ハゲタカとハイエナ

水瀬ケンイチ

今週、楽しみにしていたテレビドラマ「ハゲタカ」が連日再放送されています。
うわさどおり面白いですね!

会社の同僚に聞くと、冷徹なハゲタカ「鷲津」派と、人情派バンカー「芝野」派に分かれるみたいです。自分の周りは芝野派が多いような気がします。
でも、水瀬は鷲津派です。

投資ファンドの敏腕ファンドマネージャーと、インデックス個人投資家では、投資手法があまりにも違いますが、旧態依然とした日本企業をよしとせず、米国型の効率的な株式市場を求めているという意味では、似たもの同志と言えなくもありません。

実は、インデックス投資家は、世の中で思われているほど、おとなしくも真面目でもないような気がします。
なぜなら、インデックス投資家は、アクティブ投資家が自分のリスクで発見した株価に労せずしてフリーライドし、大半の投資家に負けない投資成果を必ずいただく、ずる賢い存在とも言えるからです。

鷲津がハゲタカなら、水瀬はハイエナかもしれません。
なんちゃって。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