貯蓄から投資、道半ば 「株買わない」74%に上昇

内閣府の調査によると、投資をやっている人は、まだまだ少数派のようです。

【FujiSankei Business i. 2007/6/29より引用】
貯蓄から投資、道半ば 「株買わない」74%に上昇

 内閣府が28日発表した「貯蓄から投資へ」に関する特別世論調査によると、株式投資を「現在行っていないし、今後も行う予定はない」と答えた人は、2005年12月の前回調査から5・6ポイント上昇して74・1%となり、関心が低下していることが明らかになった。新興市場の株価低迷や、金利上昇により貯蓄に対する魅力が再び高まっていることなどから、元本割れリスクをとるよりも、安全な預貯金を選択する傾向が根強いことを示す結果となった。
【引用終わり】

これが現実だと思います。
自分の周辺の人たちを見ていても、投資をしている人は少数ですから、実感としても近いものがあります。

別に、いいんじゃないでしょうか。

投資はリスクを伴いますので、経済的にも、性格的にも、誰もができるものではないと思います。
将来のマネープランを考えて、そんなに資産を増やす必要のないかたまで、無理して投資をやる必要はありません。
ましてや、国や政府に強要されてやるものでもないと思います。

僕は、「貯蓄から投資へ」という政府のスローガンが、あまり好きではありません。
日本はファンドのコストが高く(しかも、この10年で14%値上がり中)、ローコストなものは海外からの輸入品(海外ETF)という状況です。
こんな中で、国民が貯蓄から投資に動くと、何がどうなって、誰が得をするのでしょうか?
どうも僕は、国の責任が軽くなって、金融機関が得をするだけのような気がする、と言ったら言い過ぎでしょうか。

記事は、「政府の促進策が課題となりそうだ」と結ばれているのですが、人によっては余計なお世話かもしれません。
やりたい人だけが、自己責任でやればいいのだと思います。

僕自身は、今まで同様今後も、投資を続けます。

なぜなら、早期リタイアという、明確な「目的」があるからです。
貯蓄や個人向け国債だけでは、必要資産額に、到底追いつきません。
自分の許容範囲のリスクをしっかり取り、自分が納得したローコストな金融商品で、じっくり運用を行っていきます。
もしかしたら、損するかもしれません。でも、別に構いません。死にはしません。
うまくいったら、必要資産が形成でき、目的を達成できます。
それでいいと思っています。

まわりの人が投資をしようとしまいと、自分としては関係ないのであります。
関連記事


  





コメント

金融引き締め

べつに、投資をしようが貯蓄をしようが個々人の自由なわけで、政府にとやかく言われる筋合いではありません。
ただ、日銀の金融引き締めがここにきて効いてきている点は見逃せません。日本経済はデフレというきわめて異常な状況にあります。貯蓄に比べて消費や投資が少なすぎる状況なわけですが、これで利上げとなれば、さらに状況が悪化するしょう。これ以上日銀の誤った金融政策運営を放置することは明らかに国益を損ねると思います。

おっしゃるとおり!!

「国の責任が軽くなって、金融機関が得をするだけ」まさにおっしゃるとおりです。かつて証券会社で高い手数料を払って投資をしていた投資歴の長い方々は、手数料が安いインターネット取引に切り替えてきています。そして手数料収入が激減し、職を失った中小証券会社の営業マンは銀行に転職してます。そして、多くは投資歴の短い銀行の顧客に割高な手数料を支払わせ、投資信託を一度に沢山買わせて、さらに何度も乗り換えさせている。これが現状のようです。(けして誹謗中傷ではありません。お客様を大切にしてらっしゃるごく一部の金融機関の方々申し訳ありません。)             でも、国の責任は軽くなるにはちょっと違和感があります。年金制度をやめてしまえば、税金負担が減り国の責任は軽くなるかもしれません。でも、一方で社会保険庁での無駄遣い、天下り先の確保が危うくなります。これは、国(役人)にとってマイナスなのでは・・・・・

