「FXのスワップ狙い」は外国債券投資の代わりになり得るか?

以前から、アセットアロケーションにおける外国債券クラスの投資商品として、「FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント狙い」をすすめる書籍やブログが散見されていました。

「FXのスワップポイント狙い」というのは、FXである通貨のロングポジションを保有し続けることにより、毎日付くスワップポイントを獲得し続けるというような投資法だと理解しています。
でも、個人的には、本当に「FXのスワップ狙い」が外国債券投資の代わりになり得るか?という疑問を抱いていました。
いろいろ調べていましたが、現在は、(間違っているかもしれませんが)自分なりの結論が出ています。

それは、「No」です。

その理由は、ある相互リンクブログ記事へのコメントを引用する形で説明したいと思います。
ブログ記事内容から、そのかたは、リタイア後の安定収入として、外国債券から「スワップ狙いのFX」に移行しているように思われました。
【引用開始】
ごぶさたしております。水瀬です。

FXへの投資を開始された以前から、実は気を揉んでおりましたが、外債からFXへシフトし安定収入源とする旨を拝見するにいたり、思わずコメントさせていただきました。

外債とFXでは、利益の源泉が違いますよね。
外債は、債券の金利(基本的に現地通貨ベースの固定金利)が源泉。
それに対してFXは、金利ではなく、2国間の通貨の金利差が源泉。

利益の源泉の要素が、外債は1つ、FXは2つです。
FXはパフォーマンスに影響を与える要素が少々複雑です。
米ドルを例にとると、FXは、日本の金利が上昇すれば、米ドル金利が変わらなくても、米ドルロングポジションのスワップポイントは低くなってしまいます。
外債に対するFXの優位性というのは、普遍的なものではなく、危うい前提の上に成り立っているのではないかと思うのです。

私自身も早期リタイアに向けて、運用商品を研究しておりますが、リタイア後の安定収入という目的のためには、FXと外債を、同等あるいは代替できるものと考えてはいけないような気がしております。

また、為替差益狙いは投機で、スワップポイント狙いは投資という考えを持っておられる方が多いようですが、理論的には、「FXは為替差益とスワップポイントを合わせてゼロサム」と言われております。

リタイア後の安定収入源をFXに移行して、本当に大丈夫でしょうか?
釈迦に説法かもしれませんが、どうしても心配になってしまい、コメントさせていただきました。
先輩に対する失礼をどうかお許しください。
【引用おわり】

要するに、FXは、

・インカムゲインの源泉が、金利ではなく、2国間の通貨の金利差である

ということから、外国債券の元本と金利の確実性(現地通貨ベースですが)には及ばないという考えです。

あらかじめお断りしておくと、僕はFXという商品そのものを否定しているわけではありません。
FXは、超低コストで遊べる楽しい投資商品だと思っています。特に、インデックス投資の退屈対策としてはピッタリだと思っています。
しかし、純粋なギャンブルとして遊ぶのにはよくても、リタイア後の安定収入目的の外国債券投資の代わりになり得るかということになれば、そうではないというのが現在の僕の考えです。

P.S
結局、このかたは、FXと外国債券の違いを正確に把握しておられ、「スワップ狙いのFX」を、リタイア後の安定収入目的でやっているわけではなく、プラスアルファのお楽しみ資金のためにやっている(安定収入は現金と個人年金で確保)ということが判明し、僕の勘違い&余計なお世話だったという情けないオチでした…(^^ゞ
関連記事


  



コメント

>「FXのスワップ狙い」が外国債券投資の代わりになり得るか?

私も、詳しく調べたわけではありませんが、代替にはならない
だろうなぁ.. という感触を持っています。
スワップ狙いよりも、外貨MMFかな..と。

恥ずかしながら、最近気が付きました

水瀬さんの記事を読んでいて、タイムリーなことに、日経マネーに私のブログが掲載されまして、その中で「外債の代わりにFXを活用」していると記述して頂いています。

今までは、超低金利のおかげで、「外債の代わりのFX」は、11%超のリターンが出ていましたが、今後は日本の金利上昇に従って、リターンは悪化するかもしれません。

実を言うと私も最近、外債の代替としては不完全であることに、最近になって、ようやく気が付いて、外債インデックス投信の積立を始めたところです。

結構なポジションをFXで取っているので、これをどうしていくのかは答えが出ていませんが、アセットの一部としては持ち続けて、外債インデックス投信の割合を増やして行くしかないかなと思ってます。

非常に勉強になりました。ありがとうございました!

