日経新聞、イートレ海外ETF取り扱いと報道

NIKKEI NETによると、イートレード証券が6月19日から海外ETFの販売を始めるとのことです。
旅先の温泉で見た日経新聞の朝刊にも、小さく記事が出てました。

【NIKKEI NET 2007/06/17より引用】
イー・トレード、海外ETF取り扱い
 SBIイー・トレード証券は19日から、海外取引所に上場するETF(指数連動型上場投資信託)の販売を順次始める。米国と中国の市場に上場する14銘柄が対象で、今後拡大する方針。海外ETFを扱うのは、ネット証券では楽天証券に次いで2社目。

 米国のETFはニューヨーク証券取引所やナスダック市場に上場する10銘柄。中国のETFは26日から取り扱う予定で、香港証券取引所に上場する4銘柄が対象だ。(07:01)
【引用終わり】

ついに続報が来ましたね!
14銘柄の具体的商品名とか、適用される手数料とか、特定口座に入るのかなどが気になります。
ただ、イートレのWEBサイトには、まだその情報が出ていません。
現段階では、新聞報道レベルに過ぎないので、イートレの正式発表を待ちたいと思います。

既に楽天証券で取り扱われている海外ETF銘柄だけでなく、以前にイートレへ直接要望していた、個人的なお目当ての銘柄だったら嬉しいです。

(追記)2007/06/17
読者のかたから、取り扱い銘柄について、以下の情報が寄せられました。
イートレWEBサイト中の「本日の注意銘柄」に「新規取扱銘柄」(下記参照)が掲載されているとのことです。

iShares MSCI Emerging Markets Index Fund(EEM)
iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)
iShares MSCI Pacific ex-Japan Index Fund (EPP)
iShares MSCI Taiwan Index Fund (EWT)
iShares MSCI South Korea Index Fund(EWY)
iShares MSCI Brazil Index Fund (EWZ)
iShares MSCI South Africa Index Fund (EZA)
iShares FTSE/Xinhua China 25 Index Fund (FXI)
iShares S&P 500 Index Fund (IVV)
Powershares QQQ (QQQQ)

楽天証券の取扱海外ETFと比べて、目新しさがありません(^^;
手数料は、おそらく、現在の米国株式売買手数料である26.25$であろうとの意見も多いです。
明日にはあるであろうイートレの公式発表を待ちたいと思います。


<ご参考>今回取り上げたネット証券会社は以下から口座開設できます。
(会社名をクリックしてください)
・イー・トレード証券
・楽天証券
関連記事


  





コメント

 トラックバックありがとうございます。
 6月19日に取り扱い開始というのにイートレードさんの「意地」みたいものを勝手に感じています。意地の見せついでに、ひとつでいいから、楽天証券さんで扱っている以外の銘柄があるといいなあと思っています。

米国のETFの10銘柄は正式発表はされていませんが、準備はできているようです。
http://search.etrade.ne.jp/v2/popwin/attention/stock/usstock.html

http://search.etrade.ne.jp/v2/popwin/attention/stock/usstock.html
ここにありました意外なものはないようです

とりあえず基礎はあります

IVV,EFA,EEMという「御三家」がそろっているだけで、もう十分ではないでしょうか。

楽天証券の独占が崩れたことで、将来的に手数料の低下が期待できるかもしれません。既に数社による競争状態となっており、それが見られる中国ETFはいい例だと思います。

手数料の競争になる可能性があることは良いと思います。
あと、イートレの米国株だと配当とかを強制円転されない、という
話がありますね(ホントかどうかは知らない。)

楽天のメリット
・取扱銘柄数が若干多い(SPY等)

イートレのメリット
・手数料が若干安いと思われる(31.5$ vs 25$?)
・配当が強制円転ではないと思われる。

といったところでしょうか。私自身は口座を増やすのが嫌なこと、
イートレメリットについてはこの程度の差なら大差ないと思って
いること、楽天のこれまでの頑張りに敬意を表していること、から
イートレに移るつもりはありませんが、いずれにせよ両社とも
頑張って欲しいと思います。

AMEX上場ETFがないんですね・・・

ぱっとみた感じ現状はNYSEのものだけなのかな?

