BGIグループが国内初の商品指数連動型ETFを投入、日本でのETF展開加速

セクターインデックスや、コモディティインデックスに連動する海外ETF提供の準備が、進んでいるようです。

【REUTERS 2007/06/20より引用】
BGIグループが国内初の商品指数連動型ETFを投入、日本でのETF展開加速
 [東京 20日 ロイター] バークレイズ・グローバル・インべスターズ・グループ(BGIグループ)は、国内初となる商品先物指数連動型ETF(上場投資信託)の提供を開始する。このほか13本の外国籍ETFも同時に投入し、日本におけるETFの取り組みを加速する。
 新たに投入する「iシェアーズS&P GSCI コモディティ・インデックス・トラスト」(GSG.N: 株価, 企業情報, レポート)などについてBGIは18日付で金融庁への届出を完了した。14本はいずれも米国で上場し、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P社)社が公表しているコモディティ指数、グローバル・セクター指数などに連動するもので、日本ではメリルリンチ日本証券や楽天証券などが販売する。 

 今回の追加投入についてBGIは「個人投資家や機関投資家の需要を反映したもので、特に商品指数連動型のニーズが高いと認識している」(広報担当者)としている。

 BGIは4月に別の14本の外国籍ETFを日本に投入したばかりで、今回の追加により日本で提供する外国籍ETF「iシェアーズ」シリーズは40本に拡大する。BGIは「投資家にグローバル市場の様々なセグメントへの投資を低額な手数料で簡便に行う機会を提供するため、商品開発を継続的に進める」としている。

 以下が今回、BGIが投入するファンド。

1)コモディティ(1本)
・iシェアーズS&P GSCI コモディティ・インデックス・トラスト(GSG)

2)グローバル・セクター(10本)
・iシェアーズS&Pグローバル一般消費財セクター・インデックス・ファンド(RXI)
・iシェアーズS&Pグローバル生活必需品セクター・インデックス・ファンド(KXI)
・iシェアーズS&Pグローバル・エネルギー・セクター・インデックス・ファンド(IXC)
・iシェアーズS&Pグローバル金融セクター・インデックス・ファンド(IXG)
・iシェアーズS&Pグローバル・ヘルスケア・セクター・インデックス・ファンド(IXJ)
・iシェアーズS&Pグローバル資本財セクター・インデックス・ファンド(EXI)
・iシェアーズS&Pグローバル素材セクター・インデックス・ファンド(MXI)
・iシェアーズS&Pグローバル・テクノロジー・セクターインデックス・ファンド(IXN)
・iシェアーズS&Pグローバル電気通信セクター・インデックス・ファンド(IXP)
・iシェアーズS&Pグローバル公益事業セクター・インデックス・ファンド(JXI)

3)グローバル(1本)
・iシェアーズS&Pグローバル100インデックスファンド(IOO)

4)米国株規模別(2本)
・iシェアーズS&P MidCap 400インデックス・ファンド(IJH)
・iシェアーズS&P SmallCap 600インデックス・ファンド(IJR)
【引用終わり】

セクターインデックスがドーンと増えるようです。
春に話題になっていた、セクターインデックスの続報という形になりますでしょうか。
(関連記事)
2007/03/23 楽天証券、4月にもAMEXの海外ETF(セクターインデックス)取り扱いを開始
楽天証券では、6月19日から、バイオセクターの海外ETF「iSHARES NASDAQ BIOTECHNOLOGY(IBB)」が買えるようになっていますが、それ以外のいろいろなセクターがてんこ盛りです。
「セクター戦略」(上記関連記事参照)を採用したい投資家には、朗報だと思います。

それから、気になるのがグローバルインデックスの「iShares S&P Global 100 Index Fund (IOO) 」です。
アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、日本などの国々に分散されています。
Total Expense Ratioも0.4%と、海外ETFの中ではそこそこのレベルです。
IVV(Expense Ratio 0.09%)+EFA(Expense Ratio 0.35%)の組み合わせのほうが、運用コストをより抑えられますが、これ1本で、世界全体に投資できる、“楽ちん海外ETF”なのではないでしょうか。

今のところ、個人的にはコモディティに投資するつもりはないのですが(関連記事)、ロイターの記事によると、投資家のニーズが高いようですので、選択肢が増えることは良いことだと思います。

記事では、メリルリンチ日本証券(昔、日本から撤退した記憶が。いつの間に再参入したのでしょう?)や楽天証券で販売と報じられていますが、各社の正式発表を待ちたいと思います。

<ご参考>今回取り上げたネット証券会社は以下から口座開設できます。
(会社名をクリックしてください)
・楽天証券
関連記事


  