はじめまして、今日PALCOMさんのブログを見てお邪魔しました。FXが外国債権の変わりになるという考え方の間違いがよく理解できました。づっと疑問だったのですが、目から鱗です。ありがとうございました。

レバレッジ3倍

この件、私も1年くらい、うんうん考えていました。

レバ3倍で1万ドルってのは、1ドル120円として
40万を自己資金、80万を借金しているような状態ですもんね。
(正しくは120万借金しているのですが)

大幅な円高になってロスカットされるようでは長期投資の前提からはずれるでしょうから、80万は流動性資金等で確保しておく必要があります。

スワップ1日120円は年3.6%、80万の円MMFの金利が0.5%として、合わせると年3.98%になり、レバ3倍で年10.9%という計算に無理があると解釈しています。

税制の違いを加味しないといけないですが、米ドルMMFにくらべてスワップが有利とはいえないでしょうね。
一般の外債については固定金利ですし、債券価格自体も上下しますので、そもそもスワップでは代わりになりえないですよね。

イートレFXで現引きして米ドルMMF購入するのがお得かなと思っています。

金利裁定説

はじめまして。すばらしいブログ、いつも拝見しております。

FX1倍と外債への投資の違いについてですが、金利裁定説
というのがありまして、ご存じのようにFXのスワップはこれで決まってますし、
外債についても理論的には(10年くらいの長期では)同じことです。
日本国債と海外のソブリン債は(損得がないように)金利差を吸収して
為替が変動するという、インデックス投資家にとっては納得しやすい理論だと思います。

金利裁定説によれば、外債に投資するのと日本国債に投資するの
とでは全く同じ期待収益(為替変動リスクだけ外債の方が高い)という
結論になります。もちろんポートフォリオの一部として
リバランスする対象としては意義がありますが。

もちろん株式については金利裁定の他に付け加わる要因がありますので
この限りではありません。

>ひろんさんへ

僕も研究中なので、詳しく調べたらぜひご教示くださいね。

>エッジさんへ

かなり積極的にFXをおすすめされておられるので、意外でした(^^;
もし、そうお考えならば、エッジさんのブログにも、読者のかたが「外債の代わりにFXでよい」と思われないよう、その旨をご記載されることをご提案申し上げます。

>久さんへ

何かのお役に立ったのであれば幸いです。

>かとまんさんへ

>>イートレFXで現引きして米ドルMMF購入するのがお得かなと

なるほど、これはかなりお得な方法だと僕も思います。
貴重な情報ありがとうございます。
イートレに米ドルMMFしかないのが惜しいですね。

>TOEさんへ

必ず来ると思っていたツッコミ、ありがとうございます(^^)

TOEさんが仰る「金利裁定説」というのは、おそらく「金利平価説」のことだと思いますが、もちろん存じております。
それでも、以下の2つの理由から、「FXのスワップ狙い」は外国債券投資の代わりになり得ないと考えています。

(1)金利平価説は、外国為替レートの決定要因を説明する数ある概念・要因のひとつに過ぎず、実際の為替市場は、他にもたくさんの要因の影響を受け、必ずしもこの理論どおりに動いていない。

(2)外国債券を償還まで保有することによる、元本と金利の確実性は、FXにはない。
※この意味では、FXも外貨MMFも外国債券インデックスファンドも同じです。

なお、金利平価説の解説に付随してよく出てくる、「外債に投資するのと日本国債に投資するのとでは全く同じ期待収益」という話は、話としては面白くて好きなのですが、この記事の主旨(FXと外債)とは別の話なので、スルーさせていただきます。

以上のことから、やっぱり「FXのスワップ狙い」は外国債券投資の代わりになり得ないと思うのですが、いかがでしょうか。

私のわずかな経験では、やはりFXや海外MMFは外国債券の代わりにはならないように思います。夏のサブプライムショックでは、信用収縮→株安、債券高(「質への逃避」)、円高(円キャリー取引解消)でしたので、外国株と海外MMFでは、株安と円高のダブルパンチとなり、リスク分散効果は得られませんでした。その後は外国株と債券の組み合わせに変更したところ、互いに補い合う関係になって乱高下が和らいでいます。長期的にみれば、外国金利安→株高、債券高、通貨安(=円高)なので、FXや海外MMFの方が外国債券よりも外国株式との相関は低いのかもしれませんが、このところはそうでもないというのが痛い目にあっての実感です。

