MSCIコクサイ指数連動の海外ETF「iShares MSCI KOKUSAI Index」登場

MSCI コクサイ指数に連動する海外ETFが、12日に米国市場に上場するようです。

【NIKKEI NET 2007/12/11より引用】
米バークレイズ、日本の投資家向け外国株連動ETF開発
 米大手運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズは日本以外の主要な外国株の値動きに連動するETF(指数連動型上場投資信託)を開発、12日に米国で上場させる。外国株の分散投資に関心のある日本の年金基金や個人投資家向けで、売買が活発になれば東京市場での上場も検討するという。

 このETFはドル建て。日本を除く22カ国・地域の1488銘柄で構成するMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)の「コクサイインデックス」に連動する。ニューヨーク証券取引所傘下の電子取引所Arca(アーカ)に上場し、1株(50ドル相当)から売買できる見込み。(07:03)
【引用おわり】

日本人待望の、MSCIコクサイ指数連動の海外ETFの登場です。

iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)
 (MSCI コクサイ指数連動・信託報酬0.25%)

MSCI コクサイ指数とは、日本を除く先進国株式のインデックスです。
日本株式クラスを個別株投資でやっているかた、国内ETFでやっているかたにとって、使い勝手がよい海外ETFになると思います。
信託報酬も0.25%と格安で、一般的な外国株式インデックスファンドの三分の一程度です。

完全に日本人向けのETFなのに米国市場上場かよ~~~と思っていたら、さっそく楽天証券が、17日より取り扱うようです。
さすが楽天証券、早い!!

さて、今後どの海外ETFに投資するかについてですが…
今まで、IVV+EFAの組み合わせでやってきましたが、1306+TOKの組み合わせも検討してみたいと思います。
売買手数料が高い海外ETF(楽天証券で$31.5)の購入が1本で済むというのは、イニシャルコスト的には大きな魅力です。
国内ETFの1306の売買手数料は、国内株式に準じているので、証券会社によっては格安で購入できることでしょう。

一方で、いちばん重要なのは、ランニングコストです。
世界の株式時価総額に似せて、ざっくり(本当にざっくりですが)計算してみると、
IVV50%+EFA50%の加重平均信託報酬は、0.22%です。
1306 15%+TOK85%の加重平均信託報酬は、0.229825%です。
アセットアロケーションにもよりますが、IVV+EFAのほうが若干安いようです。

しかし、海外ETFには片道25銭の為替コストがかかります。
国内ETFの1306にはそれがありません。

さて、悩ましい。でも、うれしい悩みです(^^)
まずはTOK上場後の状況を確認しながら、楽しく考えて、今後の投資戦略を決めたいと思います。


<ご参考>記事に出てきた証券会社の口座開設は以下からできます。
(会社名をクリックしてください)
楽天証券
関連記事


  





コメント

とりあえず日本市場に上場する前に、外国のETFとはいえ購入できるようになったことは、かなりの一大事件ではないでしょうか。本当に、本年の最後を飾るニュースに見えます。

それまでIOOやEFAを用いてグローバルポートフォリオを組むと、日本株も含んでしまったり(両者とも)、カナダを飛ばしてしまったり(EFA)するなど、リレー投資を勘案すると使い勝手の面でイマイチといえる面がありましたが、これを使えば現在保有している外国株式インデックスファンドを、そっくりそのまま乗り換えることが出来ます。これで残すは、東証への上場くらいとなってしまったのではないでしょうか。

また、日本株を個別株とかアクティブファンド(さわかみ、インベスコ店頭など)にしている人も多いと思うので、そういった人がグローバルポートフォリオを組もうとする際には、重宝するようにも思えます。

私は今の所、投資額が多くないので購入するには及びませんが、少なくとも父には乗換えを進言してみたくなる内容のニュースだと感じました。

問題は為替手数料・・・

海外ETFの為替コストが、まだ国内投資家にとっては痛いですね。
早く東証上場が実現すればいいですね。

コメント

びっくりしました。つい先ほどこのニュースを
知ったのですが、楽天証券さんの海外ETFにかける
意気込み見たいなものをなんだか感じます。
価格変動リスクを抱える有価証券の
価格のブレを少しでも抑えたいため
プロによる分散投資が投資信託と
いままで考えていたのですが、
そんな分散投資の機会を
しかも低コストで提供してくれる海外ETF。
今年は海外ETFの本格的スタートの年だったと思います。
最後にまたまたサプライズ。
新しい選択肢を与えてくれたことにいまは感謝したい気持ちです。

