イー・トレード証券、MSCI・コクサイ・インデックス・ファンド含む海外ETF3銘柄追加

イー・トレード証券が、海外ETF3銘柄を追加するようです。

iShares MSCI KOKUSAI Index Fund (TOK)
 (MSCIコクサイ指数連動・信託報酬0.25%)
iShares S&P SmallCap 600 Index Fund (IJR)
 (S&Pスモールキャップ600指数連動・信託報酬0.20%)
iShares Dow Jones U.S. Real Estate Index Fund (IYR)
 (ダウ・ジョーンズ米国不動産指数連動・信託報酬0.48%)

目玉は、先日楽天証券での取り扱い開始が話題になった、MSCIコクサイ指数連動のiShares MSCI KOKUSAI Index Fund(TOK)です。
これで楽天証券とイー・トレード証券の2社が、TOKを取り扱えるようになりました。
TOKの「日本人向けETFなのに米国市場上場」というハンデを克服するには、米国市場へのアクセス手段を多様化するしかありません。
早くマネックス証券でも、米国市場の海外ETFを取り扱えるようになるといいですね。
(関連記事)
2007/11/03 マネックス証券、海外ETFの取り扱いを1日でも早く実現できるよう推進中

なお、TOKは12月19日から、IJR・IYRは12月21日からの取り扱いになるようです。
イー・トレード証券、グッドクリスマスプレゼント!(^^)b


<ご参考>記事に出てきた証券会社の口座開設は以下からできます。
(会社名をクリックしてください)
イー・トレード証券
楽天証券
マネックス証券
関連記事


  





コメント

etradeユーザです。きましたねー。
うーん、しばらく出来高を見てから考えようかな・・。
東証でやってくればいいんですけど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これが東証や大証ならネット証券会社も楽なのにな・・・と思ってしまいます。
来年はネット証券大手は出揃うかも知れませんね?
いくら何でもマネックスだって動くでしょ?たぶん(笑)

>old manさんへ

イートレ、きましたね。
東証でやってくれたらいいですが、東証に期待をかけると待ちくたびれるので、期待しないで待つくらいがちょうどよいのかもしれません。

>とよぴ~さんへ

マネックスはもう動いているようです。
株主向けに公言しているので、間違いないと思われます。
詳しくは、記事本文の関連記事をご参照ください。

MSCI KOKUSAI Indexは、東証で取引できるようになるまで待ったほうがいいかなぁ~とも思っています。
出来高しだいで、東証が動いてくれるといいんですが。
水瀬さんのおっしゃるとおり、普通のインデックスファンドで積み立てながら、「期待しないで」待つことにします。(笑)

>輪田@【堅実投資】さんへ

東証に関しては、それくらいがちょうど良いと思います。
いずれ輪田さんにも分かると思います。

低コストの観点から、インデックスファンドで積み立ててETFに乗り換えるという手法について質問です。
乗り換えの際にはそれまでの利益に課税されてしまうかと思いますが、その点についてはどうお考えでしょうか?

>かめさんへ

以下の記事のコメントをご参照ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-608.html

TBとリンクさせてもらいました

水瀬さん、はじめまして。
「派遣OLのドキドキ投資日記」のえむと申します。
いつも参考にさせてもらっています。

先日初めて税務署に行ってきました。
まだ売ってませんが海外ETFの計算が頭痛いです。
また聞きにくるかもしれません。

これからもよろしくお願いします☆

>えむさんへ

はじめまして、えむさん。
記事はとても参考になりました。
確定申告は面倒くさい&はっきりしない部分があって、僕も頭が痛いです。
特に、外国籍投資信託や海外ETFの申告が面倒です。分配金にかかる二重課税を何とかしてほしいですね。
これからもよろしくおねがいします。

出来高がTOKは相変わらず少ないのが、流動性を考えると若干問題では内科と思うところですが、外国株式インデックスからのリレーを前提とするのであれば、これ以上使いやすい商品は今の所考えられないといった所でしょうか。私の父もそれを理解したのか、昨今そのリレーを実施(MSCIインデックスコクサイから移動)したようです。

イートレードで取り扱われるとなると、配当金の受け取り方法や売買手数料のことを考えて、そちらを利用する人もかなり増えそうですね。私は将来、どちらを活用することになるのかまだ分かりませんが(新参会社になる可能性ももちろんあります)。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

所得の種類について

さて、先日税務署でいろいろ聞いてきたので 何回かに分けて説明しちゃいます。 今日は、所得の種類について。 「投資で儲けた」と言ってもいろんな方法があります。 (1)国内の株式を売って利益が出た! (2)株式投資信託を買取請求して利益が出た! (3)...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)