円安進行中。うれしい?うれしくない?

水瀬ケンイチ

円安が7年ぶりの水準になっているようです。

【NIKKEI NET 2005.10.30の記事より引用】
円実効レート、7年ぶり低水準・輸出企業を後押し
 ドルやユーロなど世界の主要通貨に対して円が安くなっている。日銀によると、主要通貨に対する円の総合的な水準を示す実質実効為替レートは10月11日までの平均で110と、1998年以来の低い(円安)水準をつけている。当時は金融システム不安や景気低迷に対する懸念から円が売られたが、足元の経済情勢は好転し企業の輸出を支援する効果を指摘する声もある。

 実質実効為替レートはドル、ユーロ、中国人民元など15通貨に対する為替相場について、日銀がそれぞれの国の物価指数を用いて実質レートをはじき、輸出額に応じ加重平均して算出する。指数が上昇すれば円高、低下すれば円安を示す。 (07:01)
【引用終わり】



FX等で、ドルやポンドのロングポジションを取っていた人なんかは、ここ1ヶ月で相当の含み益になっているのではないでしょうか。

僕のメインファンドはドル建てなので、本来なら含み益が増大しているはずですが、肝心の株価がいまいち冴えないので、収支はトントンといった具合です。
もし、ここでスルスルと円高に戻ったりしたら、ぐっと収支は落ち込むでしょう。でも、実は、それを待っていたりします
12月に冬のボーナスが多少なりとも出たら、いつもは定期定額購入しているメインファンドの、臨時買い増しをしたいと思っているのです。せっかくの追加資金なので、少しでも円高の時に投下したいと企んでいます。

まあ、為替市場は、僕の思惑なんかとは関係なく自由に動き回るでしょうから、毎日追いかけていると気疲れしてしまいそう。追いかけ疲れてヤケクソ気味に、大して有利でない時に資金投下してしまうくらいなら、何もしない方がいい。あんまり目くじらを立てずに、「チャンスが来たら資金投下。来なかったらずっとMMFでも損はない」くらいに思って、のんびり待ちたいと思います。
長期的には上昇傾向のある株式市場と違い、為替の動きはまったく読めないと思っていた方がいいっしょ。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