私も以前はスワップ狙いのFXを外国債券クラスの中心に据えていました。確かに短期的なリターンは投資期間においては高かったです。
しかしやはり皆さんの仰るように外国債券や外貨MMFの代替にはならないということに気づき、今年すべてポジションをクローズし、外債・外貨MMF・外債インデックスファンドへスイッチしました。
これに伴い確定申告が必要になってはしまいましたが、長い目で見ればよかったのかと思っています。
FXのスワップ狙いは複利効果が得られにくいですしね。

いろいろと難しい話はあるかと思いますが、エントリの中で書かれているように「インカムゲインの源泉が、金利ではなく、2国間の通貨の金利差である」に尽きると思います。今は日本の金利がゼロに近い状態なので、FXは外貨の高い金利収入を得られるように見えるだけで、この状態がいつまでも続くわけではないはずですよね。
自分も数年前にFXの利用を検討しましたが、スワップが金利というよりは金利差だとわかって、長期では債券の代替にはならないと思い、やめました。でも、この考え方に自信がなく、自分のblogでも触れてきませんでしたが、このエントリのおかげで少し自信が持てました。

出発点がおかしい

えーとですね、そもそもFXどころか外債も安定収入にはならないんですよ。

ひとまず為替レートは無視して、英ポンドの定期預金の場合日本の銀行でも4%程度の金利です。現地ならもうちょっと高いんでしょうかね?それに対して日本長期国債の金利は1.5%ほど。
イギリス人が為替リスクを取ってまで「安定収入として」日本国債を買うはずがないことは理解できると思います。銀行に預けるより金利が低いってことは、そんな債券を持っているだけで損を出し続けているのと同じだから。
円の場合だって一万ドル分の外債を買えば一万ドル分の円を手放す必要があるのだから、その分の円の金利は受け取れなくなる。
つまり外債であっても保有していれば結果的に金利差の影響を受けているわけなんですよ。
だいたい為替リスクがある上にコストもかかるのに外債を買うのは円よりも十分に金利が高いからでしょ?円の金利が低いのが当たり前になっててそれに気がついていないのなら、FXのときだけ気にするのは変ですよ。
外債現物なら固定金利だといっても、金利差で見れば実質的に変動していることになるんだから。

もうひとつ、スワップポイントの源泉が金利差というのはもちろん間違っていないんですが、長期的な安定収入とみなせるかという話ならもうちょっと踏み込んだ方がいいです。
円の方が金利が低いとして、FXの外貨買いポジションを持っていると外貨の金利を受け取って円の金利を差し引いた分が受け取りスワップとなります。まあここまではみなさんご承知でしょう。
では金利差は変化しないままで持っている外貨のレートが半分になったら?
受け取っているのは外貨の金利(引く円の金利)、それに対してスワップポイントは基本的に円単位なので、当然受け取れるスワップも半分になります。金利差は変わっていないのに!
だから厳密に言えばスワップポイントは「金利差×保有ポジション×為替レート」で計算される、別の言い方をすれば「金利差を円に換算したもの」となるわけです。

それとですね、特に前置きなしに債券や債券ファンドの話をする場合の金利は中長期金利あたりを指しますが、FXのスワップポイントに関わる金利は短期金利です。
特に今は円の短期金利が非常に低いため、「FXのスワップポイントと外貨MMF」「外貨MMFと長期外債」を比べると後者の違いの方が大きいと思います。
だからFXと比較するのなら、まず短期金利同士の外貨MMFと比べた方がわかりやすくなります。
外債との比較では通貨間の金利差と長短金利差の二つの要因がごっちゃになってしまうのでわかりにくい。
MMFとの比較だとレバレッジをかけることで実質利回りはMMFを十分に上回ることができるので、きちんとリスクコントロールさえできていれば税制面の不利を差し引いても利用する価値はかなりありますよ。

