米FRB、公定歩合を緊急引き下げ・0.5%下げ5.75%に

水瀬ケンイチ

株価が派手に下げたなあと思っていたら、米FRBが公定歩合を0.5%下げ5.75%にするとのこと。
FFレートは変わらないようです。

【NIKKEI NET 2007/08/17より引用】
米FRB、公定歩合を緊急引き下げ・0.5%下げ5.75%に
 【ワシントン=小竹洋之】米連邦準備理事会(FRB)は17日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、FRBが民間金融機関に資金を貸し出す際の金利である公定歩合を緊急に0.5%引き下げ、年5.75%とすることを全会一致で決定した。9月18日に予定されている次回FOMCを待たずに公定歩合を引き下げ、サブプライム問題に端を発した金融・株式市場の動揺や信用収縮に歯止めをかける強い意志を示した。

 公定歩合の引き下げは即日実施した。短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利誘導目標は年5.25%に据え置いた。

 FOMC終了後に発表した声明は、9日以降の金融・株式市場の動揺によって「景気下振れのリスクがかなり高まった」と指摘。「必要に応じて行動する用意がある」と述べ、今後の経済動向次第ではFF金利も引き下げる構えを見せた。(22:22)
【引用終わり】



0.25%刻みに上げてきた金利を、一気に0.5%下げるあたり、米国らしいなと思います。
なんというか、気合を感じます。

僕はと言えば、例によって、何もしておりません。
金利が下がったので、ポートフォリオの債券ファンドの価額は上がるでしょう。
そのうち株価も上がるといいなぁ。
なんて考えながら、今日も暑かったので、ビールがうまいです(^^)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