宝島ムック「だまされない!投資信託の選び方」に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました

本日9月21日発売の、宝島ムック「だまされない!投資信託の選び方」に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。

だまされない!投資信託の選び方

これは、8月に取材をお受けしていた時のものです。
サブタイトルに、『賢者の資産運用術「インデックス投資」案内』と書かれているとおり、一冊丸ごとインデックス投資の本です。
案内するのは、楽天証券経済研究所の山崎元氏、バンガード・グループ駐日代表の加藤隆氏(当ブログにもコメントをいただいたことがあります)、マネックス・ユニバーシティの内藤忍氏、ファイナンシャルプランナーのカン・チュンド氏と、まさに、“インデックス・オールスターズ”と言っても過言ではない講師陣営だと思います。

これで内容が素晴らしくないわけがありません。
ほかにも、インデックスファンド、海外ETF、現代ポートフォリオ理論、具体的投資方法、モーニングスターによるファンドの選び方、楽天証券への海外ETFインタビューなど、インデックス投資ネタが盛りだくさんです。
これらが、ムックらしく、たくさんの図表とともに分かりやすく掲載されています。

なんかもう、僕が何年もかけて読んだ何十冊もの投資本のエッセンスが、これ一冊に凝縮されているような感じです。あまりによくまとまっているので、投資本を読み漁って独学で学んできた自分としては、ちょっと悔しい気すらします…(^^;;

巻末には、うちのブログの相互リンク先でもある、NightWalkerさんrennyさんの合計3名による鼎談(ていだん)記事が6ページにわたって掲載されています。
3名のポートフォリオや、おすすめ商品、おすすめ書籍などの情報も出ています。
鼎談内容は、見てのお楽しみということで(笑)

ご興味のあるかたは、書店で手にとってみてください。
もしくは、こちらから購入できます。

だまされない!投資信託の選び方


P.S
余談ですが、掲載されている僕のイラストがそっくりだと、相方が目を丸くしておりました。
たしかに、rennyさん、NightWalkerさんも含めて、全員そっくりだと思いました。(^^ゞ
関連記事


  



コメント

三省堂で購入

今日、名古屋駅地下の三省堂書店で購入し、早速拝読致しました。予想より薄い書籍でしたが、内容は逆に予想以上の「詰まっていた」印象を受けました。水瀬さんがおっしゃったとおり、私が学んできたことなども「濃縮」して全てが書かれていた印象があります。

しかし、「ZAi」のイラストにより、私は水瀬さんについて何か「変な先入観」を抱いてしまっていましたが、今回この書籍を読んだことでホッと致しました(苦笑)

平積みで無かったので少し探してしまいましたが、早速購入しました。
インデックスのことが本当によくまとまっていて、良著ですね。
鼎談、なかなか良かったですよ。参考になりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いい本ですね

私事で恐縮ですが、私が投資をしようと本格的に思い始めたのが
去年の今頃で、それから投資本を数十冊と読み、インデックス投資
にたどりつきました。
後1年この本が出るのが早かったら・・・(苦笑)

本当にインデックス投資の必要な部分のエッセンスが
分かり易く解説された本ですね。
知識の再確認と共に新しい発見もあり興味深く読むことが
できました。
鼎談記事の方も水瀬さんを始めrennyさんやNightWakerさんの
個人投資家の考え方が大変参考になりました。

後は水瀬さんのイラストも拝見できてよかったです(^^)
なるほどこういう感じの人だったんですね(笑)

いくつかの本屋さんに立ち寄ってみましたが、全ての本屋さんに置いてありました。販売側の売れる!との見込みが強いことを感じました。
さて、まっ先に鼎談を読みましたが、いつもblogなどで主張されている内容と同じだったので、安心しました。当然と言えば当然なのですが、もしかしたら、つい本音が出てしまって、なんてことをわずかながら考えたりしてしまいました(すみません)。いつもの主張がまぎれもない本音ということなんですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>新幹線さんへ

厚さは薄いですが、内容は濃いと僕も思いました。

このムックのイラストははっきり言って似てます。
職場の同僚やリアル友人たちに、顔バレしないか心配なくらいです。
ZAiのあのイラストは、僕に似せて書かれたのではなく、単なる「サラリーマン」像のようです。


>源 龍乃介さんへ

平積みにはなっていないのですね。
インデックス投資は本来地味ですからね。ははは。
ムックとしても、アイドルが一緒に写っている写真が表紙(真鍋かをりと松本社長みたいな)というわけでもないですしね。
実にインデックス本らしい!と思ってしまいました(^^)


>ポッキーさんへ

>>後1年この本が出るのが早かったら・・・(苦笑)

僕は、「後5年この本が出るのが早かったら・・・(苦笑)」と思いました。
そんな早くに出るわけないか(^^ゞ


>fundstoryさんへ

ブログはなるべく本音で書かないと、いずれつじつまが合わなくなって、なかなか続かないと思います。

個人投資家必読書です!