まあ私は2年ちょいFXやってて、現時点の評価額だと年率換算で75%ほどになっているのでひいき目はあると思います。
その分は割り引いて考えた方がいいでしょうけど、「FXだろうが外債だろうが長期安定なんて期待できないのはいっしょ。外債を一万ドル買うのとFXで一万ドルのポジションを持つのは同等の為替リスク。自己資金をどう振り分けるかではなく、どのようなリスクをどの程度取るのかという視点で見れば自分がどれだけリスクコントロールできるかという問題であって、FXだから特にリスクが高いと見る根拠はない」ってな感じですね。

かとまんさん
>80万は流動性資金等で確保しておく必要があります。
たとえば手持ち資金が120万円のとき一万ドルを外債で買えば流動性資金はゼロになります。
レバレッジ3倍で一万ドルのポジションを持てば、80万円の流動性資金は残ります。
ドルの価値がゼロになる可能性はほぼ皆無(どうせそうなったら円も無事ではない)なので、80万円まるまるならともかく10万、20万なら一時的に手をつけてもいざというときに他の資産を売却するなどして調達できるめどがあるなら問題ないでしょう。いざというときが起こらなければ借金をすることによる損失もありません。
借金にはこのように一時的な流動性を確保するのに便利だから、お金持ち企業でも借金をするのです。
消費者金融やクレジットカードなどのキャッシュローンは無担保ゆえにコストが高いので借りないに越したことはないですが、十分にコストが安く(FXなら逆に受け取れる)自分できちんとリスクコントロールできる範囲であれば使いこなす価値はあると思います。
その典型例が無金利で借金できるクレジットカードの一括払い。
まあ、資金が不足してくるとリスクコントロールを維持するのが難しいんですけどね。

最後に
>FXは為替差益とスワップポイントを合わせてゼロサム
これって金利平価説の上ではそうなるだけであって、現実には長期的に見てもあまりあてにならないんですよねぇ。
結局金利差による平衡なんてのは、現実の為替レートの決定要因としてはゼロではないにしてもそんなに大きな影響力は持っていないようで。
最初に書いたように表面金利ではなく通貨間金利差で評価すると、金利平価説が正しければ外債も金利と為替レートの相殺でゼロサムになるはずだしね。
長期に見れば金利自体がコロコロ変動するので、金利平価説もかなり不安定で役に立たないと思います。

お金を預けた先の信用リスクの違いもおおきいですよね。

FX管理会社が倒産したときに、保証金はパー。(分別管理の対象ではない)
MMF、債券は、貸出先の信用リスクはあるが、分散されていて、FX管理会社よりはずっと高格付け。

ということで、数十年かけて育てていく資産の一部としては、MMF、債券の方が、適していると思います。

レバレッジの解釈が大切かなと

アルビレオさん

FXとMMFを比較すべきで、長期金利の外債とくらべるのはそもそも全く別物だというご意見、私もそうだと思います。

FXとMMFの違いは、やはり借金をするかどうかの話だと思います。

>MMFとの比較だとレバレッジをかけることで実質利回りはMMFを十分に上回ることができるので、きちんとリスクコントロールさえできていれば税制面の不利を差し引いても利用する価値はかなりありますよ。

レバ3倍で実質利回り3倍という話だと思いますが、確かに為替レートが全く変化しないなら実質利回り3倍と解釈していいと思います。
MMFが年4%なら、レバ3倍FXは年12%ということでしょう。
しかしながら円高になって為替差損が発生。
MMFは年4%として年間5円まで為替差損による元本割れを避けられると金融機関で説明されますが、ではレバ3倍FXは年12%だから年間15円までの為替差損を補えるでしょうか?

