女性にぴったりの投資法

昨年は、男性よりも女性のほうが儲かったとのデータがあるようです。

【時事ドットコム 2007/6/21より引用】
株式売買、女性が好調=利益は男性の2.7倍-ネット投資家調査
 過去1年間、株式売買で得た利益の平均は、男性18万円に対し、女性は50万円-。ネット投資家を対象に、野村ホールディングス傘下のジョインベスト証券が行ったアンケート調査で、女性の好調ぶりが目立ち、男女で明暗が分かれた。
 過去1年の損益は全体平均でプラス27万円。新興市場の株価低迷を背景に、昨年の86万円から大きく落ち込んだ。しかし、男女別で見ると、男性が昨年の110万円から大幅減となったのに対し、女性は11万円増え、男性の2.7倍を稼いだ。
【引用終わり】

記事では、男性不振の理由を、「新興市場の株価低迷が背景」と説明しています。
ヤマっ気がある攻撃的な男性が、やられたということでしょうか。
(水瀬の昨年はこんな感じ

ところで、投資における男女の違い、あるような気がします。

米国の別の調査によると、頻繁な証券または投信の売買が、取引手数料や税金を引き上げ、結果的に運用収益にマイナスの影響を与えることになるとわかっていても、男性は女性よりも約45%~67%程度多く、売買を繰り返す傾向にあることが明らかになっています。

ガンガン売買せずにはおれない男性像と、それをさめた目で見ている女性像が目に浮かびます。

更に別の調査によると、投資の前に投資先商品(例えば投資信託)を研究する時間が、男性に比べて約40%も多いそうです。
女性のほうが、慎重なんですね。
(上記2点のデータの出典:マネログ バンガード・海外投資事情

以上のデータから、「攻撃的な投資を好む男性」と、「慎重な投資を好む女性」という傾向が見て取れると思います。
僕のまわりの人たちを思い浮かべても、納得がいくような気がします。
(まぁ当然、人にもよりますが)

そう考えると、「インデックス投資」は、慎重派の女性にこそ、向いている投資法と言えるかもしれません。

なぜなら、「平均」に投資するので、値動きはマイルドだし、投資対象が倒産する心配はないし、自分だけが損する心配もないからです。
また、理屈の面でも、ノーベル賞受賞学者たちが完成させた「現代ポートフォリオ理論」により、がっちりサポートされていて安心感があります。
(もちろん、投資ですから、絶対に損しない保証があるわけではありませんが)

今まで、なんとなく、インデックス投資に対して、「理屈っぽい学者の投資法」という男性的なイメージを勝手に抱いていましたが、ちょっと見直さなくてはいけないかもしれません。

当ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」のコメント欄を見ていると、読者は男性ばかりのような気がしますが(笑)、きっと、コメントはしないけれど読んでくださっている女性のかたも、中にはいらっしゃるのではないかと思います。

このブログをご覧の女性の皆さま。
インデックス投資は、もしかしたら、あなたにぴったりの投資法かもしれませんよ!(^^)
関連記事


  





コメント

売買しない

女性が手堅く稼いだ1年だったのですね。
私は基本的に買ったらそのままなので、売買益はほとんどありませんが、昨年は含み益?が日に日に増えていって不思議な気分の時期がありました。1ヶ月経つと自分の給料分くらい資産が増えていたり。

私が働くのと、お金が働くのとどっちが効率がいいの?と思いました。
お金は、マイナスに働くこともままあるので、私が働いた方が手堅いと思うことにしよう。

水瀬さんのおっしゃるとおり、男性の方には「ギャンブル」的感覚で新興市場中心に大勝負をかけるような人が多いからかもしれませんね。

女性の方の場合、趣味にも「実用性」を兼ねる人が多い(男性のように、ロマンとかだけでは済まさない)とかいう話を聞いたことがありますから、堅実な投資法をしている方が多いのもうなづけます。