MSCIコクサイ+TOPIXの組み合わせは、たしかダンヤモンドザイ6月号で藤沢数希さんが薦めていた組み合わせですね。
ダンヤモンドザイ6月号は、私の海外投資のきっかけになった雑誌なのでよく覚えています。
もちろん水瀬さんの記事の部分も読みました。
私は、SPY+EFA+EEMの組み合わせで投資しているのですが、TOKを購入すれば、SPY+EFAの部分がカバーできてしまいますね。
もうちょっと早く扱ってくれれば、こちらを買ったのに、、。
残念です。

TBありがとうございます。
本当にうれしい悩みですね。
この冬はリレー投資はしませんので、静観できる余裕があって助かりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>新幹線さんへ

待っていたからも多いのではないでしょうか。
よかったですね。

>輪田@【堅実投資】さんへ

個人的には、海外の金融商品に投資するには、為替手数料は「当然かかるもの」だと思っております。外貨MMFなどと同じことです。1ドル25銭というコストも許容範囲です。

>九州FPさんへ

選択肢が増えることはいいことですよね。
しかも、今回の選択肢は選ばれるかたが多いと思います。

>KKMMさんへ

今後、さらに良い商品が登場してくる可能性もあります。
その時々でベターと思われる商品をしっかり購入していくことだと思います。
あまり後悔なさらずに(^^)

>うんぼぼさんへ

ホントうれしい悩みです。

ちょっと気になる点

基本的には歓迎なんですが、
「MSCIコクサイという、日本人以外にはあまり興味がなさそうなもの」

「日本人からのアクセスは限られているアメリカ市場に上場」
というのがETFの肝である流動性をどれだけ確保できるのかなぁ…
上場から数ヶ月経った時点でどれくらい取引量があるのかを確かめるまでは様子見したいです。

別の言い方をすると、こんな日本人向けのETFなんて楽天証券が海外ETFを扱うようにならなければたぶん実現しなかったんじゃないかと思います。
直接関わったわけではないだろうけど楽天証券グッドジョブ。

当初の流動性の心配もありますが、
こういったETFをインデックス投資家が率先して購入していかないと、
いつまでも投資環境の改善にならないのかなと思っています。
ブログや投資雑誌で、いまこそTOK購入のチャンスとか
大々的にPRしていくといいんじゃないかなと思っています。

歓迎しています

>日本株を個別株とかアクティブファンドにしている人も多いと思うので
>そういった人がグローバルポートフォリオを組もうとする際には、重宝するようにも思えます。


新幹線さんのこのコメントの通りだと思います。
と言うのも僕自身が「そういった人」なので(笑)

30銘柄ほどの国内個別株を保有している身としては、IVV+EFAで海外株まで
カバーしようとすると、日本株部分だけかぶってしまう上に、EFAの信託報酬が
若干割高なのでちょっとだけ不満でした。

今回のMSCIコクサイ連動ETFの出現で完全にパズルのピースがそろった感じです。

はやくイートレでもTOKを扱ってくれないだろうか
FX経由でドルが買えるので買うときは手数料が8銭くらいで済むし

>名なしさん

>はやくイートレでもTOKを扱ってくれないだろうか

扱うと思いますよ。イートレ(SBI)ですから。
ネット証券で圧倒的に優位な立場にあぐらをかかず、2番手以下を更に叩きのめすというのがSBIです。打倒野村証券の北尾さんにとっては、楽天のアドバンテージは既にないと思います。
北尾さんファンなので、かなり偏った意見です。読み流してください。

>アルビレオさんへ

僕も楽天・Eトレの取り扱い開始後の状況を、見極めたいと思っています。

>かとまんさんへ

PRや宣伝などはあまり期待できないと思います。なぜなら、TOKに限らずインデックス商品は、儲けが少ない分金融機関やマネー誌ではどうしても地味な扱いになりがちだからです。悲しいことですが。
大事なのは、投資家自身が、良い商品をちゃんと評価して、周りに伝えてあげることだと思います。

>dqndoc1019

パズルのピースが揃ってよかったですね(^^)