コメント

アメリカの小型株、世界市場制覇など、革新的な話は続きますね。

所で山一證券の業務を引き継いだメリルリンチ日本証券ですが、撤退したという情報は聞いたことがないのですが……会社のホームページにも、そういう旨のことは書いてありません。営業対象を変更したとはありましたが。

http://www.japan.ml.com/wrapper_j.asp?main=v3content/history_j.htm

どこかで紹介した気もしますが、ジムのネタ本の紹介
http://www.amazon.co.jp/dp/4822245365

この本の通りですと、リスクプレミアム分ということで株式とほぼ同じ収益を、ほったらかしでもあげられそうでは有ります。

めんどくさがりの私はIOOだけで満足しちゃいそうです。

メリルリンチ日本証券

山一証券を引き継いだメリルリンチ日本証券で、1999年に口座を開設した経験があります。確か口座開設後半年で口座管理料5千円をとられる契約であったので、その前に解約しました。でも、その時の担当者から、当時、額面割れで利回り7%前後の転換社債を紹介してもらって、ちょっとお小遣いを稼げました。               同社はその後、大幅に規模を縮小するため、希望退職者に破格の退職金を提示したと聞いてます。ご参考まで・・・・

>新幹線さんへ

小型株に特化して投資したいかたもいらっしゃいますからね。

>MAT.Nさんへ

うーん。
ジムさんもその本も知らない者としては、理由を一端でもご紹介いただけないと、コメントのしようがありません。
ごめんなさい。

>うんぼぼさんへ

それも全然アリだと思いますよ(^^)

>サラリーマンの蓄財日記の管理人さんへ

正確には、富裕層を除き「リテールから撤退」というニュースだったような気がします。
いずれにしても、個人的には、山一もメリルもろくな証券会社じゃないという印象を抱いております。
投資家をないがしろにした金融機関都合の事業廃止には、厳しい目を向けております。

メリルリンチ日本証券

メリルだって短期間でリテールから撤退するのは信用上大きなマイナスだし、好きでやったことじゃないでしょうね。

山一の廃業が決まってからメリルが引き継ぐことが決まるまでには1年くらいのブランクがありました。これだけ先の見えない期間があれば、多くの従業員は逃げ出します。
特にそれなりに客を抱えている営業マンなら、他の証券会社も喜んで迎え入れるので真っ先に逃げる。
対面営業の顧客基盤というのは「担当者の人脈」そのものなので、担当者が移籍すれば多くの客もそれについていきます。営業マンも廃業が決まっている山一に遠慮する義理はないので積極的に勧誘します。
結果としてメリルが引き継いだときにはもうボロボロで、「元四大証券の一角だった顧客基盤」を買ったと思っていたメリルはゴミを掴まされ、業務を縮小しないとやっていけなかったというのが現実でしょう。
まったく悪くないとはいいませんが、この件でのメリルに対する印象は身勝手というより間抜け。

ああ、すいません。
1)過去の実績として商品先物の収益は株と同じくらいある(商品実物はぐっと落ちます)
2)なぜ?
3)色々理屈はあるけど、率直にいってよくわからないんで、リスクテイクしたプレミア分で収益でるという理解でどーか
という本(論文)です。

ジム・ロジャーズの「商品の時代」はこの論文をネタにしているところが多々あります。ただ最初に読むには商品の時代の方がお奨めでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/BA/dp/4532351561

楽天に続きEトレでも 海外ETF通り扱いが始まり機会を伺っていたんですが、またまた数種類が追加される事になるんでしょうね。特に IOOは気になってまして、なんだか株式に関してはコアはこれ1本でもいいような気もします。

>アルビレオ師匠へ

両社とも、顧客そっちのけで何やってんだという話ですね。

>MAT.Nさんへ

分かりやすいご説明ありがとうございました。
信じるかたは、投資してみたらよいと思います。
僕は投資しいたしかねます…。

>オサーンさんへ

コアファンドに良さげですね(^^)

メリルに関しては、親子2代にわたって苦汁を飲まされています。親は、旧メリル・・口座開設前でも、アメリカ株の注文ができて驚いたと言っておりました。
私は、旧山一のメリル・・・富裕層ではないので、投信は泣く泣く処分。

IOOですが、すでに保有しており、先日アニュアルレポートが届きました。IOOの100社はどれも有名な会社ばかりです。こんな大会社の間接的な株主になれたと、嬉しく思っています。これと、VWOの組み合わせで世界ポートフォリオの完成だと思っています。

>stelaさんへ

メリル、米国だけではなく日本でもしっかりしてほしいですね。

IOOは良いETFだと思います。
stelaさんの運用がうまくいくことをお祈りしております。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

コモディティETF、セクター別ETF、米国小型株ETFが上陸!

バークレイズ・グローバル・インべスターズ・グループがコモディティETFやグローバル株セクター別ETF、米国小型株ETFなど計14本の海外ETFの国内販売届出を完了した(ロイター)。

バークレイズ(BGI)が小型株式ETF 等を新たにラインナップ

こんにちは、インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。ロイター によりますと、バークレイズ・グローバル・インべスターズ(BGI)が、商品(コモディティ)ETF、業種別(セクター)ETF、米国小

楽天証券でIOOなどの海外ETFを追加

 また、楽天証券で海外ETFが追加された。今回のは先に「バークレイズ・グローバル・インべスターズ・グループ(BGIグループ)が18日付で金融庁への届出を完了した」と報道されていた銘柄のようで、水瀬ケンイチさん、ゆ

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)