本日本屋で見させていただきました。
内容的には今まで断片的であった情報が集約され、全体としても筋の通った出来になっており個人投資家必読書とよべるものになっておりました。
1点だけ言わせていただければ山崎元さんVS高コストファンド販売側の対談のような敵対運用会社!(○村、○興とか)との対決や言い分が書いてあると最高でしたが、同じ土俵にのってこないですからね奴らは。

満足度100%の本でした!(立ち読みで読破してしまいました)

今日、買ってきて今ちょろっと読みしたところです。
本の方は、「1年で1億」とか派手な方が目を引きそうなこういったムック本としては異例なぐらいによい意味で地味にまとまっていますね。ダイヤモンド誌の本といい最近とみに良質な本が多く出てきて、本当の意味での貯蓄から投資への時代となって来てるんだと思います。

イラスト、3氏ともそっくりなんですか? 猫ちゃんもなのかなぁ

>道産子さんへ

>> 山崎元さんVS高コストファンド販売側の対談

聞くところによると、週刊ダイヤモンドで一度破談になっているようですからねぇ(^^;;


>オサーンさんへ

自分たちの部分はさておき、全体的に異例なくらい良心的ムックだと僕も感じました。
投資初心者のリアル友達たちにプレゼントしてあげたくなりました。

イラストの猫はブログプロフィールの猫のようです(^^ゞ

この本から、このページにたどり着きました。。。

1週間前まで投信にまったく無関心だった37歳の地方の中小企業サラリーマンです。(PCと、週末の家族サービスが、趣味です。。。)
偶然参加した独立系ファイナンシャルプランナーの講習会で"このままでは将来マズイ!!"と思ったのがきっかけで、2日前にたまたま書店で買った本がこれでした。。。
いきなり、目からうろこの思いになりました!!
その巻末の対談を見て、今、ここにたどり着きました。
まだ、これから、投信デビューですので、(当然、口座さえまだ無い、、、、オンライントレードも言葉をきいたことがあるだけ、、、ヤフオクの経験が数回あるのみ。。。)ハードルは、まだ高いですが、この本をベースに、(ある意味鵜呑みにして)スタートを切りたいと思います。(皆さん他に何か良書があればアドバイスください。。。) お金も将来性も無い自分には、とりあえず、時間があるだけなんだと気がつきました。。。

>TARAさんへ

はじめまして、TARAさん。
インデックス投資の1冊目としては最適な選択をされたのではないでしょうか。
高い授業料を払い、紆余曲折を経て、今のスタイルになった自分としては、うらやましいです…。

個人的なおすすめ本は、右メニューのおすすめ本コーナーと、水瀬の本棚(http://booklog.jp/users/ken97)をご覧いただければと思います。たくさん読んだ本の中から選りすぐりのものだけを掲載しています。
TARAさんのご参考になれば幸いです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

「だまされない!投資信託の選び方」は濃縮品

今日は大学の始業日で、久しぶりに講義を聞いてまいりましたが、その帰りに名古屋駅へ

だまされない!投資信託の選び方

インデックス投資についての書籍。過去にインデックス投資について解説している書籍は多く出版されていますが、それらの良い部分が効率的にまとめられています。入門書のエッセンスを抽出しているので、これ一冊で他の入門書数冊分の内容を理解できてしまいます。それに加...

BGI、MSCIワールド連動ETFを金融庁に届出

嶋田です。これは強烈なニュースです。 というかETF関連ではファイナルアンサーが出てしまいそうです。 本日のJapan Corporate News Networkの記事に「バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ、海外のi

「だまされない!投資信託の選び方」(別冊宝島)さっそく読んでみました

こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 (本を読むまで 半信半疑 だったのですが) 【だまされない!投資信託の選び方】(宝島社)は、 本当にまるごと「インデックス投資」の本

金融機関に得させない投資信託の選び方

本屋さんのビジネスコーナーに、『[http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8A%95%E8%B3%87%E4%BF%A1%E8%A8%97%E3%81%AF%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%81%A0-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-235-%E9%88%B4...

「だまされない!投資信託の選び方」を読んでみて

 他のblogでも話題になっている「だまされない!投資信託の選び方」だが、期待通りというか、期待以上というか、とても良い内容だと感じた。「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」など、これまでもイン

だまされない!投資信託の選び方

インデックス投資が特集されている「だまされない!投資信託の選び方」を読み終えました。 だまされない!投資信託の選び方宝島社発売日:2007-09-21amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 下記内...

賢者が選ぶインデックス投信

『[http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84-%E6%8A%95%E8%B3%87%E4%BF%A1%E8%A8%97%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9-%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6-1477/dp/4796659315/ref=sr_1_1/249-2363219-3829146?ie=UTF8&s...

だまされない!投資信託の選び方

今月読んだ投資本 だまされない!投資信託の選び方投資信託について分かりやすく解説してあり、インデックスファンド(含む海外ETF)がおすすめだよ。って書いてある本です。 私的には、特別目新しい事は書いてませんでし

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)