実質利回りという表現を使用するなら基準となる投資額は証拠金の分だけでしょう。このFXでいわれる実質利回りはMMFなどのレバかけない商品の利回りとは意味合いが違うと思います。

私もFXは利用していますが、あくまで利回りはMMFと同等の4%。
レバレッジはあくまで借金であり、低金利なのでそれをうまく活用できるなら、レバかける意義もあるでしょう。
私も地味ですが、ういた80万を住信SBIネット銀行の1%普通預金にあずけています。

FXの場合為替リスクの他に、いざというときの借金対策リスク、FX業者の倒産リスクがありますね。
今は証拠金保全してくれることになっている業者が多いですが、いずれにしろ、そのときに為替損益が確定してしまうことでしょう。


いずれにしろ、為替リスク以外のリスクが高めですので、くれぐれも無理ない範囲でやらないと痛いですよね。
私も2月の下落の時は数日で証拠金が半額になって、頭の中では理解していたつもりでも、そのときはパニックになりました(その後夏に生き返りました○)。

レバ1倍だとMMFとほぼ同等ですが、償還リスク(倒産)、税務で不利かもといった違いは残ると思います。

>へのへのもへじさんへ

>>外国株と海外MMFでは、株安と円高のダブルパンチとなり、リスク分散効果は得られませんでした。

>>長期的にみれば、外国金利安→株高、債券高、通貨安(=円高)なので、FXや海外MMFの方が外国債券よりも外国株式との相関は低いのかもしれません

えーと…。
正直、仰ることが僕にはよくわかりませんが、結論は同じようですね(^^;;

>ybさんへ

ごぶさたです。ybさんもそうでしたか。
ybさんくらいの資産規模があれば、生債券だけでも十分分散できそうですね。

>fundstoryさんへ

fundstoryもですか。
FXはアセットアロケーションにおける位置づけがが難しいですよね。

>アルビレオ師匠へ

ご指摘ありがとうございます。
師匠の胸を借りるつもりで、議論させていただきます(^^)

(1)「FXどころか外債も安定収入にはならない」とのご指摘について

為替リスクがある以上、安定収入にはならないというのは、それはそうなのですが、FXと外債の間には確実性に「程度」の違いはあると思います。
それは、TOEさんへのコメントにも書いた、「外国債券を償還まで保有することによる、元本と金利の確実性は、FXにはない」という点です。
確実性について、外債を途中売却すると、FX=外債なのかもしれませんが、償還まで保有すれば、外債>FXだと言えませんでしょうか。

(2)「金利差は変化しないままで持っている外貨のレートが半分になったら?」とのご指摘について

これは、FX=外債と言っているに過ぎません。FX>外債でないところに注目してください。

(3)「FXと比較するのなら、まず短期金利同士の外貨MMFと比べた方がわかりやすくなります」とのご指摘について

そのとおりなのですが、分かりやすいか否かに関係なく、いただいた方々のコメントでもわかるように、実際に多くの方が「FXのスワップ狙いは外国債券投資の代わりになり得るか?」で悩んでおり、代替になると言い切る書籍も出ている以上、外債との比較をすべきだと思い、記事にしています。
よって、ここではMMFとの比較はしていません。

以上3点をまとめると、FX<外債となりませんでしょうか。
「FXのスワップ狙いは外国債券投資の代わりになり得るか?」の問いには、「なり得ない」という答えは変わらないように思います。

>たろうさんへ

FX会社によっては、信用リスクが高いところもあるようですね。
気をつけるべきだと思います。

>かとまんさんへ

上記アルビレオさんへのコメントにも書きましたが、あえて外貨MMFではなく、外債とFXの比較をしています。
確実性という観点から、レバ1倍FXと外債を比較するとどうでしょうか。

長短混同の方が問題では

たしかにスワップ収入は(短期の)内外金利差に他なりませんが、何人かの方が書かれていらっしゃる通り、想定元本額に近い額の円建短期金利商品も同時に確保すれば、結果として、レバレッジを用いない普通の外貨建短期金利商品の出来上がりということになり、FXは外貨建MMFに代替する使い方が十分にできるツールだと思います(ただし、そんな我慢ができるかというのが一番の問題かもしれません)。

どちらかというと、より問題なのは、資産配分における外国債券クラスを、FXなり外貨建MMFなりの短期金利商品を主体にすることではないでしょうか。

外国債券を資産に組み入れる主な効用は、円金利よりも金利が高いという側面ではなく、外国債券のリターンが日本株式などのリターンに対して無相関あるいは(軽度の)逆相関にあることによって得られるリスク削減効果が主なものだと理解しています。

この際、実証に用いられる指標は、たいていがシティグループ世界国債インデックスという長期債の指標なわけで、果たして短期金利で、そうしたリスク削減効果が得られるのかどうか。為替の変動を別にすると、短期金利の上下は景気との連動性が高いと考えられ、直感的には株式との相関が高くなってしまう可能性が高いように思います。

