[http://www.morn

とりあえず、楽天証券とイートレで買える米国ETF

楽天証券が17本とイー・トレード証券で10本、米国ETFが買えるようになったので...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)