はじめまして

はじめまして。

女性の方が、バイアンドホールドに徹しているんでしょうね。
わたしもバブル期以前に買ったものをいまだに売却せずにもっています。バブル崩壊で株価が急落してから関心をなくし、そのままにしていただけなんですが。

最近すこしずつ上がってきて、最近また投資に関心を持ち出しました。
リタイアしたいという気持ちが出てきたこともあります。
いろいろな本を読んだり、ブログを見たりして勉強しています。
このブログは、いつも参考にさせてもらうもののひとつです。
今後も立ち寄らせてもらいます。

> また、理屈の面でも、ノーベル賞受賞学者たちが完成させた「現代ポートフォリオ理論」により、がっちりサポートされていて安心感があります。

このフレーズは水瀬さんらしくないなあと思ってしまいました。(^^;
ノーベル賞受賞学者でもLTCMで大損こいて破綻させた人もいるわけで、「ノーベル賞受賞学者」とか「安心感」という言葉には個人的には魅力を感じませんでした。

インデックス投資は良い戦略だと思いますけど。

おはよーございます。
私もこのデータみましたよ。ほぉ~と思いました。

確かに女性の方が堅実な方が多いですし、投資に関しても慎重な方が
多い気がします。てか慎重で、投資をしない人も多いかと(笑)

それを考えると、私は・・・女性じゃないかも(爆)

例外?

小生は、男だけれど、新興株は殆ど投資せず。東証一部・大型株で暴利を貪りましたよ!438円で買ったコマツ、今、3600円でまだ1/3持ってます。167円で買った川崎汽船、今、1400円でまだ1/2持ってます。どっちも、保有期間は5年を越えています。”ヤマっ気がある攻撃的な男性”ではないのかな(笑)。女性だったら、小生みたいに911テロの翌々日に買いをいれるなんて恐怖と闘って投資できるのかな?私のモットーは、”投資は度胸と忍耐”!性別の差と言うよりも、個人差、年齢では?

速報:日興株主総会(→投信SC、マネックス援護射撃)

これは、このテーマとかけ離れているので、水瀬さんの判断で削除するなり、加筆訂正するなり、或は別のテーマとしてブログのネタにしてください。シティーに乗っ取られた日興傘下・子会社の投信SC、マネックスの行く末が気がかりな読者も多いはず。以下、Werder Bremenの発言内容趣旨:今日は、株主としてではなく、一人の客として来ました。日興はもはや、アメリカ軍に占領されたも同じ。アンタ(桑島社長に対して。勿論、タメ口口調、関西訛り口調)に何を言っても仕方ない。傀儡政権だからね。GHQに直接、苦情、要望を陳情するしかないはな(会場から笑い声)。今日は、シティーから出向しているアメリカ人の役員来てるんかな。株主総会の日本語での質疑、応答は通訳を介して、英語に翻訳されて伝わっているんだろうね(桑島社長頷く)。社長は、テレビで「シティーがバック・アップにつきました。信用補完はご心配なく。」と発言してたね。それは、運転資金の確保、経済的な面では大丈夫ですということやな。ところで、そのシティーは信頼できる金融機関か?3年位前、プライベート・バンキング部門はデリバティブ取引に絡んで法令違反を犯し、金融庁から処分され、日本から摘み出された輩だよな。自分の利益しか考えない、顧客の利益はそっちのけ。こんな輩がバックについたなんて、客としたらたまったもんじゃないで!子会社の投信SCの桜井、マネックス(日興が大株主;連結子会社)の松本、あの連中は、個人投資家の利益を考えて商品供給、品揃えやってるで。例えば、ノーロード、信託報酬手数料格安のインデックスファンドとかな。アンタ(桑島社長に対して。勿論、タメ口)なんかよりあの連中のほうがマシや(会場から笑い声)。こっちは、シティーが自分の利益しか考えない、自分の都合で、この連中(投信SCやマネックス)に圧力かけるとちゃうんかと心配してるんや。例えば、インデックスファンドなんか利益にならん。販売中止や、とかな。へんな圧力かけてるな、異変を察知したら、直ぐに日興に預けている資産、マネックスにも圧力かけてるんか、アメリカの糞!と感じたら、マネックスからも資金引き上げるで。日興の息のかかった金融機関からは、一切、資金を引き上げる。縁切りや。とにかく、あの連中のやる気に冷や水浴びせるようなことはするな(Werder Bremen発言終了)。