>名なしさん・とりさんへ

Eトレでも取り扱い開始になるようですね。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-618.html

ひとまずSPYの代わりに

素敵な情報にわくわくしています。(^^)
これ以上口座を増やすと管理に支障が・・と楽天証券の口座開設を迷っていた私ですが、おもわず水瀬さんのページから楽天証券へ飛んで、申し込みの手続きをしてしまいました。
スタートアップガイドも届いているのですが、TOKはすでに持っている口座からも買えると知り、また二の足を踏んでいます。
ひとまずSPYと同じ口座に、SPYの代わりに買い込んで、東証に上場されるのを気長に待つのがいいのかなと思ったり・・
幸か不幸か東証で外国ETFを買うために貯めておいた資金がそのまま残っているしね。

-- http://www.excite.co.jp/News/release/JCN41138.html より

>一般投資家向け

>- 大和証券株式会社
>- 日興コーディアル証券株式会社
>- 野村證券株式会社
>- 楽天証券株式会社           
> (各50音順)

>*売買手数料や取扱開始時期等に関しては各証券会社にお問い合わせください。

>あづささんへ

運用資産が大きいかたほど、コストをいちばんに考えて購入口座を選んだほうが良いと思います。
あづささんなら賢明なご判断をされると思いますが(^^)

野村は取り扱い予定ではあるが未定

野村ほっとダイレクトに電話して、「TOKはいつから買えるのでしょうか?」と聞いて見ました。
担当者から上席者に問い合わせしてお返事がきました。
「取り扱う予定にはなっているのですが、いつからかは未定なので現在は買えません」とのお答えでした。
「楽天証券では買えるようですから、そちらに口座を開いて買うほうが早そうですね。楽天証券で買ってしまうかもしれないので、なるべく早く野村でも取り扱うようにお願いします。」
と言って電話を切りました。
楽天のスタートアップガイドに沿って書類を用意して口座を開く手続きをして、資金を移動させて、TOKを買うほうが、野村を待つよりも早そうな雰囲気でした。うーむ。

大和は

その後、大和ダイレクトにも問い合わせてみましたが、大和証券はさらに何も決まっていないようで、「何もお答えできることはありません」とのことでした。追加情報まで。

>あづささんへ

貴重な情報ありがとうございます。
楽天に口座を作られたらいかがですか?
今後を考えると、個人的には、野村や大和でネット証券以上の革新的サービスが提供されるとは思えません(^^;;

スプレッドはどうでしょうか?

はじめまして。Retrieverと申します。
ずいぶん遅いコメントで大変申し訳ありません。

私は個別株中心に行ってきたのですが、徐々に海外ETFの割合も増やしています。
先日、イートレードでこのTOKを購入しました。
私もIVV+EFAとの比較でエクスペンスレシオは大差ないと判断し、初期コストの差でTOKにしたのですが、TOKは流動性が低いことが気になりました。
流動性がないとベンチマークに対してトラッキングエラーが発生したり、売り買いでスリッページが大きくなったりするのではないかと気になります。
高々26ドルくらいの手数料の差だったら、流動性のあるIVV+EFAの方が何かと良いかも?と思いました。

他にも分配金の二重課税はやっぱり気になります。所得によっては確定申告しない方がいいと聞いているのですが、どうやってその閾値を出せばいいのかがまだ分かりません。

失礼ながらトラックバックさせていただきました。以前からよく見てはいるのですが、今後もちょくちょくのぞかせていただきます。よろしくお願いしますm(_ _)m

所得330万以上なら二重課税の還付申告しないほうがいいといいますね。
分配金に19%源泉されるのは確かに不利です。
海外ETFの分配金が年2%もらえるとして、その9%分、つまり0.18%分コストがかかっています。
それでもTOKの0.25%に0.18%足したところで、国内の外国株式インデックスファンドよりもお得でしょう。

TOK1本とIVV+EFAの2本だての初期コストの問題は、これらがまったく同一のものではありませんし、実はTOKとIVVの価格変動って似てるんですよね。。ドルコストの精度は落ちるかもしれませんがIVVとEFAを交互に購入するなどして対応すればいいと思います。ドルコストは絶対的に有利な方法ではなく、心理的に安心できる方法なだけですから。
流動性を考えたらTOKはまだ手を出しにくいなと個人的には考えますが、それでも誰かが買ってくれないと流動性の問題はいつまでたっても解決しませんので、ぜひTOKをみなさんに購入していただきたいと思います。

