楽天証券サービス開始8周年記念投資セミナー

水瀬ケンイチ

本日、「楽天証券サービス開始8周年記念投資セミナー」に参加してきました。

会場はたくさんの投資家で、良い場所の席はほぼ満席でした。
入り口で配っていた資料の袋に、楽天証券のボールペン、携帯スクリーンカット&クリーナセット、MARKET SPEEDショートカット用キーボードシール(使途不明…)が入っていました。
それから、面白いのが、日経マネー7月号のETF特集「ETF投資でがっちり勝とう」が冊子になったものが入っていました。

日経マネー海外ETF特集の冊子

両隣の席のかたがたが熱心に読んでいるのを見て、「そこに出てるの僕ですから!」と言いたい衝動に駆られました(笑)

さて、講演ですが、森永卓郎氏、澤上篤人氏、堀古英司氏、広瀬隆雄氏、山崎元氏の講演を聞きました。
それぞれ、ひとことずつ印象に残った点を書いてみます。




○ 森永卓郎氏「年収120万円時代の経済、マーケット論」

竹中平蔵が日銀総裁になったら、株は買い一辺倒でよいとのこと。
森永さん、テレビの温厚な印象とはだいぶ違い、けっこう毒舌です。
もし今日の話をテレビで言ったら、3件くらいは訴訟を起こされるかもと仰っていました。

○ 澤上篤人氏「人生を豊かにする資産づくり」

今後数年は日本株に強気とのこと。
このかたの講演は、良くも悪くも、内容がいつも全く同じです。
まあ、主張が一貫しているとも言いますが。(^^;

○ 堀古英司氏「米国株:良いビジネスを安く買う」

米国株はまだ割安とのこと。
また、サブプライム住宅ローン問題について、詳しく解説してくれました。
サブプライム住宅ローンが問題なのではなく、その一部にある債務担保証券(CDO)の格付けが、とっくに格下げすべきものがまだ変わっておらず、市場価格も分からず追証もかからない不良債権が放置されていることが問題であり、今後噴出するかもしれないとのこと。

○ 広瀬隆雄氏「地球温暖化現象とBRICs」

マイクのせいか声が小さかったのに加えて、前のオヤジ2人の私語がうるさく、よく聞き取れませんでした。残念。
(オヤジたちは後ろから小突いてやりました)

○ 山崎元氏「個人投資家のためのホンネの投資理論」

各種投資理論の概要と、個人投資家がどう活かせばよいかの解説でした。
これは、「行って良かった」と思わせる値千金の講演でした!!
解説された投資理論は、(1)成長性理論、(2)割引配当モデル、(3)ポートフォリオ理論、(4)効率的市場仮説、(5)CAPM、(6)APT(裁定価格理論)、(7)アノマリーの研究、(8)行動ファイナンス、(9)ニューロ・ファイナンス、(10)生物学的市場モデル、と盛りだくさんでした。
特に、(9)ニューロ・ファイナンス、(10)生物学的市場モデルについては個人的に初耳で、かなり勉強になりました。

参加者も皆さん熱心で、いい刺激になりました。
長丁場でしたが、行ってよかったと思いました。


<ご参考>楽天証券の口座開設は以下からできます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