FXのポジションクローズ

>水瀬さん
>上記アルビレオさんへのコメントにも書きましたが、あえて外貨MMFではなく、外債とFXの比較をしています。
>確実性という観点から、レバ1倍FXと外債を比較するとどうでしょうか。

 レバ話はちょっと趣旨から脱線してすみませんでした。

 FXの引き際の話ですが、通常は反対の取引をしてポジションクローズをします。これは外債を満期前に売却するのと同じことだと思います。
 さて、FX業者によっては現引きすることができます。
 例えば、マネー●ートナーズの受渡し(デリバリー)というのをご参照ください。
 1ドル115円の時に1万ドルのポジションを持って、しばらくして1ドル120円になったとします。そのときには、115万円の日本円と引き替えに1万ドル現金が手に入ります。その間のスワップももらえます。この状態って外債の満期が来たのと同じ感じだと思います。
(イートレードの場合はちょっと仕組みが違うので駄目です)
 水瀬さんがポイントとされている元本確保については、ドルベースでは達成できています。

 金利については短期変動金利となり、外債の長期金利とは別物ですね。外債の代わりにはなりません。またほとんどの業者がスワップを円で受け取ることになるのでその時の為替レートの影響を受けます。これは外債の金利を強制的に円で支払う証券会社と同じ状況ではありますね。

 別の方がかかれているように、株が下がったときの避難先として長期債券があり、実際債券価格が上昇することがみられます。MMFやFXではそういった効果は少ないでしょう。

 外債の代わりにMMFやFXで代替になるといいきる書籍については、短期と長期の債券の動きの差よりも為替の動きの方がずっと大きいので、取り扱いのよさから短期のもので代用しましょうという意味合いなのかなと感じました。

>あらきさんへ

>>より問題なのは、資産配分における外国債券クラスを、FXなり外貨建MMFなりの短期金利商品を主体にすることではないでしょうか。

むむむ、なるほど…!!
これはきわめて重要なご指摘だと思います。
短期金利商品だけを長期投資の柱に据えることは、分散投資の観点から、問題がありそうです。

>かとまんさんへ

FXでも受渡し(デリバリー)を使えば、外債の償還と同じ効果が得られるのですね。
なるほど。これは見落としていました。ありがとうございます。

>コメントいただいた皆さまへ

ごもっともなご指摘を数多くいただき、おかげで問題が多層的になってきたように思います。
あらためてアタマを整理しなおす必要がありそうです。
なので、うまく整理がついたら、外国債券クラスの運用商品について、もう一度エントリーを立てたいと思います。
その時まで、少々お時間をください。よろしくお願いします<(_ _)>

ちとわかりにくい書き方でしたが、先の私のコメントは「FXと外債の比較」ではなくそれ以前の認識についてのつっこみです。
具体的には

(1)
>確実性について、(略)償還まで保有すれば、外債>FXだと言えませんでしょうか。
「おおむねそうなる」とはいえますが、そうならないこともあります。
ポンドを引き合いに出したのはうまくなかったので、為替のことは置いといて長短金利差について整理してみます。
自分の体験談になりますが、2年半前に米ドル建ての外債を買い、今年11月に償還を迎えました。
この外債の利率は3%。当時米ドル短期金利(FFレート)も3%。でイールドカーブはフラットだったわけです。
ところがFFレートはその後も上昇を続け、5%を越えるまでになります。
結局無事に3%の利息を受け取り全額満期償還されたわけですが、これを外債ではなくMMFにしていればもっと高い利回りを受け取れていたことは間違いありません。もしかすると半年程度の外貨定期自動継続でも外債よりましだったかも。
つまり数字の上ではプラスになっていますが、2年半の間資金を拘束していたのにいつでも引き出せる短期金利商品より低い利回りというのは実質損をしていることになります。
何が言いたいのかというと、「投資を判断する上でトントンとなるゼロポイントは、最終的に現金化される量そのものではなく、同じ期間の短期金利複利利回りに置くべき。(デフォルトリスクを無視しても)固定金利の利益は確定しているわけではなく、短期金利の変動によって実質上は損になることもある」ということです。
実際、モーニングスターのリターン評価は表面上のリターンから短期金利(無担保コールレート)を差し引いたものを使っています。
参考:ファンドの海さん
http://www.fund-no-umi.com/blog/2005/03/3.html
イールドカーブはいろいろな理由で変動しますが、「通常は短期よりも長期の方が高くなる」とされているのはデフォルトリスクだけによるものではなく「固定金利を保有するリスク」も含んでいるからなのです。
だから「短期金利だと金利変動のリスクがあり、固定金利はそれがない」というのはお金の価値が不変のものという前提がなければ成立しません。
短期金利はインフレ率との連動性が比較的強いので実質価値で見れば短期金利の方がよりリスクが小さいと考えられ、固定金利は「金利が固定されるリスク」によって一般的には長期になるほど高金利になっているわけです。
でも「短期金利は実質ゼロリターン」という定義は、スワップポイントのような通貨間の金利差をどう解釈すればいいのかという問題が出てくるんですけどね。
そのためプロだと「生の為替レート÷(1+通貨間金利差×投資期間)」といった補正レートで計算することもあるようです。(※実際には金利部分は複利計算)