国の政策として重要

個人レベルでは、投資をするかどうか、各自で判断すればいいというのには、賛成です。安易にスローガンに流されず、各自のリスク許容度をしっかりとらえることが、ますます大事になってきているようですね。

しかし、国のマクロ経済政策として、「貯蓄から投資へ」は適切でしょう。

貯蓄がリスク商品にまわると、景気がよくなる可能性が高いからです。

ケインズ派の経済学によると、一般に(例外もあります)、貯蓄が減ると国民所得が増えます。同時に消費が増えるとなおよいのですが、リスク商品への投資が増えるだけでも、資金がより潤滑に活用されるようになります。この点については、日向野幹也の研究室のブログ記事が、分かりやすいです(特に後半)。
http://www.mhigano.com/blog/2007/01/post_dbf8.html

また、政府が投資のよさを幅広く周知することには、もうひとつメリットがあります。国民の全体がお金持ちになったほうが、一部がお金持ちになるよりいい、という考え方です。(ある程度の競争は自由主義資本経済に必要なものの、)過度の貧富の格差には弊害もありますから。

投資を行う人が増えようが減ろうが、それに関係なく私も投資を続けていこうと考えています。投資を行うのも行わないのも自己責任です。にもかかわらず、投資でうまく資産を増やせた人がいた場合に「格差が広がってけしからん」などと言う人が少なからずいると思うのですが、こういうのはフェアじゃないですよね。リスクを取ること、それに対する成果の可能性があることは、皆がきちんと認識してほしいと思います。

この国のあり方って・・・

 「貯蓄から投資へ」「美しい国へ」「教育の再生」・・・

 様々なスローガンを掲げ、この国の形を再構築を試みようとしてる政府与党ですが、どれひとつとして現実味のないのは何故でしょうか。

 従前の社会・経済政策に基づく制度が破綻、疲労していることは、通常の社会性を有しておられる方々であれば、破綻、疲労する前から薄々気付いていたことではあったのでしょうが、あのバブル崩壊で疲弊しきってしまったこの国は、その再生能力を働かせることはできませんでしたね。

 そして、気付いてみたら、すべての制度改革のあり方は、この国と同盟国を標榜する今や自他共に認める世界の警察国家である米国に従属すべきもの、彼の要求するもの、ばかりが揃ってしまいました。

 金融政策、新会社法改正にしても然り。
 外資、それも米国系のそれらの参入のお膳立てを漫然としているよう。
 現在進行中の改革を通じて、グローバルスタンダードとは、身も心もアメカナイズドすべきとでも政府は言いたげのようです。

 ところで、例のスティールvs.ブルドッグの攻防を傍観していると、趣深いなあとしみじみ思います。

 買収防衛策を総会で特別決議を得て、さらにブルドッグからの差止め仮処分決定も却下に持ち込み、現在優越的地位にあるブルドック。
 しかし、こんな買収防衛策なんてグローバルではないことは知る人ぞ知ることで、あのホリエモンはこれで裁判所から決定を得ていますね。新会社法施行前のお話です(今となっては、施行前のほうがグローバルだったような感じですね。)。
 また、これで特別決議することができるのならば、グローバルにスティールのTOBを甘受しても良かったのではないかとも(後付ですが。)。
 ブルドッグの経営陣も株主も、「いい仕事をした」と現在悦に浸っていることでしょうが、長い目で見ればどうも回りくどい負け試合をしているような勘もあるわけです。
 これで経済的に潤ったのは、今後も潤うのは、はたして誰なのか・・・。

 若きスティールの代表は、「この国の経営者と株主を教育しに来た」と言ったようですが、一見グローバルな金融改革等がなされる現在この国はまさに金融リテラシーをeducateされるべきである時機が到来しているのだと思います。
しかし、この国は新自由主義を標榜するようですから、「貯蓄から投資へ」などと、国民が国家から押し付けられる筋合いでもない。
ましてや、幼少期に具体的な金勘定教育を学校で統一的にすべきでもなさそうです(米国では、ゼロトレとともにこれを廃止する方向のようです。何があったのでしょうか・・・。その代わり昔の日本型の管理教育が投入されているようです。いわゆる「読み書きそろばん(?)」ですね。)。

