「ダイヤモンド ZAi(ザイ)」と「別冊宝島」の取材をお受けしました

先日、「ダイヤモンド ZAi(ザイ)」と「別冊宝島」の取材をお受けしました。

ダイヤモンドZAiは、2007年11月号(9月21日発売)の海外ETF特集の取材でした。
普通の海外ETFのお話に加えて、リスクを取りたい人向けの海外ETFを使ったポートフォリオ等についてのお話になりました。
リスクを取ったリターン向上方法というと、BRICsやVISTAなど新興国市場への投資割合を増やす!になりがちですが、そうではない方法もあるのではというお話をしました。
2007年6月号に引き続き2回目の取材になるので、リラックスしてお話しすることができました。

別冊宝島は、宝島ムック「だまされない!投資信託の選びかた」(9月21日発売)の取材で、インデックス投資についての話でした。
うちのブログの相互リンク先でもある、NightWalkerさんrennyさんの合計3名による鼎談(ていだん)という形だったので、自分以外の方のお話を聞くことができ、勉強になりました。
最近の相場急落についても、皆さんあまり気にされてないようです。
投資信託の選びかたと銘打ってますが、内容は1冊丸ごとインデックス投資についての本になるそうです。

ダイヤモンドZAiのような大手マネー誌にも、少しずつインデックス投資の記事が出てくるようになってきました。
記者さんによると、読者アンケートの人気はまだイマイチのようですが(笑)、まずは露出がなければ何も始まりません。
少しずつ、少しずつです。

また、インデックス投資のムックは、初めてではないでしょうか。
ちなみに、ムックとは、

ムック 【mook】
〔magazine と book の合成語〕
造本・編集・発行の様式が,視覚的な雑誌と文字中心の書籍の中間であるような本。(三省堂「デイリー新語辞典」より)

とのこと。インデックス投資を、分かりやすく説明してくれそうです。
ちょっと見せていただいた登場予定の先生がたの顔ぶれが、すごかったです。まるで、「インデックス・オールスターズ」でした(笑)

これらの本で、インデックス投資が少しでも浸透するといいなと思います。

関連記事


  





コメント

こんにちは。以前も水瀬さんがダイヤモンドZAiで紹介されて
いるの見ました。今回の記事も読んでみたいと思うので9/21
の発売日を楽しみにしてますヽ(´▽`)/

はじめまして。
この荒れ相場、今週はどうなるんでしょうね。。。

はじめまして。
書評を読ませて頂き、お陰さまでいい本が見つかったので
4冊購入することにしました。
有難うございます。
別冊宝島も楽しみにしています。
これからよろしくお願いします。

知名度は確実にup

水瀬さんへの取材が増えたということは、ETF・インデックスファンドの知名度向上が、着実に進んでいるということでしょうね。とりあえずご苦労様&おめでとうございます。

ダイヤモンドZAiのほうはもちろん買いたいと思いますが、宝島のほうも毎月分配型ではなくインデックスファンドを真剣に推奨する内容であれば、ご祝儀&売上貢献的感じで購入してみたいと思います。

まるごと1冊インデックス投資とはすごいですね。

それに水瀬さんとNightWalkerさんとrennyさんの鼎談も有るとは。
「インデックス・オールスターズ」にするなら、この3人には外せなかってところじゃないでしょうか。

>三毛猫ニャンチさんへ

どんな記事になるのか、まだ僕にも分かりません。
よい記事になっていればいいのですが…。

>happyさんへ

将来の株価は予想できないというのが、現代ポートフォリオ理論を信じるインデックス投資家の立場です。
だから、相場予測は聞かないでくださいね(^^;;

>源 龍乃介さんへ

個人的に良書だと思っている本の紹介記事が、お役に立ったのであれば幸いです。

>新幹線さんへ

ありがとうございます。
インデックス投資の知名度がアップしていればいいですね。

ところで、新幹線さんのためを思い、僭越ながらご指摘させていただきます。
「ご苦労様」というのは、目上の者が目下の者の労をねぎらう際に使用する言葉です。
過去何度も言われており、おそらく意図せず使われておられるようですので、今大学生の新幹線さんが今後の人生で無用なトラブルに遭われぬよう、あえてご指摘させていただきました。

実は、僕も昔これで上司に怒られました。
余計なお世話で申し訳ございませんでした。(^^ゞ

>staygoldさんへ

どんな本になるのか、僕も楽しみです。
僕たちの鼎談はともかく、それ以外の企画について、自分でもぜひ買って読みたいと思わせるような内容でした。

>水瀬さん

ご親切にもご指摘ありがとうございます。今後気をつけたいと思います。

ことばおじさん

特に異を唱えるものではありませんが、こんな統計も↓
http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2004/04/0413.html
時代は移る・・・

一冊インデックス投資というのは非常に楽しみですね。

株式投資は間違った広がり方をした感じがしますが、インデックス投資は正しく広がって良い資産運用を続けて行きたいですね。

これからも活躍楽しみにしております♪

>MAT.Nさんへ

時代が移って誰も気にしなくなってくれればいいのですが…(^^ゞ

>かえるさんへ

どんな本になるのかまだ分かりませんが、企画書をちょっと見た限りでは、かなり読みたい感じでした。

宝島のムックはかなり楽しみになりそうですね。「だまされない」と言う題名のウラには、まだまだ消費者本位ではない投資商品が多いと言う事があるからなんでしょうね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

だまされない!投資信託の選び方

水瀬ケンイチさんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の"「ダイヤモンド ZAi(ザイ)」と「別冊宝島」の取材をお受けしました"というエントリで既に紹介がありましたが、「別冊宝島」から 「だまされない!投資信託の選び方」 というムックが今月21日に発刊...

「だまされない!投資信託の選び方」(別冊宝島)が予約開始

こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 宝島社から 9/21 に発売されるムック 「だまされない!投資信託の選び方」の予約が アマゾン で始まっています。 わたしも先ほど予約しました

2007年11月号「ZAi」拝読

さて、数ヶ月ごとに面白そうな記事が載る度購入しているマネー誌の「ZAi」ですが、

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)