新登場の債券ETFの買い時!?

水瀬ケンイチ

先日、楽天証券で債券ETFが取り扱い開始になるという記事を書きました。
そのiShares LEHMAN AGGREGATE BOND(AGG)が連動する債券指数が、調子悪いようです。

【asahi.com 2007/06/14より引用】
リーマン・ブラザーズの米総合債券インデックスがマイナスに落ち込む

 [ニューヨーク 13日 ロイター] リーマン・ブラザーズは13日、米債券ファンドのベンチマークとなっている同社の米総合債券インデックス(USアグリゲート・ボンド・インデックス)について、12日までの1年間(YTD)のリターンがマイナスに落ち込んだと発表し、1999年以来初めて債券ファンドのリターンが暦年でマイナスとなる可能性を示唆した。

 同インデックスは12日まで1年間のリターンがマイナス0.24%となった。YTDのリターンがマイナスとなったのは今年2月以来初めて。同インデックスは1999年以降、年末にマイナスで終わったことはない。

 フィフス・サード・アセット・マネジメントの上級ポートフォリオマネジャー、ミルコ・ミケリック氏は「米国債はほぼ全面的に売りを浴びたため、多くの債券ファンドが落ち込んでいる」と指摘。「年間でリターンがマイナスとなる可能性も十分ある」と付け加えた。

 リーマンのデータによると、同インデックスのピークは5月8日の2.14%。
【引用終わり】

AGGは、楽天証券から登場早々、のっけから絶不調のようです。
せっかく買おうと思っていたのに残念…と思われるでしょうか?
いやいや、僕はラッキーかも!と考えます。



ファンドの場合、新商品が出る時には、たいがい相場はピークに近いと言われています。
「ブームに乗って高値づかみ」という悲しい事例が多く聞かれます。
特に、日本ではその傾向が顕著なようです。

しかし、AGGの場合、米国において、とっくの昔に登場しています。
たまたま、金融後進国である日本において、楽天証券が海外ETFとして取り扱いを始めたというだけで、世界的には別に債券ブームでも何でもありません。

債券指数が1999年以来の落ち込みというのなら、逆に、AGGは1999年以来の絶好の買い場なのかもしれません。ちょっと臨時投資を検討します。
(これで最近の円安傾向がなければなぁ…)

※投資判断は自己責任でお願いいたします。

<ご参考>楽天証券の口座開設は以下からできます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