いちばん長生きで、いちばん病院がたくさんある国。でも、いちばん経済成長しなくて、いちばん借金まみれの国。

国民の豊かさの国際比較が発表されたようです。

【NIKKEI NET 2007/12/03より引用】
国民の豊かさ、先進30カ国で7位・1ランク後退
 社会経済生産性本部は3日、2007年版の国民の豊かさの国際比較を発表した。経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国のうち日本の豊かさは7位となり、前年の6位から1ランク後退した。低成長率や政府の累積債務の増大など、マクロ経済面での不振が響いた。ただ、米英など主要先進国の中では1位につけている。

 豊かさの国際比較は、世界銀行やOECDが作成した56の指標を6つの部門に大別しそれぞれ偏差値化して導き出した。部門別では日本は「環境」(4位)、「健康」(5位)が上位となる一方、「教育」(13位)や「マクロ経済」(22位)は低位にとどまった。

 56指標では、平均寿命、人口当たりの病院ベッド数、単位労働コストの低下率などは1位。1人あたりの国際観光収入、平均経済成長率、1人あたりの政府累積債務は最下位だった。
【引用おわり】

OECD7位で、主要先進国では1位とな。
なんで、欧米よりもこんなによいのだろう?と思って見てみると、「平均寿命、人口当たりの病院ベッド数、単位労働コストの低下率などは1位。1人あたりの国際観光収入、平均経済成長率、1人あたりの政府累積債務は最下位だった」とのこと。

要するに、

いちばん長生きで、いちばん病院がたくさんある国。
でも、いちばん経済成長しなくて、いちばん借金まみれの国。

う~ん。住んでいる人にとってはいいけれど、投資対象としてはちょっと…という感じです。
日本人投資家としては、なんだかさみしい気がします。
でも、それらを逆手に取れば、「日本に住みながら、国際分散長期投資」というのは、結構いいとこ取りのナイスなアイディアと言えなくもありません。

意外とインデックス投資向きの国、日本。
(無理やり?(^^;;)

<ご参考>20位までの順位
出典:国民の豊かさの国際比較2007年版

1位 ルクセンブルグ
2位 ノルウェー
3位 スウェーデン
4位 スイス
5位 フィンランド
6位 オーストリア
7位 日本
8位 デンマーク
9位 カナダ
10位 オーストラリア
11位 アイルランド
12位 米国
13位 オランダ
14位 アイスランド
15位 ニュージーランド
16位 英国
17位 ベルギー
18位 フランス
19位 ドイツ
20位 韓国

関連記事


  





コメント

病院がいっぱいあって、長生きできるのは結構なことだけれども、
"長生きのリスク" というものもあるんですよね。

国が借金にまみれているので、老後に年金だけを頼りにするのは、
リスクが高い。今から、自助努力(インデックス投資)に励んで、
長生きのリスクと、インフレのリスクを克服せねば、と思う、今日
この頃です。

豊かさって。。

結局「豊かさ」の尺度って何なんだろうってことなのでしょうか。
自分の生活を見回してみても、これが豊かだと感じることはありませんし・・・
例えば病院のことでいっても、実際、子供を産みたくても妊婦がたらい回しにされるニュースとかもありますし、日本の病院ってほんとに充分といえるのかなって疑問に思うこともあります。

もちろん、国とか政府とかのレベルでの財布の大きさでいうなら、今のところ日本のほうが他の多くの国より大きいのでしょうけれど、その財布そのものが大きくなっていく国々のほうがこれから将来の夢や希望がありますよね。

>ひろんさんへ

長生きしたい人は、自助努力、必要だと思います。

>ayabooさんへ

もともと相対的な国際比較ですから、個人が感じる豊かさと違いがあって当然だと思いますよ。

どうせ投資するなら、いい国にしたいものですよね。

NHKゆうどきネット見ました

残念ながら水瀬さんのブログの紹介はありませんでした~。
しかし!大きな声で言えるのは番組に出演した女性FPの海外ETFのリスク「急激な経済情勢の悪化」は間違っている!!
そんな時こそ買いに行くべきですね。個別株買いではないのですから、国がなくなって株式市場が閉鎖されない限り「下げ局面は買い」だと思います。

日本の病床数が多いのは老人・有病貧民・精神障害者などの一部を病院で面倒見ているからでしょう。アメリカなどではそういうのは路上で生活しているか、宗教関係の慈善施設で見ているか…

ちなみに「たらい回し」という表現は間違っています。
http://ameblo.jp/doctor-d-2007/entry-10045871220.html
http://blog.m3.com/yabuishitubuyaki/20071206/1
ゴールデンウィーク、予約が一杯で20ヵ所のホテル・航空チケット会社に電話して断られても「たらい回し」という表現はしないでしょう?受け入れキャパシティを越えたものを断るのは当然です。
御指摘の通り、本当に必要な病院は足りていません。
産科医、300件で検索してみてください。
病院はホテルと違ってエキストラベッドをいれることは法律でできませんし(笑)。
日本の人口あたり医師数はOECD30カ国中27位です。

御指摘の主旨はもっともで…
本当に豊かな日本でありつづけて欲しい~もっと豊かな日本になって欲しいものですね。

>いくぞう13号さんへ

お騒がせして申し訳ありませんでした。
該当記事は、お詫び記事に差し替えさせていただきました。

>匿名さんへ

なるほど。そういう見方もできるのですね。勉強になります。
しかし数字の捉え方は難しい。。。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)