 ETFの種類が豊富なのはダントツでAMEX(アメリカン証券取引所)ですので、
ETF間で競争が働くAMEXのものは是非取り扱って欲しい所ですが。
 まぁ新幹線様が言われているように、IVV,EFA,EEMがある時点で必要
条件は達成しているとは思いますので、現座イートレードの口座をお持
ちのインデックス支持派の方にとっては素晴らしい吉報だと思います。

 ・・・しかし、ワザワザ楽天証券に口座作って買い時を待っていた私は_| ̄|○

 売買手数料の差(6~7ドル/取引)はまぁ許容範囲として、もし分配金
が円転されないのであればそれは素晴らしい利点の様に思えます。

 ちなみに、一般向けHPの情報では解らなかったのですが、イートレード
で円→USドルへ替える際の為替スプレッドはどのくらいでしょうか?

25銭

>ハイマージェさん

楽天と同じ片道25銭だと思います。外貨MMFのところ(https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETfiR001Control&_PageID=WPLETfiR001Mlst10&_DataStoreID=DSWPLETfiR001Control&_ActionID=DefaultAID&getFlg=on)に記してありました。

>NightWalkerさんへ

どうも楽天証券以上の銘柄はないようですね。
乞うご期待といったところでしょうか。

>便所の落書きの精さん、akiさんへ

貴重な情報ありがとうございました。
さっそく、記事に追記させていただきました。

>新幹線さんへ

銘柄拡大と手数料低下が期待できそうですね。
ここでもポイントになるのは、投資家からの要望だと思います。
思うことがあれば、直接、証券会社に要望を出すことです。

>じじいさんへ

分配金が強制円転されない、という情報があるのですか。
それは、楽天証券との差別化の意外に大きなポイントかもしれません。
イートレの正式発表を待ちたいと思います。

>ハイマージェさんへ

WEBサイトに、スプレッドは25銭/$と書いてありましたので、お知らせします。

もうひとつ別にいただいたコメントについては、たいへん申し訳ありませんが削除させていただきました。
記事に関連しないコメントはご遠慮いただいております。
また、ここはブログ記事のコメント欄であり、コミュニティ掲示板ではございません。
ご配慮いただきたく、お願い申し上げます。

>新幹線さんへ

おっと、僕がコメントを書いている間に、先にお答えいただいていたんですね。
ありがとうございました。

じじい様
水瀬ケンイチ様

いつも楽しくサイトを見させていただいてます。はじめまして、ROM人と申します。

イートレードで米国株を持っていますが、配当は米国と日本の税金を引かれた後にドルで支払われます。ですから強制円転という話は始めて聞きました。

お話を聞いている限り楽天証券の銘柄ならば配当は全て円で支払われるのか、それともETF銘柄の配当が証券会社問わず全て円で支払われるのか、お教えいただければ幸いです。

>ROM人sんへ

銘柄ではなく、取り扱う証券会社によって違うと思います。
楽天証券では、米国海外ETFの分配金は、強制円転されて口座に入ってきてしまいます。

ご回答ありがとうございます

水瀬様、新幹線様、ご回答ありがとう御座いました。為替スプレッドは楽天/イートレとも変わらないのですね(イートレードはFXでUSドルの現受けが出来るようなので、これが使えるとかなり差が出ますが)。

>もうひとつ別にいただいたコメントについては、たいへん申し訳あり
>ませんが削除させていただきました。
>記事に関連しないコメントはご遠慮いただいております。

 確かにそうですね。申し訳ありませんでした。

水瀬ケンイチ様

ご説明いただきありがとうございます。てっきりETFだと配当金が勝手に帰ってくるものだと思ってびびってしまいました。情報を教えていただきありがとうございました。

強制円転

ROM人さん

米ドルでというのは日本のイートレードの話しですか?

今日、ちょうどイートレード・ジャパンの口座開設キットが届いて、約款がありますが、
11ページの第2節、外国証券の国内委託取引
(配当等の処理)
第7条ー3
配当金等の支払いは、すべて円貨により行います

と書いてありますので、り円転されるのではないではないかと思ったのですが?