役員の返事:お客様の不都合、不利益ならないよう今まで通りのお取引が継続されるよう最善の努力を致します。

と当たり障りのないものでした。まあ、議決権2個しかない弱小個人株主だからここまでが限界!ただし、言わなければならないことは言ってきたつもりです。釘は刺しました。どこまで、効果があるかは疑問ですが。続く

日興株主総会:笑うに笑えないこぼれ話

続き

会場は港区芝公園のプリンスパークタワーで開催されました。ざっと見たところ1000人以上のキャパはあるかと思われましたが、来た株主は1/3位でした。恐らく、上場廃止のガセ報道で投げた個人投資家が多かったのでしょう。それでも、来場した株主は、頭から湯気が立ち上る怒りに満ちた状態。「ドアホ、ボケ、タコ。」のような趣旨の・・・。但し、かつての阪神甲子園球場、ライト側スタンド程、殺気立ってはいませんでした。ビール瓶が飛んでくるとか期待していたんですが(笑、野次馬根性はいけませんね!)。小生は?ここが、面白いこぼれ話です。関西には、株主オンブズマンというNPO法人があります。私は会員でした。事件報道の後、当然、株主代表訴訟やね、と言うことに。準備をしていたところ、例の上場廃止報道。小生、売ったら裁判の権利を失いますので、「倒産して、株券が紙切れになっても構へん!死なば諸共や!日興の役員、裁判所に引きずりだして、打っ叩こうや!」と鼻息荒く待っとったが、何時まで待っても連絡無し。どないなったかなと連絡とったら、「大林組とか鹿島とか、土建屋があっちゃこっちゃで談合事件やったやろ。弁護士な、そっちへ行って、弁護士足りなくなったは。こんどの日興の件な、無かった事にしようや。」・・・(唖然&呆然)。その後、上場維持の報道に続き、アメリカの豚どものTOB合戦が・・・。勿論、値が吊りあがったところで、「ほな、さいなら。」悪運尽きない大相場師の最後でした。

おわり

ほう!なるほどそう捉えるんですか(笑)。

>Gabbianoさん

そういうことではなくて、インデックス投資法は、より合理的な経済活動のあり方を啓蒙すべき経済学学者の理論的裏づけが為されているのだから、正当性もある、ということを水瀬さんはおっしゃりたかっただけだと思いますが・・・。

>あづささんへ

> 私が働くのと、お金が働くのとどっちが効率がいいの?と思いました。

ダブルで働くのが一番いいのは、間違いないと思います(^^)
あづささんは、まさに手堅い女性のかただと思います。
頑張って(?)、いっしょにバイ&ホールドを貫きましょう!

>新幹線さんへ

新幹線さんや僕を含め、このブログをご覧の男性諸兄は、例外的な男性が多いのではないでしょうか。
手堅く慎重なインデックス投資家さんが多いような気がします。

>sosigayaさんへ

はじめまして、sosigayaさん。
バブル以前の株は、相当値上がりしてすごいことになっているのではないでしょうか。うらやましいです。
僕も早期リタイアを目指しています。
お互いに早くリタイアできるよう、がんばりましょう!

>Gabbianoさんへ

ははは、面目ないです(^^ゞ
逆に、Gabbianoさんなら、慎重な女性に、インデックス投資の良さをひとことで伝えるとしたら、どう伝えますか?

>こぎぱおさんへ

こぎぱおさんは、相当アグレッシブですものね(笑)

>Werder Bremenさんへ

> 性別の差と言うよりも、個人差、年齢では?