>Retrieverさんへ

買った後に気になると言っても仕方がないような…。
投資判断は自己責任でお願いします。


>TOKIOさんへ

税金についても、TOKについても、考え方はひとそれぞれですね。
じっくりと見守りたいと思います。

野村でもTOK扱うようになっていました

野村證券でもTOKが買えるようになっていました。
http://www.nomura.co.jp/retail/etf/fetf/lineup/us.html

手数料が高いので、皆さんの興味は引かないと思いますが
最近よる年波で、IDやらパスワードやら管理が大変になって
来てしまったので、同じ口座にまとめられるものは、まとめた
ほうが良いか知らんと真剣に思うようになりました。

残高の書類なども郵便で来るわけでもないし、もし名義人が
亡くなっても、家族も金融機関も誰も気づかずに何十年も
そのままになってしまうなんてことはないのでしょうか・・

最近記憶力に自信がなくなって、ちょっと弱気です。(--;)

コメントありがとうございます

>あすささんへ

利便性を優先させるかたがいらっしゃっても全然おかしくありません。
ご自分なりの管理方法を実践なさるのがよろしいかと思います。

僕個人は、今はインデックス投資環境の転換期だと思っていますので、複数の金融機関に口座を保有し、その時々でベストと思われる商品をベストと思われる金融機関で購入しています。
いずれ、まとめるかもしれませんが、現在はこの管理方法でやっています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ETFの本命 遂に登場

投信の世界では、Eトレード証券が提供することになったバランスファンドのSBI資産

MSCIコクサイ・インデックス連動型ETF上場

米バークレイズ、日本の投資家向け外国株連動ETF開発【NIKKEI NET】 iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)がそれ。いわゆる「MSCIコクサイ」に連動するETFで、このETFひとつで、日本以外の主要22カ国・地域(これらの構成国の時価総額合計は全体の85%をカバー)の株

iShares MSCI KOKUSAI (TOK)がNYSEArcaに上場

普段参考にさせていただいているブログでも既に報じられておりますが、MSCI KO...

米バークレイズ、日本の投資家向け外国株連動ETF開発

海外ETFの最終兵器といえるMSCIコクサイに連動するETFが12月12日にニューヨーク市場に上場されるというニュースもビッグニュースですが、17日になんと楽天証券で取り扱い開始との事です。 ビッグ×100位のインパクトのアルニュースです。Eトレは毎回先を越されっぱ...

バークレイズがMSCIコクサイETF をアメリカ市場に上場させます

こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 (さっそく)日経ネットのこちらのニュースからどうぞ。 【米バークレイズ、日本の投資家向け外国株連動ET...

追加投資

今月の追加投資をしました。 野村-グローバル・コモディティ・オープン(毎月分配型) シュローダー-BRICs株式ファンド です。 分配金をためて、ETFに投資できればいいと考えて...

MSCIコクサイETFが(アメリカで)上場…

バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ(BGIグループ)が、待望のM

[メモ] iShares MSCI KOKUSAIが楽天からですヨ

米国株式>12月17日より米国株式(海外ETF MSCIコクサイ)1銘柄取扱開始...

MSCIコクサイ連動ETFまとめ話

今月で一番ビッグな動きはMSCIコクサイ連動ETFが米国で上場しネット証券会社が海外ETFとして日本人にも購入できるようになった事でしょう。 このETF(TOK)と1306を組み合わせれば簡...

MSCIコクサイ指数の各国構成比とGDP

楽天証券でMSCI KOKUSAI(コクサイ)指数に連動する海外ETFのTOKの取扱いが、昨日12月17日からついに始まりました!TOK:日本以外の先進国(MSCI KOKUSAI)EFA:北米以外の先進国(MSCI EAFE)TOPIX:日本(TOPIX)IVV:アメリカ(SP

結局TOK(MSCIKOKUSAI)を買いました

97円台で買えたドルで、結局TOKを買いました。TOKはMSCIKOKUSAIIndexに連動するETFで、信託報酬は年0.25%です。いつもはEAFEを買っているのですが、今回はIVVかTOKにするかで迷いました。IVVはS&P500に連動するETFで、信託報酬が年0.09%。TOKより安い。(まあ、TOK...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)