狂言を楽しむ

水瀬ケンイチ

先日、国立能楽堂で「狂言」を観てきました。
(投資とは無関係の話なので、ご興味のあるかただけどうぞ)



演目は、「昆布売(こぶうり)」、「鐘の音(かねのね)」、「千切木(ちぎりぎ)」。
野村万作と野村萬斎の狂言でした。
野村萬斎といえば、こっちこっちで知っているかたもいらっしゃるかもしれませんね。

狂言なんていうと、「格式張っていて難しいのでは」「何言ってるのかわからないのでは」などと思うかたもいらっしゃると思います。
でも、大丈夫です。
僕も生で見たのは2回目でしたが、難しくないし、何と言っているのかもだいたい分かります。
ストーリーなんて、まるでお笑いコントです。

例えば、「鐘の音(かねのね)」という演目。
ご主人様に、「鎌倉へ行って金の値(かねのね:金相場ですな)をいろいろ調べてこい」と言われた従者が、鐘の音(かねのね:ゴ~~ンというやつですな)をいろいろな寺で聞いてきて、「建長寺の鐘が一番いい音でした」と報告、ご主人様に、「何やっとんじゃゴルァ!!」と怒られるというアホ話です。
みんな笑いながら見ます。

観客はおばちゃんが多いのですが、なかには着物の老夫婦がいたりして、いい雰囲気です。
たまには、何百年も前から受け継がれている日本の古典芸能も、いいもんですよ(^^)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