Dr.CFP 様

僕は英語が判らないので間違いなくイートレードジャパンでの話です(笑)

いつも配当入金の知らせが「E*トレードからのお知らせ」というのに入ってきますのでそちらで確かめています。最後に貰ったのはこちらです。


米国株式 銘柄「ファイザー」配当金支払いのご連絡
メッセージ


上記銘柄につきまして、配当金支払いがございました。


現地配当受領日 2007年06月05日
権利付株式数 株
配当金単価 0.29 ドル/株
申告レート( a ) 120.8 円/ドル
国内入金確認日 2007年06月07日
換算レート( b ) 121.01 円/ドル


--------------------------------------------------------------------------------
現地配当金総額( c ) ドル
現地配当金総額の円換算( c × a ) 円 :A
外国税額 ( d = c × 外国税率) ドル
外国税額の円換算(外国税額控除対象額)( d × a ) 円 :B
国内受取配当額 ドル
国内税額(10%)
( e )= ( c × a ? d × a ) × 10% 円 :C
国内税米ドル換算額( e / b ) ドル

正味配当支払額 ドル


--------------------------------------------------------------------------------
*所得税額の計算は国内入金額を「申告為替レート」で円貨換算した金額に税率10%を乗じて算出しています。申告為替レートとは現地証券保管機関が配当受領した日の東京における対顧客直物電信為替相場(TTB)です。
*換算為替レートとは当社が配当金受領を確認した日の対顧客直物電信為替相場(TTM)です。
*確定申告をされるお客様の場合は、上記A,B,Cの金額を用いて外国税額控除の摘用を受けることが出来ます。
*外国株式配当金に関する税金についてはこちらをご参考にしてください。


受取日時 07/06/07 20:00

ただイートレードから引き出してお金を使う時にはドルを円に変えて引き出さないといけません。そういう意味でなら消費する場合は円転ということになります。それとも約款が変わって今度から円で届くのか?その辺はまだ配当を貰ってないのでわかりません。

個人的には適当に株や債券を行き来して50年くらい帰ってこなくていいよと思って送り出したためドルで貰っているような気分でいました。ですので議論の筋から外れて勘違いをしていたのだとしたらすみません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

米国ETF・中国ETFをイートレードが6月19日に取り扱い開始

先日、本ブログ記事「イートレード、7月に海外ETF販売開始か?」で7月にも海外ETFの取り扱いが始まるのではないかという推測を書いたが、意外に早く6月19日にスタートすることになった(日経新聞)。

イートレード証券で海外ETF取扱開始

イートレード証券で平成19年6月19日から海外ETFが買えるようになります。 iShares MSCI Emerging Markets Index Fund EEM iShares MSCI EAFE Index Fund EFA iShares MSCI Pacific ex-Japan Index Fund EPP iShares MSCI Taiwan Index Fund EWT iShares MSCI So

イー・トレードで扱うETFはこれ?

イー・トレードで取扱を開始する海外ETFってこれでしょうか? イー・トレの「本日の注意銘柄」の米国株式の中に「新規取扱銘柄(6/19)」がありました。以下にコピペしておきます。iShares MSCI Emerging Markets Index F

イー・トレード、海外ETF取り扱い開始

本日の日本経済新聞の朝刊によると、イー・トレード証券による海外ETFの取り扱いが

イートレード証券で海外ETF取扱開始

日経新聞(朝刊)に小さい記事で出ているのを発見! 海外ETFについては、ネット証

イートレード証券で米国・中国ETFの取扱開始

本日の日経新聞朝刊で、イートレード証券が6月19日より海外ETFを発売することが掲載されていました。既に、いくつかのブログで紹介されています。水瀬さんの「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」ゆうきさんの「ホンネの資産運用セミナー」嶋田さんの「医師

イー・トレード、海外ETF取り扱い

イー・トレード証券が海外ETF取り扱いを19日から開始します。イー・トレード、海外ETF取り扱いまんま引用すると>SBIイー・トレード証券は19日から、海外取引所に上場するETF(指数連動型上場投資信託)の販

イー・トレード証券が海外ETFを取り扱い!

 本日6月17日の日本経済新聞にイー・トレード証券が海外ETFの取り扱いを6月19日から開始することが記事に書かれていた。米国のETFが10銘柄、中国のETFが4銘柄とのことで(中国のETFは26日から取り扱い)、具体的な銘柄は書か

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)