この件は「その2」に書いた方がいいかとも思いましたが、話の流れがわかりにくくなってしまうのでこちらにしておきました。
ただ、「短期金利(≒変動金利)より固定金利の方が利回りが確定する分リスクが小さい」というのは大きな誤解なので、「その2」ではそこに気をつけて話を進めたほうがいいと思います。

(2)「金利差は変化しないままで持っている外貨のレートが半分になったら?」
これはあくまで「外貨の金利を円で受け取るときに起こること」の話で、FXに限らず利息を円で受け取る場合や、円建ての外債ファンドにもそのまま当てはまります。
元本部分だけではなく金利部分も同じように為替レートの影響を直接受けるということ。
「FXとの比較」ではなく「安定収入になるか」という文脈での話ですので。
これって、昔掲示板かどこかで「○千万円保有して低レバレッジでFXのポジションを持てば、為替が変動してもロスカットの危険が低いので安定してスワップポイントを受け取って生活できる」という誤解をしていた人がいたので…
まあ蛇足だったかもしれません。

(3)「FXと比較するのなら、まず短期金利同士の外貨MMFと比べた方がわかりやすくなります」
>ここではMMFとの比較はしていません。
了解しました。

かとまんさん
言いたいことはありますが、「レバレッジの話は無し」とのことなので、また別の機会があれば。(^^)

>アルビレオ師匠へ

>>「投資を判断する上でトントンとなるゼロポイントは、最終的に現金化される量そのものではなく、同じ期間の短期金利複利利回りに置くべき。(デフォルトリスクを無視しても)固定金利の利益は確定しているわけではなく、短期金利の変動によって実質上は損になることもある」

はい。金利動向しだいでは固定金利が損になることは、分かっているつもりであります。
日本国債に投資していれば得られはずであったであろう利益と比べて判断すべきであることも分かっているつもりであります。

でも、だから何を仰りたいのか?がいまいち理解できておりません。
(怒らないでくださいね。純粋に分からないのです)

だから変動金利と固定金利は同じものなのでしょうか?
違いますよね。
だから長期金利よりも短期金利のほうが有利なのか?
違いますよね。
だからリタイア後の安定収入にはFXが向くのか?
違いますよね。

固定金利の中長期債が「リスクが小さい」とは申しておりません。
固定金利の中長期債がリタイア後の安定的収入に「向いている」と申し上げているだけです。
そこも間違っているでしょうか?

すみません、自分で読み返してもあさっての方向に向かってる気がします。反省。

>固定金利の中長期債がリタイア後の安定的収入に「向いている」

これに関しては、「インフレへの耐性がぜんぜんない」というのは明らかではないかと。特に現物単体だと。
インデックスファンドなら残存期間の分散効果で、アクティブ債券ファンドなら意図的にデュレーションを短くすることである程度回避できますが、中長期債券自体の性質は変わらないので売りポジションでも持たない限りはインフレのヘッジは難しいでしょう。

>アルビレオ師匠へ

うーむ。固定金利商品の考え方にはいろいろあるのですね。
どうやら、その2の記事の図も修正しなければならなそうです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)