ごもっともです。最終的には、すべて個人差だと思います。
男女別のデータから読み取れる、傾向のお話ですよ(^^)

>びのちゃんさんへ

フォローありがとうございます。
世の中にはいろいろな投資法がありますが、その中でも、インデックス投資は「比較的まとも」な理論に基づいているとは思います。
その「比較的まとも」感を、ひとことで表現しようとしたら、ああいう表現になってしまいました。
まだまだ未熟ですねー(反省)。

ソース

個人的にはあまり興味のないデータだけど、せっかくなので紹介
https://www.joinvest.jp/about/news/2007/0621/index.html

Werder Bremenさん
「ブラジル人はサッカーがうまい」と「サッカーの下手なブラジル人がいる」という2つの命題は矛盾しません。下手な人もいて当然で、いないと考える方がおかしな話です。
何百人も集めた中で分布に偏りがあるという事実は、ある程度大きな集団になってはじめて意味を持つもので、その集団に属する個人の持つ傾向を示すわけではありません。
統計的事実というのは、少ないサンプルに対しては正しく反映されないものなんですよ。「自分はこうだ」というのはサンプル数=1なので統計と食い違ってあたりまえなわけです。

コチラを拝見してインデックス投資始めました♪

はじめまして。
こちらのブログを1~2年くらい前から読み始め、こちらでインデックス投資のことを知りました。
また、「臆病者のための株入門」もこちらで紹介されていたので読みました。
インデックス投資をまだ知らなかったころ、株をして損してしまったことがあるので株には相当慎重になっていましたが、こちらのサイトを読むうちに「インデックスならいいかも」とまた再開することにしました。
今年の6月からインデックス投資を始めたばかりです。
とりあえずへそくりの100万円分買いました。
先のことはわからないけど、これから増えるといいなあ~。
勉強させてもらいにちょくちょく来ています。
こちらは本当に良いサイトだと思います♪

>アルビレオさんへ

ソースのご紹介ありがとうございます。

>かおるんさんへ

はじめまして、かおるんさん。
ありがとうございます。とても励みになります。
かおるんさんの何かのお役に立ったのであれば幸いです。

金のETFが買いたいぽぴいです。

はじめまして!
こちらのブログを読ませて頂き、やっぱり私、ガメツイんだなぁ(;^_^Aと自覚しました。
親にやれと言われ、娘時代から投資してきました。最近やっと本気で勉強をはじめ、やはりETFだと思い、丸三証券で野村の日経225ETFを買っています。

丸三は20万円以下だと手数料無料なので、下がったかな?と言うところで毎回10口を10日くらいに分けて買い(ドルコスト平均法のつもり)、少し上離れたら売り・を繰り返しています。

長く持てば良いのでしょうが、私は女にしてはアグレッシブなので待ちきれません。

面白い統計ですね。
ゴルフやスキーとよく似ているような感じがします。(僕の体験談ですが・・・)

女性の方はしっかりしておられるので、いい人から学ぶようにされている気がします。
(レッスンを見ても人数が多かったです。)

男性は自分のセンスを信じ、がっくり来てから学び始めている気がします。
ここ1,2年は株を始めた方が多いと思われるので余計に差が出たのではないでしょうか。


勝手な深読みですが、真面目な投資姿勢と、良き投資の相談相手が大事と感じました。
インデックス投資は考えると真面目な投資手法だと感じているこのごろです。

まぁ~運だけの強者だけがいるのも相場ですが(笑)

>ぽぴいさんへ

インデックス商品を使ってはいますが、投資法はアクティブですね!
でも、極論かもしれませんが、ご自分が納得していて儲けられるのであれば、どんな投資法でもよいと僕は思います。
ぽぴいさんの投資がうまくいくことを、お祈りしております。

>かえるさんへ

投資姿勢はともかく、よき投資の相談相手ですか……残念ながら僕の周りにはいません。
あ、こうしてブログにコメントをくださる皆さんが、よき相談相手かもしれませんね!(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)