 欧米人にいわば先天的に身に染み付いている金融資本主義の精神を、日本人ひいてはアジア人が学習するには、一体どうすればいいのだろうか、などと水瀬さんをエントリーを読みながら思い巡らし、酔いの相俟って今回も収拾のつかないコメントとなってしまいました。

 失礼いたしました。


私も早期リタイア目標です

主戦場はFXですが、水瀬さんのサイトを拝見し、楽天でETFも始めた者です。現在42歳の私も早期リタイアには関心がありまして、理想は50歳、より現実的な目標は55歳リタイアです。その歳ならまだ身体も動くかな、と。もっとも、子供の年齢とか考えると、妻には現実的でないと批判されていますが(笑)。

投資はやりたい人がやればよい。そのとおりと思います。私はこれからもいろんな金融商品や節税に関心を持ち続けると思います。

はじめまして

はじめまして。初めてコメントを書かせて頂きます。
投資を勉強し始めた半年前ぐらいから、ブログを拝見し、いつも興味深い記事を楽しく読ませて頂いています。
私の知識の半分以上は、このブログを出発点に増やしている気がします。

投資はリスクもあり、個人の考え方も違うので、
やいたい人がだけやれば良い、と私も思います。
単純にめんどくさい、と思う人もいるでしょうし。。

>もしかしたら、損するかもしれません。でも、別に構いません。死にはしません。

このスタンスにはとても共感しています。
損するかもしれないから投資はやらない、
というのでは何も変わらないですし、何より面白くないですね。
もちろんリスクを十分検討した上で投資はすべきですが、その過程で学習していくことに面白みを感じることが、
投資を続ける原動力にもなっている気がします。

・・・明日は私も楽天証券のセミナーに参加してみます!

政府の促進策ですが、まあまあ役にたつこともあります。

証券会社の手数料が自由化されたおかげで安くなりました。
ETFやらREITやらも組成されるようになりましたし。
単位株制度が改正されたり、分割の制限が解除されたりも
個別株投資をやっていると便利です。

ということで関係法規の整備、自由化、税の軽減措置とか
ならまあ、「貯蓄から投資へ」の促進策とやらも良いでは
なかろうかと。

>dellさんへ

なるほど。
日銀の金融政策が誤っているかどうかは、僕にはちょっと分かりませんが、長期金利動向を見ていると、マーケットのほうも、利上げを織り込み始めているような気がします。

>サラリーマンの蓄財日記の管理人さんへ

投信の「手数料稼ぎの道具」の歴史ですね。
フー。
ところで、国の責任が軽くなるという話について、年金制度廃止とは話が飛躍しすぎでは…(^^;

>与六さんへ

そりゃもちろん!国の政策としては重要です。
だから政府もやっているのだと思います。

少子化対策もそうですが、必要な国策と個人の考えが、必ずしも一致しない場合があるのが難しいところです。

>fundstoryさんへ

賛成です。
株を買わないと宣言した74%のかたがたは、株式運用による資産形成を放棄することを、自ら選択したことになります。
運用で成功した人を見て、後でねたまれても…。

>びのちゃんさんへ

米国では、金融教育を廃止する方向なのですか!?
知りませんでした。
いったい、何故でしょう。理由が知りたいです。
僕は学校(幼少期でなくても中学・高校くらいで)での金融教育が必要だと考えていたのですが、既に周回遅れの考えなのでしょうか。

>ORVALさんへ

はじめまして、ORVALさん。
FXと海外ETFは、意外と相性がいいような気がします。
FX会社で為替動向に慣れ親しみ良い所でドル転、証券会社に送金、海外ETF購入、がローコストベストパターンではないでしょうか。
僕も早期リタイアできるようにがんばります!

