ぐだぐだ居酒屋トークに投資の要諦が

先日、飲んだくれ友達のHちゃんと、いつもの居酒屋で飲んだくれました。
例によって、上司がどうだとか、芸能人がどうだとか、結婚がどうだとか、ぐだぐだトークを延々としていたのですが、その中で投資の話になりました。

Hちゃんは投資をしていません。曰く、
「ベンチャー企業にいると投資なんて恐ろしくてできない」
ということです。

ちなみに、Hちゃんはベンチャー企業を何社か渡り歩き、総務・経営企画・IRなどをやってきた経験の持ち主です。
今まで働いてきたベンチャー企業について、
「投資家のことなんて考えていない」
「本業を疎かにM&Aばかり」
「株式事務が不適切」
「管理職が不正キックバックを…」
といろいろ手厳しい指摘が続きます。
最後は、
「わたしはもう、資本主義が信用できない…」
とまで言っていました。

僕は思うところがあって、以下、こんな話をしました。
水瀬
「でもさー、車だって携帯だって今飲んでる酒だって、みんな株式会社が作ったものじゃん」
Hちゃん
「そりゃそうだけど、ベンチャーはひどいよ」
水瀬
「そのひどいベンチャー企業たちの中から、トヨタやソニーが育ってきたんでしょ。今時点で切って見たら、良い会社も悪い会社も両方あって当然だと思う」
Hちゃん
「その悪い会社にだまされる投資家がたくさんいるよ」
水瀬
「それを見分けようとするのが、個別株投資なんだろうなぁ」
Hちゃん
「中にいるから分かるけど、外から見たってきっと分からない」
水瀬
「見分けがつかないなら、全部に投資しちゃえば」
Hちゃん
「えー」
水瀬
「良い会社も悪い会社も両方あるけど、平均すれば良い会社のほうが少しは多いだろうという考え。これインデックス投資」
Hちゃん
「ほー。なるほど」
水瀬
「どうしてもベンチャーがいやなら、大型株だけのインデックスもあるよ」
Hちゃん
「今度、どれに投資するのか教えてよ」
水瀬
「あいよ」
Hちゃん
「この会話、録音してブログにアップしたら?(笑)」

記憶があやふやなので(笑)一部違うかもしれませんが、こんな感じだったと思います。
ぐだぐだ居酒屋トークの中にしては、投資の要諦に関わるまともな会話だったような気がしたので、録音はしてませんでしたが、記事にしてみました。
Hちゃんは、インデックス投資に少し興味が出てきたようです。
もちろん、最後は本人が決めることなので、無理強いはしませんが、聞かれたことには答えようと思います。

その日、Hちゃんは終電で帰っていきましたが、僕の終電はもう終わっていました。
タクシー代、値上がりしたばかりなのに…。(TーT)

P.S
記事を書いていて、入れたボトルをキープし忘れたことに気付きました。
ダブルでショック!!
関連記事


  





コメント

えー?!?!ちょっとー!!!たっぷり半分残ってたのに!!
てっきりカード預かってるんだと思ってましたT_T

なんだよ… 呑むんならオレも呼んでよ… 
ベンチャーネタなら面白い話がいっぱいあったのに… (ノω・、)

会社勤めの中年オヤジの意見です。

まず最初に、Hさんのお考えを否定するつもりはまったくありません。自分が勤めている企業がベンチャーとも取引している経験を踏まえた個人的な意見です。しかし管理人さまが Hさんとの人間関係で不都合と判断される場合は、非表示にしてください。
個人的な会話についての”私の勝手な”コメントですので、管理人さんの人間関係を壊したくありませんので、お願いいたします。

コンプライアンスや内部統制という話以前のベンチャー企業ですが、そこがベンチャーなんだろうと思います(それが正しいかも実はわからない私です)。

ご指摘の部分に関して思ったこと。

>「投資家のことなんて考えていない」
ベンチャーは自分(創業者)が身銭を気って創業した企業ですし、自宅等の自分の資産を担保に運転資金を確保していますから、会社の存続>従業員の給与>自分の利益>投資家の利益の順番に考えるのは普通かと思います。
また上場企業でも投資家のことを真剣に考えている企業はそう多くないと思います。

>「本業を疎かにM&Aばかり」
経営者がそういう方向のお会社さんはあると思います。
ただ本業が虚業であるかそうでないかは、後にならないと分かりません。
本業が疎かにして潰れる会社はたくさんありますが、疎かにしているということがない会社も潰れることも多いです。一部上場企業も元々はベンチャー企業でしたが、数少なく生き残ったことを考えると、存続する企業は運が良かっただけではないのか?と思ったりしますよ。
上場企業に勤めていますが、運不運というのも企業存続の大きなファクターだと最近思います。

>「株式事務が不適切」
株式公開をしていない会社であれば、いい加減で済むんでしょうね。
上場してもいい加減であれば上場廃止になりますから、それでその企業が継続しているのであれば監査法人が無能なのでしょう(西武のように)。

>「管理職が不正キックバックを…」
ベンチャーでなくともたまにある話です(去年懲戒解雇になった人がいたので)。
業務上横領はりっぱな犯罪になりますが、それを告発できない風土は問題ですね。

>「中にいるから分かるけど、外から見たってきっと分からない」
中にいるから分かっていないというのも最近感じます。
本社スタッフ、技術、工場、営業と所属するセクションが違うだけで、同じ会社なのに、自分の会社に対してのイメージが違います。それもかなり。
私は営業なので、外から見るイメージを直接お客さまからお聞きしていますが、私のイメージとも他の部門にいる方のイメージとも違います。
結局は、たまたまその時にお客様に対応している人間のイメージかと思う時もありますが、もう会社にいない諸先輩の名前がお客様から出る時があったりしますので、たまたまそこにいた人のつながりが継続していった結果がいまの自分の勤めている企業の評価なのだと思います。
しかし内部の人間でもない、お客様でもない、銀行でも提携会社でもない、”一番外にいる投資家”には分からないというのは、正しいと思います。なので自分はインデックスという結論になりました。

>「わたしはもう、資本主義が信用できない…」
残念ながらHさんも水瀬さんも(私も)含めて資本主義の社会にある会社の稼ぎで生きています。なのでHさんが嫌いだった会社と資本主義は違います!と言い切りたいですが。。。難しいですね。。。。
自分個人が勤める企業というのはその時々で一つでしかありません(自分の身は一つしかありませんから)。
所詮、自分がその時にたまたまいる企業で資本主義に関しての勝手な自分の妄想を抱いているのだと私個人は思っています。

>入れたボトルをキープし忘れたことに気付きました。 ダブルでショック!!
その金額は、自分の日々のボラティリティーの範囲内ですから、ちょっと為替が円高になったとか、ちょっとS&P500が下落したと思いましょう!、と資産効果で浪費を煽ってみる(汗

>Hちゃんへ

やってもうたね。
おたがい酔っ払いすぎたようです。

>W君へ

次回はお呼びしましょう(^^)

>とりさんさんへ

皆さんの参考になると思い、公開させていただきました。

無知の知

個別投資、インデックス投資、どちらがいいのか、王道はないような。

>たまさんへ

投資において、必ず儲かる王道などないと思います。
インデックス投資が最高の投資法とは思っておりません。
定常的にインデックスを上回れるかたは、インデックス投資などしないほうが良いと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)