>gumballさんへ

はじめまして、gumballさん。
うちのブログが、何かのお役に立ったのであれば幸いです。
たしかに、学習が楽しくなってくると、国から言われなくても、自分でどんどん投資を試して行きたくなりますよね。

では、今日両国でお会いしましょう(笑)

>MAT.Nさんへ

個人的には、促進策というよりも、諸外国に比べて異様に遅れていた日本の金融環境が、遅まきながらグローバルスタンダードに追いついているだけという気がしないでもありません。
ただ、「税の軽減措置」については、立派な促進策と言ってもいいと思います。

管理人さんは、なぜそこまで早期リタイヤにこだわるのですか?

>通りすがりさんへ

例えば、野球選手になりたい人に、「なぜそこまで野球選手にこだわるのですか?」と聞いたら何と答えてくれるのでしょうね。

早期リタイア

私も、夫55歳妻50歳で一緒に早期リタイアするのが夢でした。あと数年で目標の年なのですが・・

働きながら投資生活って、なかなか難しい。じっくり戦略を練って投資のタイミングをうかがいたいときに、仕事が忙しくってそれどころではなかったり。

最近、私だけ早期リタイアして、家計管理に専念し、私が働かない分、ダンナに予定より1,2年長く働いてもらおうか・・などど勝手なことを考えています。

引き締めか正常化か

dellさん
今はまだ「ゼロ金利」から「超低金利」になっただけで、あまりまともな状態とはいえません。
利下げの余地がほぼないというのは、舵を握っている立場からすれば片方にしか舵を切れない危険な状態なので、できるだけ早くまともな状態にしたいと考えるのは当然のことです。今のところは正常化をあせって失速しない程度の慎重さはあるように見えます。

物価指標ではデフレ傾向が見られる一方で、ここ数年の株価はかなりのペースで上昇しています。
日銀は以前、株価や地価は極端に上昇していたのに物価指数の伸びは鈍いので静観していたらバブルを招く一因となった苦い経験もありますからね。
選挙前の利上げは難しいでしょうが、年内の利上げは市場もある程度織り込み済みなのでそれほど大きな影響はないのではないでしょうか。
むしろこれで年内利上げをしなかったら、円安がさらに進んで今以上にいろんな圧力がかかってきますよ。

>あづささんへ

50歳までにリタイアできれば最高ですね。
僕もそうしたいところですが、実際は、定年から1年でも2年でも早くリタイアできれば、という感じになると思います。
インデックス投資での資産形成は、楽ちんですが、時間がかかります。

> 私だけ早期リタイアして、家計管理に専念し、私が働かない分、ダンナに予定より1,2年長く働いてもらおうか・・

あづささん、いいなぁ~(^^)


>アルビレオ師匠へ

どのくらいの金利レベルが適正なのか、判断が難しいところだと思いますが、個人的には、いち投資家として、日本債券クラスの金融商品が投資に値すると思えるくらいにはなってほしいと思っています。

面白い記事がありました

もう御存知かもしれませんが、面白かったもので。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070622/128124/

国際通貨研究所の竹中正治さんという方が、
金融商品の「不都合な真実」と題して
手数料とリターンの微妙な関係を明らかにされています。
(予想通りですが、かなり笑えます)

投資家が株式を保有するかどうかは全くの自由だと思いますが、
高い運用能力を持つファンドもしくは個人が増えることは
日本に取って間違いなく良いことだと考えます。
例えば小型バフェットが5人もいれば歴史が変わるでしょう。

日本の運用業界は国際競争力を持っているのか、
はなはだ疑問に思えて仕方がない今日この頃。
(関係者の勇敢な反論をお待ちしています)

話は戻りますが、ロイターの調査では
FXに興味を持つ投資家が増えているようですよ。
この辺も市況次第、というところかもしれません。

>いとすぎさんへ

会員登録なしで読める前半部分を読みました。
よく言われている、コストが高い投信はパフォーマンスが良くない、という話ですね。
お国のためといって、個人個人が捨て駒にならないよう、気をつけたいものです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)